米ルイジアナ州ニューオリンズのニューオリンズ・コンベンションセンターで、世界最大のコンピュータグラフィックスの学会・展示会であるSIGGRAPH 2009(主催:ACM)が、2009年8月3〜7日(米国時間、展示会は4〜6日)の5日間にわたって開催されている。2005年8月にハリケーン・カトリーナの直撃による洪水の大被害を被ったニューオリンズは、現在はジャズ発祥の地・ニューオリンズ=音楽のあふれる街として復興し栄えていた。

さて、今年のSIGGRAPH 2009の特徴は、Game Papersと呼ばれるコンシューマゲームの中で使われている最先端の技術や、ゲーム開発のためのテクニックなどの論文発表のセッションが新設されたことだ。ゲーム開発者向けのカンファレンスとしては、3月に開催されているGDC(Game Developers Conference)が広く知られているが、SIGGRAPHにおけるゲーム関連のセッションは、より基礎研究に近く、コンピュータグラフィックスアルゴリズムの応用、インタラクティブテクニックのゲームへの応用が考えられたものだ。

また、ニューオリンズという土地柄を考えたのだろうか。音楽や、音に関するセッションが多いのも今年のSIGGRAPHの特徴だ。それでは、SIGGRAPHの模様を紹介していこう。

36時間連続!! CGマラソン制作イベントFJORG!

「FJORG!」は「フォージ」と発音する。これは、北欧のバイキングの叫び声を表したものだ。SIGGRAPHにおけるFJORG! は、30人のクリエイターが数チームに分かれ、45秒間の映像を36時間ぶっ続けで寝ずに制作するというCGマラソンイベントだ。今年のテーマは、「Great Expectation」。「大きな期待」とでも言ったところだろうか。

今年は、このFJORG!でCG映像を制作するだけでなく、24時間でゲーム開発するという「GameJam」も企画されている。

持ち時間は50秒。リレーで全論文を紹介するPapers Fast Forward

 

SIGGRAPH恒例の人気イベントとなったPapers Fast Forwardセッション。このセッションでは、SIGGRAPHで発表される論文を、1本・約50秒という短時間で全て紹介するという勢いのあるイベントです。変装して発表する人から、掛け合い漫才のようにウケ狙いの人まで、それぞれのやり方で論文を紹介し、後日の論文発表をアピールする場となっている。

SIGGRAPHの数ある論文の中から、特にPRONEWS読者の皆さんに役立ちそうなものを紹介しよう。