Googleブース。Google EarthやWeb上の三次元表示技術O3Dの展示が行われ、リクルーティングなども実施された。

Pixar Animation Studioのブース、新作『Up』(邦題『カールじいさんの空飛ぶ家』)の建物を模したブース。Pixarのこういうブース演出は本当に巧いと感心する。CGレンダリングソフトウェアRenderManの紹介やリクルーティングなどを行っていた。ポスターやグッズの無料配布はSIGGRAPHならではのもので、大人気だ。

コンピュータグラフィックスの学会であるSIGGRAPHではあるが、展示会(機器展示)も重要な催しの1つだ。SIGGRAPHにおける機器展示会場Exhibitionは、各種CGソフトウェアの新製品、新バージョンのリリースの場であり、あまり知られていない小さなソフトウェアメーカーの興味深い製品を見つける場ともなっている。コンパニオンがステージに立って製品概要をざっと紹介するような日本の展示会とは異なり、ブースに製品担当者や製品開発者が常にいて説明してくれるため、細かい技術的な質問をしたり、機能に対する要望なども伝えることができる。参加者にとっては、メーカーとの距離感を縮める機会にもなり、愛着のある製品に育っていくのだ。

今年のExhibitionに名前を連ねたのは162社。昨年ロサンゼルスで開催されたSIGGRAPH 2008では250社を超えていたことを考えると、だいぶ規模は小さくなってしまった。しかし、出展内容は大変充実しており、本気度を見せる企業ばかりが出揃っていたという印象だ。三次元プリンタ製品と、リアルタイムレイトレーシング系製品に勢いが見られたことが、今年の特徴だろう。例年と同様、CG関連の書籍の出版社、専門学校や大学などのプロモーションブース、CGプロダクションの求人ブースなども多く見られた。このほか、ディズニーなど一部の企業で、Exhibition会場ではなく、コンベンションセンター内の別室に特別ブースを設けた企業もあった。

Autodeskが定番CGツールをアップデート

Autodeskブース

Autodeskは、2005年にAlias Systems、2008年にSoftimageを買収し、現在、もともと持っていた3ds Maxに加え、Maya、Softimageと主要な3DCGソフトウェア3本を取り扱っている。今回、MayaとSoftimageに関して新バージョン2010の発表を行った。

今回のAutodeskの発表はかなり大きなもので、(1)Maya 2010、Softimage 2010(以前のXSIという名称は消えてしまった)が登場し、3ds Maxと合わせてすべて2010バージョンになった。(2)Maya CompleteとUnlimitedというエディションの違いがなくなり、Mayaとして統一された。(3)コンポジットソフトウェアToxikの機能が、Maya CompositeとしてMayaにバンドルされる。(4)PhotoshopレイヤーをサポートしたテクスチャペイントソフトMudbox 2010 が登場。(5)ゲーム開発などで重宝される顔アニメーション制作専用のFace Robot機能をSoftimage 2010に組み込んだという内容だ。

ブースでは、単なる製品紹介だけにとどまらず、ワークフローやパイプライン構築に関する実用的な内容のセッションが充実していた。さらに、さまざまなCGプロダクションがCGメイキングの講演を実施。その様子はリアルタイムでインターネット中継されるとともに、現在は映像アーカイブ「Autodesk SIGGRAPH 中継 [ Virtual SIGGRAPH live ]」として公開されている。

SIGGRAPHでの発表を受けてオートデスクは、東京・品川のザ・グランド・ホールで9月30日に、「SIGGRAPH 2009 Replay」というイベントを開催する。

Autodesk以外の3DCGソフトウェアでは、Side Effects SoftwareのHoudini、MAXONのCinema 4D、Luxologyのmodo、PixarのRenderManなども、SIGGRAPHで存在感を示していた。