PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2008 現地レポート(2/2)
News

CEATEC JAPAN 2008 現地レポート(2/2)

#CEATEC JAPAN

2008-09-30 掲載

TOSHIBA – REGZAの超解像処理をCell B.E.でソフトウェア処理

HD DVD事業から撤退した東芝は、ハイビジョン記録部分についてはHDDとの連携を進めている。

今回のCEATECで参考出展したのはCell Broadband Engineを使用したCell TVだ。液晶テレビREGZAに搭載している超解像処理LSI「meta brain premium」で採用している技術は、フルHD解像度とオリジナルの解像度へのアップ/ダウンコンバートを繰り返して演算しながら、理想的なハイビジョン映像に近づける技術。REGZAではLSIとして搭載しているが、Cell TVではCellの高速演算処理性能を生かしソフトウェアで演算処理する。ハイビジョン48番組のサムネール再生表示、オンエア8番組同時出力に対応し、番組切り替え時のタイムラグもないことが特徴。


KDDI – 大容量コンテンツ転送用の1Gbit/s高速赤外線通信を紹介

KDDIは、大容量コンテンツの取り扱いに関連した取り組みを示した。1つは2009年開始が予定されているWiMAXワイヤレスブロードバンドサービス。サービスを提供するUQコミュニケーションズは、KDDIが筆頭株主となっている。もう1つは1Gbit/s高速赤外線通信技術の技術展示だ。KDDIが、KDDI研究所、ローム、イーグローバレッジと共同で開発し、実用化に向けて検証を進めている。高速応答性に優れる半導体レーザーによる赤外線を使用し、誤りや欠損が生じてもそのフレームだけを再送する制御を行ってスループット低下を抑えた。


SHARP – VHS・HDD・Blu-rayの3メディア搭載のレコーダーを出展

シャープは、VHS・HDD・Blu-rayが一体型のブルーレイディスクレコーダーBD-HDV22を出展した。

HDDとVHSからBlu-ray Discにダビングできるほか、HDDとVHS間は相互にダビングできることが特徴。HDDとBlu-rayだけの製品が多いなか、これまでのVHSコンテンツの移行にも考慮した製品だ。ディスプレイ環境としては、AQUOSにXSモデルを追加。厚みを2.3cmにするとともに、テレビコントラスト100万:1、NTSC比150%の色再現範囲を確保している。


Microsoft – リッチコンテンツ再生のSilverlight環境を紹介

マイクロソフトは、新OSであるWindows Vistaと、携帯・モバイル環境のOSであるWindous Mobile 6のプロモーションに加え、次世代のブラウザ環境であるInternet Explorer 8と、リッチコンテンツ再生環境Silverlightのデモンストレーションを行った。

Silverlightは、Windows MediaのDRM(デジタル著作権管理)を継承しながらも、Windows、Linux、Macのマルチプラットフォームに対応していることが特徴。Silverlightコンテンツ制作環境のExpression Studio 2についても紹介した。Expression Studioは、Windows限定となる。

日立製作所 – 薄型化とワイヤレス伝送で空間レイアウトの自由度向上

日立製作所は、液晶テレビWoooの最新モデルとしてUTシリーズを投入した。「レイアウト自由形」をうたうこのモデルは、35mm薄型化とともに、チューナー部をWooステーションとして独立させた。オプションで、ステーションと液晶パネル間のワイヤレス伝送も可能。伝送は4GHz帯のUWB MB-ODFM方式を使用している。ブースでは、レイアウト自由形として、さまざまなスタンドと組み合わせて展示することで、生活空間の中でテレビがより自由に設置できるようになることをを示した。

村田製作所 – 802.11n無線通信を使用したワイヤレス視聴環境を提案

村田製作所は、802.11n無線通信を使用してワイヤレス視聴環境を構築することを提案した。802.11nの転送レートは300Mbpsあり、実効200Mbpsのスループットが得られており、25Mbps・MPEG-2の2ch同時伝送は十分に可能であることを示した。他社のワイヤレス伝送が部屋内での自由度向上を目的としているが、村田製作所は部屋間の自由度向上を目指していることが特徴。802.11nは、DLNA(Digital Living Network Alliance)規定にも準拠しており、リモコン操作もワイヤレス経由で行うことができる。

コニカミノルタ

コニカミノルタは、コニカミノルタオプトが開発中のレーザー走査式 超小型プロジェクタを参考出品した。レーザー走査式であることから、投影距離に関わらずピントが合うことが特徴。自由曲面ミラーを2枚使用した歪み補正光学系を搭載したことにより、斜め投影時などにおける台形歪み補正を行いながら、解像度1024×768の画像を投影することができる。RGBレーザーによりNTSC比135%の色再現性を実現している。明るさは10ルーメンで、画面サイズの2倍くらいまでの投影サイズを想定して開発を続けている。

CEATEC JAPAN 2008 現地レポート 前のページへ


[ Category : ]
[ DATE : 2008-09-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CEATEC2015]Vol.02 製品を生成するパーツから考察する次世代の製品とは

txt:稲田出 構成:編集部 CEATECはディバイスなど電子パーツの展示会をルーツにしているため、製品以前の出展も多い。現在ではこうした製品を構成するパーツから次世代の製品... 続きを読む

[CEATEC2015]Vol.01 各社の得意分野にフォーカスした展示を展開

txt:稲田出 / Ai YAMAMOTO 構成:編集部 10月7日から10日の4日間、千葉・幕張メッセにおいて日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATE... 続きを読む

[CEATEC2014]Vol.02 未来を感じる新領域の最新技術

新領域の最新技術が幾つも見られる会場 NHKは、毎年CEATECでJEITAと共催で最新の映像技術や今後の動向などを紹介したブースを出展している。今年も4K関連や8K関連、ハイブ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス

CEATECでは製品はもちろん最新のディバイスなども出展されている。これらは発売間際の製品もあれば、開発途上のものもあり、なかには想像もできない製品に組み込まれるディバイスもある。... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから

アジア最大級の通信・情報・映像総合展CEATEC JAPAN 2013が開催された。生活に密着した家電製品を初め、最先端の電子部品・デバイスなどのほか、4K・8Kテレビやスマートフ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.01 会場に溢れる4K製品は、もうすぐそこに!

10月1日より千葉県の幕張メッセで、ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013」が始まった。CEATECの魅力は、ソニーやパナソニックなどが「IFA 201... 続きを読む

[CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群…

CEATEC2010は、「3D」と「スマートフォン」一色 開催日2日目の10月6日は、一般公開日の初日になる。幕張メッセのホール1から6それに加えCEATEC Suiteと銘打ち... 続きを読む

[CEATEC2010]KDDI ここでも人気のスマートフォン「IS03」に注目!

KDDIブースの一番人気はCEATEC前日に発表されたスマートフォン「IS03」だ。ブースの一番手前に展示コーナーが配置されているなど、かなり力を入れてアピールが行われていた。 ... 続きを読む

[CEATEC2010]SD Association 記録の要、10周年を迎えたSDメモリーの世界

発足当初のSDアソシエーションは、パナソニック、サンディスク、東芝の3社だったが、デジカメやビデオカメラ、音楽プレーヤーなど様々な機器に採用されており、現在約1300社の会員企業が... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2008 現地レポート(2/2)