昨年末公開された映画『アバター』の大ヒット以来、ステレオスコピック3D(S3D)コンテンツや3D対応モニターなどへの関心が高まっている。家庭用の3D対応ハイビジョンテレビの発売もあり、S3Dコンテンツの製作も急加速してきている。


筆者が代表取締役を務めるナベックス(千葉県千葉市)は、2009年春から廉価で撮影編集できるS3Dコンテンツ制作環境を整えていた。実は、『アバター』公開の1カ月前となる昨年11月には、アナグリフとサイド バイ サイドを収録したグラビアアイドルビデオをリリースしていた。この作品は2009年9月に撮影したものであり、業務用のまめカム2台をパラレルに固定、EDIUSで編集した後に立体合成を行ったものだ。当時、一般が使えるS3D用の専用ビデオカメラは存在せず、自作のリグ(台座)を用いることにした。最近になり、パナソニックからS3D用の2眼式ステレオカメラレコーダーが登場することとなり、誰でもS3Dが撮れるようになりつつある。しかし、実のところ、S3D撮影技術については100年前から存在し、技術的にもノウハウ的にも、もはや成熟期にある。ほとんどのテーマパークや博覧会でも既にS3D映像が駆使されているわけで、S3D自体は最新技術も特殊なノウハウも必要としないのである。カメラ2台あれば、誰でもS3D制作ができる。

現場に求められる5分で設置、5分で撮影できるシステム

S3D_Nabex_01.jpg

使用している撮影システムを簡単に紹介すると、自作の軽量3Dリグにソニーのハイビジョンカメラのまめカムを2台搭載した簡素なものである。現在の3Dリグには最大20kgまで搭載可能なので、必要に応じてもっと高画質なカメラを使うこともできる。また、レンズ幅は5~30cmまで自由に変えられ、レンズの角度もプラスマイナス90度と自由度が高いのが特徴だ。

私としては、S3D撮影で最も重要になるのは、これまでの撮影機材と同等の機動性だと考えている。現場での調整時間がかかり過ぎるS3D撮影システムを数多く見て来たが、そのことが作品の面白さを阻害し、どの作品も同じように見えてしまう弊害をもたらしていると結論づけている(つまり、撮影位置やカメラワークが限られる)。画質を追うばかりで、表現という最も重要なものを切り捨てているわけだ。

S3D_Nabex_02.JPG

そこで、当社は設置に5分、調整も5分以内に完了するようなシステム開発を行って来た。また、手持ち撮影に対応できることも必須で、持ちやすく、軽く、それでいて強固なものが必要だ。現在では第5世代に到達し、重量にして3kg程度。業務用カメラと同等の重さに抑えている。このサイズでレンズ幅、レンズ角度だけでなく、光軸ズレを補正するための3つの3次元調整軸を持っている。

現在のDVD業界では、このスペックでなければ撮れない映像がほとんどなのではないだろうか? 多くのS3D撮影システムが設置に2時間、調整に30分、カメラをちょっと移動するたびに調整が30分というバカバカしいスペックだ。ここはハリウッドではない。こんなに時間をかけていたら、まともな作品など作れない。

設置5分・調整5分というのは、普通の業務用カメラと同じということだ。さらに当社ではリアルタイムに立体視で確認し続けられるモニターをVE席に用意している。本来はカメラマンに立体視させた方がいいのだが、実際にそういうシステムを組んでも、あまり有効な撮影にはならなかった。カメラマンは、自分がやるべき仕事(フォーカス、画角、光などの調整)で忙しく、立体表現を考える余地が少ないからだ。それならば立体専門のVEが付いて、演出家と相談しながらシーンを決める方がいい。