PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [High Resolution! 2014]Vol.01 誰でも4Kを扱える時代がやってきた!

News

[High Resolution! 2014]Vol.01 誰でも4Kを扱える時代がやってきた!

2014-07-30 掲載

浸透する「4K」という言葉と新しいインフラ

「4K」という言葉は、いつの間にか誰もが口にするものになった。サッカーのワールドカップでも、ピッチのあちらこちらにSONYの4Kの広告が映し出され、あまり映像に詳しくない人でも「4Kというテレビが流行っている」という認識を持ち始めているのではないだろうか。技術者のみならず、消費者を含む世界中の市場が、ポストHDの行先は間違いなく4Kであると確信し始めている。しかし正直な話、テレビはHDで十分と考える人も多いかもしれない。何せ、テレビのデジタル化が完了したのはつい最近のことで、突然4Kが登場しても、その必要性についてはまだよくわからないところが多いだろう。

HR14_01_01.jpg 総務省の4K/8Kのロードマップ
※画像をクリックすると拡大します

とはいいつつも、インフラは4Kまっしぐらだ。総務省のガイドラインは8Kまでを視野に入れたロードマップを2020年の東京オリンピックに合わせて公表している。もちろん8Kなどという映像は未来絵図の一部のようにもとらえられるが、4Kの映像配信はいよいよ現実となってきた。先述のワールドカップでも4K放送が実験的に行われただけでなく、6月にはCSデジタル放送で「Channel4K」の放送が開始、9月にはひかりTVによる4KのVOD放送が始まる予定だ。2014年は4K放送元年として、意味のある一年になりそうである。このことからも、4K放送は徐々に拡大され、おそらくテレビそのものの規格も4Kになっていくと予想される。手元のスマートフォンなどが4K化されるような時代も、そう遠い未来の話ではなさそうだ。

HR14_01_02.jpg 4Kテレビの出荷推計。当然ながら右上がりの上昇だ。一般の家庭には時間とともに4Kテレビが普及するとみられる
(出典)NPD DisplaySearchによる推計(2013/1/29)

4倍の解像度がもつ表現力の可能性

度重なる説明になるかもしれないが、簡単に4Kの規格について触れておきたい。「K」とは1000を意味する言葉で、4Kとは4000という数字を表している。これは画面の解像度が、横に大体4000ピクセルあります、ということだ。実は4Kには、4K放送などに準拠するUltra HD(3840×2160)と、映画などで使用されるDCI4K(4096×2160)の2種類の規格がある。

一般に使用される4KはUltra HD規格で、家電量販店で購入できる4Kテレビなどは全てこの大きさだ。3840×2160という解像度は、若干4000には足らないものの、4Kを代表する規格として扱われるようになった。いわゆるフルHDといわれるパネルのちょうど4倍の解像度(縦横に2倍)をもつUltra HDは、おそらくパネルの生産を効率的に行えることからも、市場のメインストリームとなった経緯があるのかもしれない。少々回りくどい説明になってしまったが、4Kテレビとは、今あるHDのテレビの「4倍」きれいに見られるもの、とザックリ理解しておけば問題ないだろう。

HR14_01_03.jpg HDと2種類の4Kの大きさとの比較。HDとUltra HDはちょうど4倍の大きさの関係にある。HDの技術を流用すればUltra HDのパネルは物理的に生産しやすい

この「4倍」きれいな映像は、一体なぜ必要なのか?と疑問に思う人もいるかもしれない。もちろん、バラエティ番組などには、あまり必要とされない(HDで十分)という意見もある。しかし、一度見ると誰もがその違いを認識するはずだ。今までよく見えなかったようなディテールが見えてくるだけでなく、新しい情報をそこから得ることができるようになるのだ。サッカーの4K放送を見ていても、4Kが捉える選手の動きや表情は圧倒的である。家庭のスクリーンが大型化される中、4Kの需要は右上がりだと、誰もが感じるところだろう。

HR14_01_04_4K02b.jpg4K
※画像をクリックすると拡大します
HR14_01_04_HD02b.jpgHD
※画像をクリックすると拡大します

HR14_01_04_camparison.jpg HDと4Kの解像度の違いの比較。上がHDで下が4K。4Kの表現力が持つ可能性は大きい
※画像をクリックすると拡大します

制作者が抱える問題

しかし我々は、いつもの問題に直面することになる。それがコンテンツ不足だ。もちろん技術的な準備が整ったばかりなので、これから中身の制作が問われるところになるのだが、今は4Kという規格が生んだ、技術者と制作者の「時差」の間に我々は置かれている。つまり、4Kの箱はできあがりつつあるのだが、まだ中身がない状態ということだ。制作側としては、ようやくHDの制作ワークフローに慣れてきた中で、突然4K制作といわれても、編集環境や制作スケジュール、ましてはお金にまつわるところまで、どうやって対応していいか、これは正直未知数なところが多い。

