前回はトランスコーダ製品のなかからRhozetトランスコーダの機能について紹介した。今回は、実際にトランスコーダ製品を利用している現場として、デジコン株式会社(東京都台東区)の取り組みを取材してみた。

DigiCon_Yamamoto.JPG

デジコン 山本善宣ディレクター

デジコンは、動画配信、メディアエンコード、Webサイト構築の3つのサービスを核に、ライブストリーミング/オンデマンド配信を利用したコンテンツの企画から撮影、配信までをワンストップで行う制作会社だ。デジコンでエンコード/トランスコードを担当しているのがデジタルメディア事業部だ。デジタルメディア事業部は、各コンテンツ事業者の持つ映像素材をエンコード/トランスコードする専門部署だ。同事業部の山本善宣ディレクターは、これまでのエンコード事業に次のように話した。

「当社は、ブロードバンド・インターネットが普及する以前の1995年から事業に取り組んできました。最初はストリーミング中継を中心に行っていましたが、2000年以降、VOD(ビデオ・オンデマンド)配信も手掛けるようになりました。2003年頃からはSTB(セットトップボックス)向けのエンコード作業をするようになっていきました。東京放送ホールディングス、フジ・メディア・ホールディングス、テレビ朝日の3社がテレビ番組のインターネット配信事業をするために共同出資して設立したトレソーラ(2009年10月に会社清算)でテレビ朝日の番組のエンコードを担当したり、最近ではブロードバンド回線を使用してデジタルハイビジョンテレビにコンテンツ配信を行うアクトビラのエンコード指定業者としても認可を受けています」

DigiCon_Rhozet.JPG

デジコンではRhozetトランスコード技術を用いたNTTアドバンステクノロジ製のトランスコーダを使用している。Rhozetトランスコーダに、NTT研究所製ARIB対応H.264エンコードエンジンがデフォルトで追加されている。

デジコンでは、コンテンツ事業者の要望に応じて各種ファイルへのトランスコードを行っているが、現在はアクトビラ向け、Web配信用成人向けコンテンツ、インターネットカラオケ、デジタルサイネージ向けなどが多いという。事業者によっては、指定エンコーダがあったり、エンコードパラメータが指定されたりすることもあるため、デジコンでは、Harmonic製DiviComエンコーダ、Optibase製MovieMakerエンコーダ、朋栄IBE製HVP-100トランスコーダなど、各種エンコーダ/トランスコーダ製品を揃え使い分けており、最近Rhozetのトランスコーダ技術を導入した。

「今回は、RhozetトランスコーダにNTT研究所が開発したARIB対応H.264エンコードエンジンを組み合わせたパッケージとして、アクトビラ向けのトランスコードと動画検証を行うために導入しました。各種コーデックに幅広く対応でき、出力品質も高く、安定動作するトランスコーダであることが決め手となりました。RhozetトランスコーダでアップルのQuickTime ProResコーデックやトムソン・カノープスのCanopus HQコーデックを読み込んで、NTT研究所のH.264エンコードエンジンを利用できますから、汎用性が高いですね」

特に最近急激に増えてきた映像素材は、ProResやCanopus HQといった制作用コーデックのものだという。Windowsベースのトランスコード製品ではQuickTimeに対応した製品が少ないということもあって、Rhozetトランスコーダの幅広い対応コーデックは重宝しているようだ。