小規模店舗でのサイネージ活用も始まる

昨年のデジタルサイネージの動向を振り返ってみると、イオンをはじめとして流通大手での導入が相次いだのが特徴的だった。これらは、売り場に近く、購買に直結するサイネージ利用として、試行錯誤を繰り返しながら2010年も継続して拡大していくことになるだろう。ただ誤解してはいけないことは、流通に限らず、デジタルサイネージ導入主体である企業にとって、デジタルサイネージの導入そのものが目的ではないという当たり前のことを忘れがちだと言うことだ。売り上げ増であったり、顧客とのコミュニケーションであったり、本来の導入目的が必ずあるはずなのである。

また、昨年のもう1つの傾向として、大手ではない一般のお店、パパママショップと呼ばれるような小規模もしくは単独の店舗での導入が、地味ではあるが、密かに進行していた。このデジタルサイネージの特徴は、決して大規模システムに頼ったものではなく、ネットブックでパワーポイント文書を表示したり、デジタルフォトフレームの機能を利用したりといった、お手軽なものだ。しかし小規模店舗では必要十分な機能を、店主自らが発見し、活用しているということに意味がある。こうした例は、オーナー自らがある程度の知識と、コンテンツ制作力があるケースに限定されてはいる。今後は、こういった取り組みをビジネス化していこうという動きが顕著になってくるに違いない。

では2010年のデジタルサイネージの傾向を順不同で大胆に予測していくことにしよう。

流通での利用はこのまま継続拡大

昨年来の流れを受けて、流通でのデジタルサイネージ活用は今後も順調に進むはずだ。流通分野での導入のポイントは、導入時の目標設定をきちんと設定することだ。あれもしたい、これもしたいと手を伸ばし過ぎないこと。まずはシンプルな目標設定をすることが第一歩だ。売り上げ増なのか、情報提供なのかなど設定がハッキリしていればその効果や実績も自ずと明確になり、いたずらに効果測定議論をする必要がなくなるはずだ。

コンテンツに関しても同様だ。どうしても、あれも入れたい、これも入れたいということになりがちだが、メディア作りに通じたプロの声に耳を傾け、情報過多にならないようにする必要がある。

デジタルフォトフレームの利用が具体化

上で述べたように、フォトフレームを活用しているお店がすごく増えてきている。問題は、ハードウェアは誰でもごくごく安価に手に入れることが出来るのだが、そこに表示するコンテンツは誰でもが簡単に作れるわけではないという点だ。フォトフレーム利用が一気に拡大するためには、無線LANなどでネットワークに繋がる機器の普及と、PCまたは携帯電話からテンプレートを選択して、動画、写真、テキストをアップロードするだけで、ブログを更新する要領でコンテンツが更新できるような仕組みを構築することが鍵となるだろう。

今年以降、東急ハンズあたりにデジタルサイネージコーナーが出来れば、ブレイクは本物だ。

Sony_CES_dash.jpg

2010 International CESで、ソニーはWiFi搭載のパーソナルインターネットビューワー「dash」を発表した。