一方で、4Kデジタルシネマの制作は、カメラ自体も大変高価で、収録されるデータも重いため、取り回しも大変だ。ハリウッドでもよく使われるRED EPIC DRAGONは一式700万円程度もするし、撮影もRAWで行うため、ポストプロダクションのワークフローはそれなりに複雑だ。誰でも扱えるような代物とは言えない。

HR14_01_05.jpg デジタル化が進み、映画もファイルベースで行われる時代。カメラの小型化が進むとはいえ、4K機器の価格はもちろんのこと、ワークフローそのもののハードルはまだ高い

4K撮影ということにこだわるとSONYのPMW-F55やCanonのEOS C500も同様で、なかなか“お手軽”に撮影を始められるカメラではない。もちろんデジタルによる撮影は、一昔前のフィルムによる撮影を考えると、時間や費用面でかなりの効率化がすすめられるようになった。画質だけでなく、多くの面で素晴らしい時代になったといえるだろう。ただ、一般的なカメラとして、個人が所有するようなものでは到底ない。

コンテンツ不足を補えるか?Newタイプの4Kカメラ

HR14_01_06.jpg 今年の3月に実質発売になったBlackmagic Production Camera 4K。ハイエンドの画質に迫る機能で、驚きの価格を実現した

しかし技術の力は、いよいよ4Kの敷居を大きくさげることとなる。今年に入って、次々とNewタイプの4Kカメラが発売された。今までは考えられないような機能が搭載された、“お手軽”なカメラだ。そして価格も安く、買えない金額でもない。さらには画質もなかなかとなれば、4Kの世界に興味を持ち始める人も出てくるだろう。今回は今年発売になったばかりの3台のカメラを紹介したい。Blackmagic Designの「Blackmagic Production Camera 4K」と、Panasonicの「GH4」、そしてSONYの「α7S」だ。

HR14_01_07.jpg Panasonic DMC-GH4。待望のPanasonic初の4Kカメラとなった一台。オールインワンのデジタル一眼カメラとして大注目だ

3台の特徴としては、従来の4K撮影に比べて、より簡単に撮影が行えるというポイントがある。SONYのα7Sのみ内部で4K収録が行えなえないが、ワンマンオペレーションが可能なカメラたちだ。

HR14_01_08.jpg SONY α7S。内部で4Kは収録できないものの、超高感度フルサイズセンサーを搭載した一台。HDMIインターフェースから4K出力を持ち、外部収録のスタイルで4Kの映像を手にすることができる

今回の特集では、それぞれの撮影スタイルや編集ワークフローを紹介できればと思う。実際に編集をしてみて感じたことは、HDさながらのフットワークの軽さでワークフローを組むことができ、いよいよ4K制作の裾野も大きく広がった!ということだ。誰もがHDと同様な方法で4Kを収められるようになることで、4Kコンテンツの充実が加速されるのでは?と感じている。早いうちに4K制作を始めることが、もしかしたらマネタイズも含め、多くの可能性をつかむチャンスなのかもしれない。

txt:江夏 由洋 構成:編集部
[High Resolution! 2014] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-07-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[High Resolution! 2014]Vol.06 4K、備えあれば憂いなし

4KであればなおさらAdobeで勝負 ネイティブのワークフローを支えるAdobeのアプリケーション。いかにスピーディーなフローを立てられるかが、大切なポイントだ ここまでは... 続きを読む

[High Resolution! 2014]Vol.05 4K時代に向けてATOMOS社が考える〜ジェロミー・ヤングCEOに訊く

4K映像制作を支える周辺機器メーカーを探る 4K映像制作において必要な機材とプロセスは、カメラや撮影だけではない。視聴者に届けるためには、他にも編集やコンポジット等、多岐に渡る機... 続きを読む

[High Resolution! 2014]Vol.04 SONY α7S〜超高感度センサーが捉える異次元の世界

突然発表・発売になった次世代のミラーレス一眼 SONYから、ちょっと驚きのカメラが発売になった。それがフルサイズセンサー搭載のデジタルミラーレス一眼「α7S」だ。今年の4月に米国... 続きを読む

[High Resolution! 2014]Vol.03 Panasonic LUMIX GH4〜オールインワンの小型4Kカメラ登場

オールインワンの小型4Kカメラ登場 Panasonic初の4Kカメラ、LUMIX GH4。同社のミラーレス一眼カメラの最上位モデル。センサーサイズはマイクロフォーサーズ 小... 続きを読む

[High Resolution! 2014]Vol.02 Blackmagic Production Camera 4K〜コストパフォーマンスに優れた4Kカメラ

破壊価格!コストパフォーマンスに優れた4Kカメラ 4KをProResで収録できるBlackmagic Production Camera 4K 2014年2月に登場したBl... 続きを読む

特集記事

IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。

トップ > 特集 > [High Resolution! 2014]Vol.01 誰でも4Kを扱える時代がやってきた!