PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2009 カテゴリ別レポート
Special

CEATEC JAPAN 2009 カテゴリ別レポート

2009-10-08 掲載

転送技術

非接触で560Mbpsの転送が可能なTransferJet
ceatec2009_c01.jpg ceatec2009_c02.jpg

ソニーは、非接触で高速にデータ転送をするための近接無線転送技術「TransferJet」のデモを行った。この技術はもともとはソニーが開発したもので非接触のコネクタを実現する接続性の技術。昨年米国で開催される家電製品のトレードショー「2008 International CES」で初めて披露し、2008年夏から業界のコンソーシアムがスタート。現在約40社が参加している。

転送速度は最大で560Mbps、実効レートで375Mbpsとかなり高速なのが特徴で、この速度はUSB 2.0(最大480Mbps)や100BASEのイーサーネットよりも高速な仕様となっている。会場では、コンパクトデジタルカメラでその場で撮影した写真をフォトフレームに転送するデモが行われていた。使い勝手は非接触型ICカードとかなり似ているような印象だ。

来年の早い時期に同技術を使った製品が発売され始める見込みで、コンソーシアムにはキヤノンやニコン、オリンパスイメージングといったカメラを販売しているメーカーや、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルといった携帯電話会社が含まれていることから、デジタルカメラや携帯電話などに採用されることが予想される。

100MBのファイルを1秒で転送する「Giga-IR」
ceatec2009_c03.jpg

KDDIは、1Gbit/sの高速赤外線通信「Giga-IR」のデモを行った。この技術は100MBのデータを1秒で転送が可能になる技術。デモではホームサーバにかざすだけで転送がスタートし、数秒もたたないうちに1番組約50MBの2つの番組を転送した。あまりの転送の早さに転送の操作をしたことがわからなかったほどだった。現在のところ商品化は未定だという。


研究開発(情報通信研究機構)

テラヘルツ領域の電磁波に高い感度を持つテラヘルツカメラ
ceatec2009_c04.jpg

NICT(情報通信研究機構)は、電波と光の境界領域に位置する波長帯「テラヘルツ技術」に高い感度を持つカメラを紹介した。カメラはもともとサーモグラフィーのカメラのセンサーに改良を加えたもので、半導体型非冷却テラヘルツ撮影素子とテラヘルツ用カメラレンズを装備している。癌診断など医療関係や食品検査の分野での応用、煙の奥の状態を確認することができるので災害現場での活用に期待されている。


立体映像、感触、音をリアルに再現する「多感覚インタラクションシステム」
ceatec2009_c05.jpg ceatec2009_c06.jpg

同じくNICT(情報通信研究機構)では、立体視用のメガネをかけて、力覚を提示できるペンで仮想の鏡を触れることができる多感覚インタラクションシステムを実演した。ペンで触る位置、強さ、触り方に合わせて、立体映像、感覚、接触音をリアルタイムで合成するシステムで、メガネをかけてハーフミラーを覗くと、実際にはなにもないのにそこに立体のものがあるように見えたり、触れたり、音が聞こえる。

デモでは、なにもないはずの空間に高松塚古墳から出土した「海獣葡萄鏡」が現れる。デジタイザのペンでなぞると、錆び付いてざらざらした感覚までもがそのままデジタイザのペンから伝わってくる。鏡をペンで回転させると、鏡の重さまでもがデジタイザから伝わってくるのには驚く。将来の応用として、インタラクティブな体験や、トレーニングなどの活用に期待されている。

空中映像を操作できるフローティングタッチディスプレイ
ceatec2009_c07.jpg ceatec2009_c08.jpg

こちらもNICT(情報通信研究機構)の技術で、空中映像を操作可能なフローティングタッチディスプレイのデモだ。デモのモニタは、一見するとガラスもなにもないただの四角い枠だが、その中央にタンポポの映像が空中に投影される。SFの世界を実現したようなその状態だけでも驚きだが、指で叩いたり引きずったりすることも可能。

ピアノの鍵盤を投影したデモでは、実際に鍵盤を叩いて音を出すことができた。ディスプレイの奥にはマイクロミラーを多数並べた光学素子が組み込まれており、このミラーが空中映像を映し出すという仕組みだ。手指を汚染させてはならない手術中や、手指が汚れている料理などの作業中に利用することが期待されている。

眼で操作できるイヤホン
ceatec2009_c09.jpg

ドコモは、眼の動きでデバイスを操作する新技術を紹介した。iPodなどの音楽プレーヤーは本体のパネルで再生や早送りなどの操作を行うが、それを眼の動きで行うというものだ。外見は普通のイヤホンだが、イヤホンの周囲に電極を設置することで眼の動きを検出する。左右の両眼を右から左に動かすと再生とポーズ、両眼を右に二回動かすと曲送り、両眼を反時計回りに回転させると音量アップなどの操作が可能。この技術は瞳を閉じていても操作が可能だという。



[ Category : ]
[ DATE : 2009-10-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CEATEC2015]Vol.02 製品を生成するパーツから考察する次世代の製品とは

txt:稲田出 構成:編集部 CEATECはディバイスなど電子パーツの展示会をルーツにしているため、製品以前の出展も多い。現在ではこうした製品を構成するパーツから次世代の製品... 続きを読む

[CEATEC2015]Vol.01 各社の得意分野にフォーカスした展示を展開

txt:稲田出 / Ai YAMAMOTO 構成:編集部 10月7日から10日の4日間、千葉・幕張メッセにおいて日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATE... 続きを読む

[CEATEC2014]Vol.02 未来を感じる新領域の最新技術

新領域の最新技術が幾つも見られる会場 NHKは、毎年CEATECでJEITAと共催で最新の映像技術や今後の動向などを紹介したブースを出展している。今年も4K関連や8K関連、ハイブ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス

CEATECでは製品はもちろん最新のディバイスなども出展されている。これらは発売間際の製品もあれば、開発途上のものもあり、なかには想像もできない製品に組み込まれるディバイスもある。... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから

アジア最大級の通信・情報・映像総合展CEATEC JAPAN 2013が開催された。生活に密着した家電製品を初め、最先端の電子部品・デバイスなどのほか、4K・8Kテレビやスマートフ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.01 会場に溢れる4K製品は、もうすぐそこに!

10月1日より千葉県の幕張メッセで、ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013」が始まった。CEATECの魅力は、ソニーやパナソニックなどが「IFA 201... 続きを読む

[CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群…

CEATEC2010は、「3D」と「スマートフォン」一色 開催日2日目の10月6日は、一般公開日の初日になる。幕張メッセのホール1から6それに加えCEATEC Suiteと銘打ち... 続きを読む

[CEATEC2010]KDDI ここでも人気のスマートフォン「IS03」に注目!

KDDIブースの一番人気はCEATEC前日に発表されたスマートフォン「IS03」だ。ブースの一番手前に展示コーナーが配置されているなど、かなり力を入れてアピールが行われていた。 ... 続きを読む

[CEATEC2010]SD Association 記録の要、10周年を迎えたSDメモリーの世界

発足当初のSDアソシエーションは、パナソニック、サンディスク、東芝の3社だったが、デジカメやビデオカメラ、音楽プレーヤーなど様々な機器に採用されており、現在約1300社の会員企業が... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2009 カテゴリ別レポート