米ルイジアナ州ニューオリンズで、8月3日から7日まで5日間にわたって開催されたSIGGRAPH 2009から帰ってきた。ニューオリンズでは、1996年と2000年と過去2回、SIGGRAPHが開催されたが、筆者も訪れるのは今回で3回目だ。ニューオリンズといえば、ハリケーン・カトリーナに襲われた街としても有名であり、今回はどこまで復興しているのかも興味深い点であった。

昼と夜で異なる内容のElectronic Theater

aDSC_0015.jpg

SIGGRAPHの見所の1つにElectronic Theaterがある。今年のElectronic Theaterは、昨年のNokia Theaterで味わったような寂しさはなかった。これは、昨年とは上映方法を変更したからである。

今年のComputer Animation Festivalは、Electronic TheaterをAfternoonとEveningの大きく2つのカテゴリーに分けた。2007年以前も、昼間にマチネーをやっていたが、それとは全く異なる。マチネーは、夜に行う内容と同じ物を昼間に流すだけだったが、今回のAfternoon Theaterは、夜に行われるEvening Theaterとは全く別プログラムとなっていた。

まずはEvening Theaterを説明しておこう。Evening Theaterは、月曜日から木曜日まで4回行われたが、そのプログラム内容は同じ3部構成となっていた。第1部はインスタレーションとリアルタイムグラフィックスのショーだった。第1部の出し物には3つあり、1つ目は花咲ジイサン風インスタレーション。PS3用ソフトによって画面上の荒野に花を咲かせていく。実際に壇上にプレイヤーが登場し、PS3のPADを操作しながらインスタレーションを行っていた。

第1部2つ目の出し物は、GEMEの解説だった。カエルに似たキャラクターが山から金を掘り出して行くGAMEで、この展示は,先週報告したEmerging Technologyの隣で常設展示が行われており、ATI Technologies(AMD)のGPUを使って数十万のキャラクターをリアルタイムで計算していた。LOD(Level of Detail)によって3つのグループに分けられたそれらのキャラクターには、ディスプレースメントマッピングまで施されており、なかなか見ごたえがあった。

第1部3つ目の出し物もGEMEの解説だった。ボクシングゲームであるが、やたらフォトリアルで迫力があった。残念だったのは、マイク・タイソンと戦ったキャラクターが、日本人の我々にはなじみが薄かった事だ。多分、米国では超有名人なのだと思うが、タイソンを倒して米国人達が盛り上がっている様を見ながら、いまいち乗れなかった事が残念だった。

第2部はJuried Reelで、過去のEvening Theaterと同じ方式で選ばれた作品だ。第3部はCurated Reel。つまり他のコンテストなどで選ばれた有名所の作品を集めたものだった。Evening Theaterは、第1部から3部まで、トータルで2時間半のプログラムであった。

これに対してAfternoon Theaterは、月曜日:第1部Nominees, Visual Music 1/第2部Young at Heart, Visual Music 2、水曜日:Real Time in Real Time、木曜日:2 Cool 4 School、金曜日:第1部Digital Schoolhouse/第2部The Underneathと、毎回内容が違う出し物であった。

このElectronic Theaterが含まれているComputer Animation Festivalでは、別種類のイベントも含まれている。月曜日から金曜日に行われたProduction Session、木曜日に行われたSpecial Guest Speaker: Peter Lude、金曜日に行われたSpecial Guest Speaker: Bob Whitehill, Chris Landreth、木曜日に行われた3D Festival Track Kick-Off、木曜日に行われた3D Clip Trailer Screening、金曜日に行われたPixar’s “Tokyo Mater” 3Dといった感じ。

さらに、SpaceTime Animation Screeningや3D立体系の発表などもあり、Computer Animation Festivalだけに参加したとしても、すべての作品を見る事は難しいと思えるほど、充実した内容だった。

 

3D立体系の作品を投影するために設置されていたのは、ソニー製4Kデジタルシネマプロジェクター。ステレオスコピックレンズアダプターが取り付けられ、RealD方式で上映されていた。