PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Transcode]01: ワークフローの作業効率を改善する「トランスコーダ」
Special

01: ワークフローの作業効率を改善する「トランスコーダ」

2010-03-03 掲載

1 2

複数台のサーバ環境を使用し処理パフォーマンスを向上

2004年8月にカノープスから独立する形で事業を立ち上げたRHOZETは、メディアトランスコーディング、分散処理に特化して開発を行ってきた。Rhozetトランスコーダは、Windows環境での1台による最小構成から、複数台によるサーバ構成まで実現できる。

Rhozet_Screen.jpg

Rhozetトランスコーダのトランスコード設定画面

「今後、トランスコードすべきファイルが増加してくると、トランスコーダを行うサーバの数を増やして処理能力を向上させることになると思います。こうなると、トランスコード技術だけでなくサーバ管理技術も必要になってきます。トランスコーダを使用するためには、編集システムから映像ファイルという大容量ファイルを転送する必要が生じますから、ネットワーク帯域幅やディスク容量・帯域幅など、システム間の連携性や拡張性を考慮してワークフローを構築する必要があります」

こう話すのは、技術統轄本部デジタル・アセット・マネージメント事業本部システムインテグレーション部の栁下玲緒奈マネージャーだ。栁下氏は分散処理について、トランスコード処理は必ずしも最良のパフォーマンスが得られるとは限らない事実があると話す。

「一般的に、トランスコーダのコーデック処理は、CPUやメモリ空間を中心に処理を行います。しかし、コーデックによっては、マルチコア対応を謳っていても、マルチコアのスレッド処理が十分に使用できず、効率的でない場合もあるのです。例えば、ある単体ファイルだけをトランスコードする場合に、4コアも8コアもあまり大きな差は出ない場合があります。そのような場合、複数ファイルを連続してトランスコードするにはジョブ配分をうまく考慮する必要があります。分散処理を考慮している映像コーデックであるかどうか、さらに複数ファイルになれば、ストレージからトランスコードするのかネットワーク越しにトランスコードするのかなども、新たな検討事項となります」(栁下氏)

大容量ファイルをどう扱うかという部分では、CPUだけが速ければいいとか、ソフトウェアが優れていればカバーできるという単純なものではなく、いかにリソースを十分に活用し、かつ安定に運用するかを考慮しなければならないのだと言う。日本SGIが、さまざまな分野のワークフローに合わせたトランスコード・ソリューションを提供できるのは、映像制作分野や研究シミュレーション分野において、メモリやストレージからどうジョブを分散し、どのアーキテクチャを使用すれば、さらに効率化できるのかという技術や経験を積み上げてきたことが大きいようだ。

次世代環境ではクオリティチェック機能を追加

NxtGen_Transcode_CH.jpg

Rhozetトランスコーダの現行バージョンでは、Harmonicのエンコーダにハードウェア技術として搭載されているプリプロセッシング機能をソフトウェアベースで組み込んだ。このプリプロセッシング機能により、トランスコードの前段階でブロッキングノイズの除去(デブロッキング)を行い、よりクオリティの高い映像からトランスコードを行うことで、出力した映像の品質を上げることが可能になった。映像品質面ではH.264の品質向上やパフォーマンスの向上に注力しているが、こうしたRhozetトランスコーダ自体の機能強化に加え、トランスコードと同時処理をすることが可能な機能追加にも力を入れている。

「新たなプラグイン機能により、Rhozetの機能を他のシステムと連携する事が可能になっています。こうした連携を実現するために、プラグイン開発環境RPI(Rhozet Plugin Interface)が提供され、トランスコードと同時に、フィンガープリンティング、ウォーターマークなどのサードパーティ機能をプラグインとして追加開発できる可能性が広がりました。例えば、最近の例ではYouTubeのフィンガープリンティング機能との連携が挙げられます」(栁下氏)

トランスコーダとの連携機能面では、昨年9月のIBC 2009(欧州放送機器展、アムステルダム)で、次世代Carbon Server 4.0とクオリティチェックを実現するCarbon QC 1.0の投入を発表。いずれも2010年 中頃に販売を開始する予定だ。Carbon QCは、トランスコード処理の前段階にトランスコード素材のクオリティチェックを行うアプリケーションとして追加し、Carbon Server 4.0と組み合わせて利用が可能になる。

「クオリティチェックは、ファイルベース・ワークフローが成熟するにつれてますます重要になってきています。これまでは、映像に含まれたノイズが、本当にトランスコードで生じたノイズなのか、それともテープからのエンコード時に発生したものかどうかは、詳細な調査をしなければ分かりませんでした。素材映像に存在しているノイズであれば、どんなに高品質なトランスコードをしたとしても残ってしまいます。RHOZETは、トランスコード段階での品質管理というよりは、ファイルベース・ワークフローで必要なクオリティチェックという視点で検討し、開発しています」(栁下氏)

今後はサードパーティ製品とも連携しながら、トランスコードに付随する機能面の強化を図っていく。さまざまな映像素材ファイルを扱うなかで、ファイル転送やトランスコード、クオリティチェック、暗号化、ジョブ/エラー通知などのタスクベースで情報をやり取りしながら、サーバで一元管理できるような機能拡張もしていくという。

────

Rhozetトランスコーダは、さまざまな追加機能を搭載していくことで、メディア変換効率の改善というトランスコーダの基本的な役割から、最終映像出力に欠かせない映像出力/検証システムとして大きく変貌しようとしてきている。ファイルベース・ワークフローが成熟してきている現在、トランスコーダの役割はますます拡大していきそうだ。次回は、トランスコーダ利用の現場を取材して報告する。


今回紹介したマルチフォーマット・コーデック変換ソリューション「Rhozet(ロゼット)トランスコーダ」の詳細、仕様はこちら。


http://www.sgi.co.jp/products/rhozet/index.html
1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2010-03-03 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Transcode]01: ワークフローの作業効率を改善する「トランスコーダ」