PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. ケーブルテレビショー2008 ブースレポート (1/2)
News

ケーブルテレビショー2008 ブースレポート (1/2)

2008-06-19 掲載

SONY

SONYブースは株式会社釣りビジョン協力の下、正面に機器を積んだボートを展示。テープレスのイメージ作りに大きな役割を果たしています。カメラはそのボートを囲むように展示。その周りをテープレスのソリューションが囲んでいます。ブースはテープレスのコンセプトに合わせ、見事なまでにすべての展示機器をテープレスにしています。


XDCAM新商品が多数展示!

小型カメラはPMW-EX3、PMW-EX1、HVR-Z7Jのみの展示。テープレスにこだわったラインアップです。 7月発売予定のXDCAM EXカムコーダー、PMW-EX3には大勢の来場者が興味を示していました。システムカメラとしても使用できるため多くの質問が寄せられていました。 SxSカード32GBは秋発売の予定です。
PMW-EX3にはPROTECH製のVマウントバッテリーアダプターが装着されていました。発売時期・価格などは未定ですが、カメラとDタップへの電源供給も可能となっています。残念ながらハードディスクユニットまでは電源供給できないようです。 XDCAM HD 422カムコーダー、PMW-740も展示されています。PDW-700のプログレッシブCCDではなく要望の多いFIT型CCDを搭載した国内専用モデル。

サーバーライクローコスト送出システムも展示

おなじみのMediaVenueサーバー送出システムの横で、XDCAMのデッキを用いたサーバーライクローコスト送出システムも展示。 ケーブルテレビ局の担当者も気になっている様で、質問が飛び交っていました。

Panasonic

映像制作機器主体のSONYブースとは異なり、ケーブルテレビ向けのセットトップボックスをメインに展示。ケーブルテレビ事業者向けのソリューション提案がメインとなっています。カメラとスイッチャーはブース左奥にコンパクトに展示されています。

Panasonicブースはセットトップボックスをメインにした展示内容 カメラはAG-HPX555とAG-HVX205の2台のみと少し寂しい展示 その横ではリモートカメラが2台展示されています
ケーブルテレビ向けのソリューションとして、VODシステムや携帯連携システムなどSTBと組み合わせた多彩なシステムを提案しています。 新スイッチャーAV-HS400Aが発表されています。リモートカメラAW-HE100の操作機能やMultiView画面にプリセットバスのグリーンタリー表示、入力素材名の表示機能などが追加に待望のアナログコンポジット入力ボード(アップコン内蔵)やSDI出力ボード(ダウンコン内蔵)も発表されています。現状のAV-HS400ユーザーにはバージョンアップで同機能に対応できるとのこと定価がアップするようなので、HS400は今が購入のチャンス?
Ikegami

Ikegamiブースは新発売のGFシリーズを前面に押し出した展示となっています。テープレスカメラHDS-V10はENGカメラよりもスタジオカメラとしてのコンセプトで出展。秋発売予定のコンパクトレコーダーとプレーヤーもモックアップで展示され、GFシリーズによる一連のテープレスソリューションの提案が行われていました。

テープレスカメラHDS-V10はENGカメラとしてではなく、システムカメラとして提案。アダプターを用いることでスタジオカメラとしても使用可能です。 レコーダーGFS-V10の横ではCanopusのラップトップ編集機にGFPackを装着して取り込みのデモが行われていました。
秋発売予定のコンパクトレコーダーとプレーヤーもモックアップで展示されています。
スタジオカメラHDK-79EXはGFCamの裏にひっそりと展示。HDS-V10との画像比較を行っていましたが、ほとんど変わらない印象を受けました。GFCamでスタジオ収録も十分こなせるのでは。 スイッチャーHSS-300には中継車に最適な5入力のコンパクトパネルを提案。従来の2Uラックマウントパネルよりもさらに小型になり現場での活躍が期待されます。
Canopus

Canopusブースでは取り込み・編集・送出をサーバーで行うEdiusWorkgroopServerを提案。ノンリニア編集システム HDWS-3100と共に展示を行っていました。HDVカメラで撮影したハイビジョン映像をネットワーク経由で遠隔地に伝送できるHDCS-3000などの新製品も登場しました。

新サーバーLevel20Rは1台で21TBの容量を実現。HQコーデックのまま変換せずに送出が可能で、収録から送出までの時間短縮が可能になります。 外付けポータブルストレージユニットを参考出品。抜けやすかったeSATAのコネクターを専用のコネクターに変更することで信頼性をアップ。RAID1+0にすることでスピードと冗長性の両立を実現しています。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-06-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

ケーブルテレビショー2008 現地レポート

今年もケーブルテレビ業界の祭典、ケーブルテレビショー2008がやってきた!今回25回目を迎えることとなった歴史ある総合コンベンション、それがケーブルテレビショー。6月19日(木... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (1/6)

3年後に迫った地上アナログ放送の停止再送信システム用HE・増幅器/ギャップフィラー/普及型STB 2011年7月24日、現行の地上アナログテレビジョン放送は電波の送信を停止し... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (2/6)

CATVデータ伝送の高速化は通信事業者との競争のために必須だ 高速インターネット、IP電話、IPTVには高速データ伝送が必要だ。 CATV伝送路はこれらのアクセス回線として有... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (3/6)

セットトップボックス(STB)の動向 高速インターネット、IP電話、IPTVには高速データ伝送が必要だ。 CATV伝送路はこれらのアクセス回線として有効だ。 CATV伝送路... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (4/6)

トリプル(またはカトルプル)プレイサービス CATV事業会社は多チャンネルTVサービスから始まり、高速インターネット、IP電話のサービスへと展開して来た。一方、通信事業者は電... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (5/6)

コミュニティCH-HD化、データ放送 コミュニティCHはCATVにとってとても重要だ。地上デジタルがHD化されていく、コミュニティCHもHD制作システムを導入してきれいな映像... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (6/6)

その他CATVの各種管理システムの展示 富士通ネットワークソリューションの、ケーブルモデムの「収集くん」、加入者管理「かにゅう君V4」、伝送路管理「InfoPut」。 NEC... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 ブースレポート (2/2)

Panasonic 特別内覧会 徒歩で約10分離れた「パナソニックセンター」で6/19~20の2日間、招待客向けの特別内覧会を実施。一般ユーザー向けに展示内容を絞... 続きを読む

特集記事

CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. ケーブルテレビショー2008 ブースレポート (1/2)