PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (2/6)
News

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (2/6)

2008-06-19 掲載

CATVデータ伝送の高速化は通信事業者との競争のために必須だ

高速インターネット、IP電話、IPTVには高速データ伝送が必要だ。 CATV伝送路はこれらのアクセス回線として有効だ。

CATV伝送路を利用した高速データ通信DOCSIS1.0(Data over Cable Service Interface Specifications 1.0)仕様が1997年に制定され、インターネット接続が開始された。

その後 DOCSIS1.1(VoIP、動画IP) 、2002年DOCSIS2.0(下り40Mbps/上り30Mbps)仕様化された。2005年以前から米国ケーブルラボで検討されてきた、下りCHを束にして(ボンデングして)利用するDOCSIS3.0製品の認証中である。これによってADSLを超える通信速度がCATVで利用できるようになった。

東芝ブース
DOCSIS3.0コーナー


(株)シスコシステムズは「uBR10012」CMTSとDOCSIS3.0に準拠した4CHボンデングモデム「DPC 3000」。下り最大160Mbps。

モトローラ

モトローラ(株)はDOCSIS3.0 対応のBSR 64000 CMTS、エッジルータおよびケーブルモデムSURFboard SB6120を展開している。下り最大160Mbps。

DOCSIS 3.0コーナー
DOCSIS 3.0コーナー
DOCSIS 3.0コーナー
SURFboardSB6120J


伊藤忠ケーブルシステム

伊藤忠ケーブルシステム(株)はシスコDPC3000ケーブルモデム、アリスWBM750Cケーブルモデム、アリス Cadant C4 CMTSと、シスコμBR10012 CMTSを展示。下り最大160Mbps。

伊藤忠ケーブルシステム
DOCSIS 3.0ソリューション
uBR10012


そのほかNECマグナス、ブロードネットマックス、富士通ネットワークソリューションズ、フジクラ、シンクレイヤ(アリス社)、住商情報システム、ネットワンなど多くの展示が見られた。

NECマグナス
マグナス
同軸ケーブルLAN


Net One Systems
Net One Systems
アリスWBモデム
IPTVシステム


住商情報システム


フジクラ
フジクラDOCSIS3.0モデム

一方、HFC(Hybrid Fiber Coaxial)にFTTx(Fiber to the x)をオーバーレイする場合には、既設芯線数に余裕があれば独立して構成し、芯線数に余裕がなければCWDM(Coarse Wavelength Division Multiplex)とする。多数のメーカー、ベンダーが出展している。

また光ファイバーによるGE-PONの展示も多く見られた。古河電工、沖電気、フジクラ、ブロードネットマックス、NECマグナス、三菱電機など。

沖電気のGE-PON
三菱電機のGE-PON


さらに、100Mbps以上の通信を行う宅内用高速通信には、CATV同軸ケーブルを共用するC-LINK、電灯線を利用するPLC、メタリック線を利用するVDSLなどがある。

NECは混合/分波フィルタを内蔵して設置工事を簡略化した同軸用200MbpsケーブルLAN(2~32MHzの帯域を使用)とPLCを6月11日から13日に開催されたINTEROP TOKYO 2008にも動態展示していたがケーブルテレビ2008でも展示していた。


[ Category : ]
[ DATE : 2008-06-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

ケーブルテレビショー2008 現地レポート

今年もケーブルテレビ業界の祭典、ケーブルテレビショー2008がやってきた!今回25回目を迎えることとなった歴史ある総合コンベンション、それがケーブルテレビショー。6月19日(木... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (1/6)

3年後に迫った地上アナログ放送の停止再送信システム用HE・増幅器/ギャップフィラー/普及型STB 2011年7月24日、現行の地上アナログテレビジョン放送は電波の送信を停止し... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (3/6)

セットトップボックス(STB)の動向 高速インターネット、IP電話、IPTVには高速データ伝送が必要だ。 CATV伝送路はこれらのアクセス回線として有効だ。 CATV伝送路... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (4/6)

トリプル(またはカトルプル)プレイサービス CATV事業会社は多チャンネルTVサービスから始まり、高速インターネット、IP電話のサービスへと展開して来た。一方、通信事業者は電... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (5/6)

コミュニティCH-HD化、データ放送 コミュニティCHはCATVにとってとても重要だ。地上デジタルがHD化されていく、コミュニティCHもHD制作システムを導入してきれいな映像... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (6/6)

その他CATVの各種管理システムの展示 富士通ネットワークソリューションの、ケーブルモデムの「収集くん」、加入者管理「かにゅう君V4」、伝送路管理「InfoPut」。 NEC... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 ブースレポート (1/2)

SONY SONYブースは株式会社釣りビジョン協力の下、正面に機器を積んだボートを展示。テープレスのイメージ作りに大きな役割を果たしています。カメラはそのボートを... 続きを読む

ケーブルテレビショー2008 ブースレポート (2/2)

Panasonic 特別内覧会 徒歩で約10分離れた「パナソニックセンター」で6/19~20の2日間、招待客向けの特別内覧会を実施。一般ユーザー向けに展示内容を絞... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. ケーブルテレビショー2008 テクニカルレポート (2/6)