PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [映像新時代2010]00: 新たな10年に踏み出す映像の潮流とは
Special

00: 新たな10年に踏み出す映像の潮流とは

2010-01-20 掲載

昨年末のInter BEE 2009でも確認できたように、2011年の地上デジタル放送完全移行に向けた取り組みは一段落した。制作市場の興味は、完全移行後に本格化する次世代映像の制作環境に急速にシフト始めているようだ。2009年を通して見たときに思い浮かべるキーワードには、「デジタルサイネージ」「4K」「ステレオスコピック3D(S3D)」「デジタル一眼ムービー」といったものがすぐに浮かんでくるだろう。映像制作のなかで、このキーワードの1つ1つは、まだ限られたところでの活用でしかないが、今後の映像表現には欠かすことの出来ない要素として、可能性を十分に秘めている。

こうした新たな表現を牽引しているのは、デジタル制作だ。収録から編集、配信まで一貫したデジタル制作になった、すなわちファイルベース・ワークフローが実現し始めているということに尽きるだろう。例えばS3Dについては、これまで何度もトレンドとなってきたが、今回ほど盛り上がることなく消えていった。それは収録の難しさであったり、制作後の上映時の再生精度であったり、ハードルが高すぎたとも言える。収録から上映まで、トータルに品質を管理出来るようになったことから、ようやく本格普及への道筋が付いてきた。

映像制作にノンリニア編集が採用され、20余年。加えて、平成になってからも20年余が過ぎた。見渡してみれば、カメラはデジタルカメラに、レコードプレーヤーはCDプレーヤーに、ビデオデッキはDVDレコーダーに変わり、ビデオカメラはHDDやメモリーになってしまっている。映像の活用範囲も広がり、Web、モバイル、携帯、デジタルサイネージ、DVD/Blu-rayとさまざまな活用を想定した制作が必要になり、まさにファイルベース制作時代になった。テープtoテープのリニア編集を経験したことのないエディターも増えた。これまではテープ収録をベースにしたワークフローを構築してきたが、ようやくファイルベース優先のワークフローを構築することを模索していかねばならない時期に入ってきたのではないだろうか。

今回の特集では、「デジタルサイネージ」「ステレオスコピック3D」「デジタル一眼ムービー」に加え、ファイルベースへの第一歩「テープレス収録」に焦点をあて、今後そして今年の映像制作の潮流を様々な方面から予想していくことにしよう。各カテゴリーから浮かび上がるヒントが垣間見られるはずだ。




[ Category : ]
[ DATE : 2010-01-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [映像新時代2010]00: 新たな10年に踏み出す映像の潮流とは