PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [RED flow Now]00: 各社のRED対応が進展
News

[RED flow Now]00: 各社のRED対応が進展

#RED DIGITAL CINEMA #デジタルシネマ #RED flow Now

2009-06-17 掲載

最新のREDワークフローを考える

「4K」「RAW」「低価格」という3つのキーワードを引っさげて、RED Digital Cinemaが2007年後半に投入した4KデジタルシネマカメラRED ONE。QuickTimeと密接な連携を行ったREDCODE RAWではあったが、当初はリファレンスファイルを使用してAppleのFinal Cut Proで2Kオフライン編集をすることをベースにしていた。最終的に4K解像度の映像にするためには、RED Digital Cinema製REDCINEなどを用いてDPX連番ファイルに書き出し、Final Cut Proのオフラインデータを参考に、ハイエンドのノンリニア編集/フィニッシングシステムを使用して仕上げるという方法しかなかった。

redone.jpg

しかし、2008年のNAB Showでは、カメラサポート機器を扱う各社のブースでRED ONEが置かれ、登場から1年も経たずにデジタルシネマ収録の有力な選択肢として定着してしまった。こうなると、編集環境も動かざるを得ない。2008年秋のIBCで、まずQuantelがeQ/iQ/Publoの各システムでREDCODE RAWのR3Dファイルを扱えるようにしたのを皮切りに、各社がR3Dファイル対応へと舵を切った。

2009 NAB Showから2カ月。トムソン・カノープスを除いたノンリニア編集システムベンダー各社は、R3Dファイルへの対応を済ませてきた。これでようやく、ノンリニア編集システムに依存せずにR3Dデータを扱える段階に入ってきたことになる。今後はいかに作品性を上げるか、よりハイクオリティな映像制作を行っていくかという部分に焦点が移っていくだろう。

しかし、ここで新たな壁が立ちはだかることになる。デジタルシネマ収録に、センサーで捉えた生データを扱うという新たな概念を持ち込んできたRED ONE。生データから作品に必要な映像を作り出すという現像処理が必要になる。デジタルスチルカメラを扱ったことのある人であれば、RAWファイルの現像処理にApple ApertureAdobe Photoshop Lightroom市川ラボラトリーSILKYPIX Developer Studioなどを使用して、感度やホワイトバランス、トーンカーブなどを調整して仕上げているかもしれない。R3Dファイルは、まさにこれと同様の作業を行わないと、本来の映像にはならないのだ。

収録からインジェスト、オフライン編集、データコンフォーム、オンライン編集、フィニッシングというファイルベースのビデオ編集作業で、R3Dファイルの内容をどう確認し、どう現像し、どうフィニッシングに結びつけていくのか。必要となる情報はまだまだ少ない。そこで、今回は最新のREDワークフローに考えてみたい。



[ Category : ]
[ DATE : 2009-06-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.12 RED KOMODO 石坂拓郎撮影監督インプレッションインタビュー

txt・構成:編集部 撮影監督石坂拓郎氏がRED KOMODOでアクション作品を撮る 撮影に使用したRED KOMODO ST(ストームトルーパー)。初回限定版の配色だ。現... 続きを読む

[NAB2019]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2019のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:RED Digital Cinema]レンタル限定シネマカメラ「RANGER」やNVIDIAのGPUを使った8Kリアルタイム再生の実現を展示

RED Digital Cinemaブース動画 話題のレンタル限定シネマカメラ「RANGER」を展示 RED Digital Cinemaは昨年同様、展示会場に... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[InterBEE2018]RAIDブース:話題のホログラフィックディスプレイ搭載型スマートフォンHYDROGEN ONEが登場

RAIDブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2016:RED Digital Cinema]カメラ本体だけでなく、様々な用途にあわせたアクセサリー群を展示

RED Digital Cinemaブース動画 RED Digital Cinemaブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°... 続きを読む

[NAB2016]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2016のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2016]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2016の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Livestream、Panasonic、Canon、Sony、RED Digital Cinema、... 続きを読む

[CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示

ビデオサービスブースではRED Digital Cinema社の代理店となったRAIDが一緒に展示を行っていた。ビデオサービスは撮影機材にレンタルを行う会社で、RAIDは販売や輸入... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [RED flow Now]00: 各社のRED対応が進展