PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2009 ブースレポートその1
Special

CEATEC JAPAN 2009 ブースレポートその1

2009-10-07 掲載

初めて単眼レンズ3Dカメラをお披露目した「ソニー」

ceatec2009_sony.jpgのサムネール画像

今年のCEATECの映像関連機器でもっともホットな展示は、ソニーの3Dカメラ「ハイフレームレート単眼レンズ3D光学系システム」だ。従来の3Dカメラというと「ハーフミラーシステム」と呼ばれる左右の2台のレンズで撮るのが一般的だった。ソニーの単眼レンズ3D光学系システムは1つのレンズを通った光から、左右の映像を同時に分離する光学系を実現することで3D記録を実現している。レンズは1つだが、レンズ以降はカメラが2つ並んでいるようなイメージと考えると分かりやすいだろう。

これまでのハーフミラーシステムでは、対象に両眼の視線を合わすことが困難だったが、そういった問題も解決している。ブースのデモ映像では、手前に合わせたフォーカスから奥にフォーカスを動かしても映像がずれないことなどを説明していた。

ceatec2009_1.jpg ceatec2009_2.jpg
本体の重量は18kg。従来のハーフミラーシステムは右眼用と左眼用の2つのレンズを持つので非常に大掛かりなシステムになりがちだったが、単眼レンズ3D光学系システムはその外見の通り、通常のカメラに近いスタイルを実現している。また、毎秒240フレーム撮影による高画質映像で、スポーツなどの動きの激しい被写体を撮影する際も動画品質の高い3D映像を実現可能となっている。 再生された3Dの映像を見るためのアクティブシャッター方式メガネ。通常の眼鏡の上からかけることも可能
ceatec2009_3.jpg ceatec2009_4.jpg
3D対応デジタルシネマプロジェクター「SRX-R220」。RealD 3Dシステム(水平解像度2,048本、RGB4:4:4、60p上映)による高品質な3D上映に対応。デジタルシネマ規格で唯一の4K×2K画素プロジェクターで、デジタル上映に必要な機器をオールインワンパッケージで実現している。
ceatec2009_5.jpg ceatec2009_5_2.jpg
参考展示だが2010年には商品化の予定の3D対応液晶テレビ「ブラビア」。右目・左目用の映像を交互に表示するフレームシーケンシャル表示方式を採用。3D対応の映像をメガネなしで見るとみると左右にずれた状態に見える。

50v型プラズマテレビでフルHD3D映像を体験できる「パナソニック」

ceatec2009_pana.jpg

3D映像対応機器の「フルHD・3D対応50v型PDP」と「高精度アクティブシャッター・メガネ」が展示されていた。両製品とも2010年の商品化を目指している。映画「AVATAR」をはじめとするデモ映像でフルHD 3Dの世界を体験できるコーナーには長い行列ができていた。

ceatec2009_6.jpg ceatec2009_7.jpg
「フルHD・3D対応50v型PDP」は、右眼・左眼それぞれに、1,920×1,080画素の情報量をフレームごとに時分割で再生・表示させる「フルHD×2フレームシーケンシャル方式」を採用。この方式とフルHDPDPとの組み合わせにより、高品位なフルHDの3D映像を再現している パナソニックが開発した「高精度アクティブシャッターメガネ」。PDPに表示する右眼・左眼の映像とアクティブシャッターを高精度に制御する技術を搭載している
ceatec2009_8.jpg ceatec2009_9.jpg ceatec2009_10.jpg
「フルHD・3D対応50v型PDP」は、右眼・左眼それぞれに、1,920×1,080画素の情報量をフレームごとに時分割で再生・表示させる「フルHD×2フレームシーケンシャル方式」を採用。この方式とフルHDPDPとの組み合わせにより、高品位なフルHDの3D映像を再現している

通常の2D映像をリアルタイムで3D変換の「東芝」

ceatec2009_11.jpg

東芝のブースでは3D表示が可能な「3D CELL REGZA」を参考出展した。3D表示の体験にはメガネを使う。映像エンジン「CELLプラットフォーム」を用いて、通常の2D画像から生成した3D画像のデモや、距離センサーを使った空間モーション操作と立体GUI表示による提案デモを行った


裸眼で3D表示を体験できる「エイコー」

ここまで紹介した3D対応モニタは専用のメガネを必要としていたが、「INP 3D Lens Adaptor」は裸眼で3D表示を体験できる。このシステムは、パナソニックの50インチモニタ用のレンズアダプタで、モニタにかぶせるような形で使用する。試聴位置は「テレビから4メートル離れたところ」と限定されるが、確かに裸眼のままで立体表示に見える。実は画面には9個のカメラの映像を同時に表示してるのだが、レンズアダプタを通して画面を見ると右目と左目では違う絵が見える仕組みになっている。コンテンツは同製品専用の映像に限られるが、CGベースならばエンドユーザーでもコンテンツの制作が可能とのこと。


[ Category : ]
[ DATE : 2009-10-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CEATEC2015]Vol.02 製品を生成するパーツから考察する次世代の製品とは

txt:稲田出 構成:編集部 CEATECはディバイスなど電子パーツの展示会をルーツにしているため、製品以前の出展も多い。現在ではこうした製品を構成するパーツから次世代の製品... 続きを読む

[CEATEC2015]Vol.01 各社の得意分野にフォーカスした展示を展開

txt:稲田出 / Ai YAMAMOTO 構成:編集部 10月7日から10日の4日間、千葉・幕張メッセにおいて日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATE... 続きを読む

[CEATEC2014]Vol.02 未来を感じる新領域の最新技術

新領域の最新技術が幾つも見られる会場 NHKは、毎年CEATECでJEITAと共催で最新の映像技術や今後の動向などを紹介したブースを出展している。今年も4K関連や8K関連、ハイブ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス

CEATECでは製品はもちろん最新のディバイスなども出展されている。これらは発売間際の製品もあれば、開発途上のものもあり、なかには想像もできない製品に組み込まれるディバイスもある。... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから

アジア最大級の通信・情報・映像総合展CEATEC JAPAN 2013が開催された。生活に密着した家電製品を初め、最先端の電子部品・デバイスなどのほか、4K・8Kテレビやスマートフ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.01 会場に溢れる4K製品は、もうすぐそこに!

10月1日より千葉県の幕張メッセで、ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013」が始まった。CEATECの魅力は、ソニーやパナソニックなどが「IFA 201... 続きを読む

[CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群…

CEATEC2010は、「3D」と「スマートフォン」一色 開催日2日目の10月6日は、一般公開日の初日になる。幕張メッセのホール1から6それに加えCEATEC Suiteと銘打ち... 続きを読む

[CEATEC2010]KDDI ここでも人気のスマートフォン「IS03」に注目!

KDDIブースの一番人気はCEATEC前日に発表されたスマートフォン「IS03」だ。ブースの一番手前に展示コーナーが配置されているなど、かなり力を入れてアピールが行われていた。 ... 続きを読む

[CEATEC2010]SD Association 記録の要、10周年を迎えたSDメモリーの世界

発足当初のSDアソシエーションは、パナソニック、サンディスク、東芝の3社だったが、デジカメやビデオカメラ、音楽プレーヤーなど様々な機器に採用されており、現在約1300社の会員企業が... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2009 ブースレポートその1