PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [ファイルベース収録カメラ最新案内]Vol.01 レンズとセンサーサイズを考える!
Special

Vol.01 レンズとセンサーサイズを考える!

2010-02-17 掲載

レンズとセンサーサイズを考える!

ビデオカメラの光学系は業務用の3板式ポータブルカメラの場合は1/3、1/2、2/3型の3種類となっている。2/3型は、SDの撮像管時代から使われてきたサイズということもあり、キヤノン12本、フジノン13本と豊富に用意されている。

1/2型も撮像管の時代からあったサイズで、2/3型ほどではないがキヤノン5本、フジノン3本とそれなりに充実している。1/3型は撮像素子の時代になってからのサイズであり、カメラの機種も少ないことから、キヤノン2本、フジノン1本となっており、選択の幅は非常に少ない。

レンズのラインナップは、対応するカメラが各社からどのくらいの数が発売になり、実際に運用されているかといったことだけでなく、そのカメラがどのような使われ方をしているかを端的に表していると思う。 したがって、2/3型のレンズは、ショートズームから望遠系の高倍率ズーム、シネレンズや短焦点レンズ、防振レンズなど実に様々な性格をもつレンズが用意されており、それだけあらゆる撮影に対応できるようになっているといえよう。

一方1/2型は、ハンディカメラとしての利用が多いせいか、交換レンズとしてショートズームのラインナップが比較的多く、20倍を超える望遠ズームレンズはキヤノンのKT20×5B KRSとKH20×6.4 KRSのみとなっている。1/3型は、キヤノンKT14×4.4B KRS、フジノンHTs18×4.2BRM/BERMそれぞれ1本とキヤノンが20倍のKT20×5B KRSがあるが、キヤノンのKT14×4.4B KRSはビクターのGY-HM700の標準レンズと同じだ。

ちなみに、業務用として販売されているカメラには、GY-HM700のように標準レンズとして付属していることが多いが、放送用のカメラの場合、レンズは別途購入するようになっている。

lenselenmse.jpg

2/3型レンズラインナップ(左)1/2型、1/3型レンズラインナップ(右)

マウントアダプター、コンバーターレンズ

ACM-21.jpg ▴ソニーEXマウント2/3型レンズ用変換アダプター

大は小を兼ねるというが、レンズも同様でマウントアダプターを使用することで、1/2型のカメラの場合は2/3型のレンズが1/3型のカメラの場合は2/3型のレンズまたは1/2型のレンズを装着して利用することができる。

マウントアダプターは単にマウントの形状を変換するだけでなく、光学ガラスが組み込まれているが、これは1/3、1/2、2/3型ではそれぞれプリズムの体積が異なるためにそれを補正するためのものである。

したがって、こうした補正用の光学ガラスのないマウントアダプターでは、レンズ本来の性能を発揮することができないので注意が必要だ。マウントアダプターは、通常レンズメーカーかカメラメーカーがオプションとして用意しているので、こうした製品を使用するようにしたい。

1/3や1/2型のカメラ用交換レンズは種類が少ないが、こうしたマウントアダプターを利用することで、望遠系のラインアップはある程度カバーすることができる。ただし、光学性能や使い勝手は専用に作られたものの方がよい場合が多い。レンズ交換することのできない小型ビデオカメラやレンズ交換することができても、交換レンズが高価であったり、取材先で手軽に画角を変えたい場合には、レンズ先端に装着することで簡単に画角を変えることができるワイドコンバーターやテレコンバーターが便利だ。

zunow.jpg ▴zunowスーパーワイドアタッチメントレンズFHV-055、FEX-055

また、フィッシュアイアタッチメントなど、交換レンズでは得られない画角を実現することもできる。テレコンバーターはレンズにエクステンダーを装備した機種が結構あるので、小型ビデオカメラ用以外はあまり使われることがないせいもあり種類は少ない。ワイドコンバーターはおおむね0.8倍から0.6倍の製品が多く、キヤノンやフジノンといったレンズメーカー以外のサードパーティー製の製品もあり、選択の幅は広い。

ビデオの業界では、ワイドコンバーターとワイドアタッチは区別されているが、写真関係の周辺機器メーカーの中には、ズーム全域で使用できないワイドアタッチをワイドコンバーターとして販売しているところがあるので、小型カメラ用のワイドコンバーターを購入する際には確認した方が良いだろう。

◀ ファイルベース収録カメラ最新案内 Vol.00 | ファイルベース収録カメラ最新案内 Vol.02 ▶

[ Category : ]
[ DATE : 2010-02-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [ファイルベース収録カメラ最新案内]Vol.01 レンズとセンサーサイズを考える!