PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SIGGRAPH2010]Vol.06 今年で20周年を迎える3ds Max関係者に独占インタビュー
Special

[SIGGRAPH2010]Vol.06 今年で20周年を迎える3ds Max関係者に独占インタビュー

2010-08-04 掲載

1 2
text :PRONEWS特別取材班

今年で20周年を迎えた3ds Max。PC初の3Dアプリケーションとして産声をあげ、今日に至るまでの功績を、オートデスク メディア&エンターテインメント部門ディレクターであるケン・ピメンテル氏、シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャーであるシェイン・グリフィス氏に伺った。

3ds Maxの歴史を振り返る

Max_Interview.jpg

左から、シェイン・グリフィス氏、ケン・ピメンテル氏

-3ds Max 20周年おめでとうございます。これまでの歴史をお聞かせください。

丁度20年前、1990年のシーグラフ、Maxは当初「3D Studio DOS」という商品名で、北米で初めてのPC上で動作する3Dアニメーション・パッケージとしてリリースされました。これは、ゲリー・ヨスト率いる6人の開発チームから成る、オートデスクとは別の独立した会社ヨスト・グループによって開発され、オートデスクがこれをパブリッシュする形でリリースされました。

1990年10月末、ハロウィンの時期に合わせて、記念すべき3d studio DOS Version1.0がリリースされました。これは、アニメーション、モデリング等の5つのモジュールから成っていました。この当時、シリコングラフィックスのワークステーション上で動作するCGアプリケーションは沢山ありましたが、MS-DOSの環境で動くPCアプリケーションは3D Studioだけでした。16ビットパソコンとMS-DOSの環境では、利用できるメモリー範囲が640Kバイトしかなかった制約等から、PC上での3Dアニメーション・ツールの開発は、まだ難しかった時代でした。

その後5年間、幾度かのバージョンアップを経て「ジャガー」と呼ばれる社内開発コードネームの下に進められた32bit対応のウィンドウズがリリースされた時に「3D Studio MAX」という商品名になったのです。これは1995年のシーグラフで発表され、翌年4月から出荷されました。

-「Max」のネーミングには、何か由来があるのでしょうか?

意外と知られていない事なのですが、今日は特別にお話しましょう。Maxという名前は、我々のマーケティング部門の、女性社員の息子の名前から由来しているのです。丁度新しい商品名を検討していた時期、女性社員が「うちの息子のMaxが」と電話口で話しているのをたまたま聞いたゲリー・ヨストが、「Maxか。すごく良い名前だね」と。その結果、商品名がMaxになったというエピソードが残されているのです(笑)

-この頃から、Maxは数多くのユーザーに支持されていく訳ですが…

それとほぼ同時期に、もう1つ重要な出来事がありました。「チーター」と呼ばれる社内開発コードネームの下で、キャラクター・アニメーション・システムの強化が行われました。これはアンリアル・ピクチャーズと呼ばれる小規模チームによって開発され、シーグラフで発表しました。この時オートデスクのブースでは、ウィンドウズ環境上で動くアニメーション・ツールとしては非常に高速な表示を実現したMaxをお披露目し、多くのユーザーを驚かせました。なにしろ、まだDirectXやOpenGLが登場する前の時代です。そこでオートデスクではハイジ(Heidi Development Kit )と呼ばれる独自のウィンドウズ環境でのグラフィックス開発キットを供給しました。

しかも、Undo機能を他の3Dアプリケーションに先駆け、いち早く採用したのもこの時期でした。また、多くの人が大変驚いた事の1つに、Maxが大変低価格だった事があります。覚えておられるかもしれませんが、当時の3Dアプリケーションの価格帯は7,000~30,000ドルが相場でした。20年前のその時代に、販売価格がたったの3,495ドルだったのです。そして現在でも同じ価格をキープしています。高価なSGIやSUNのワークステーションには手の届かない、多くのPCユーザーがMaxを導入し、こうしてユーザーが飛躍的に伸びました。そして、その数年後にはネットワーク・レンダリングを実現し、誰もが社内にある沢山のPCでレンダリング出来るように仕様を変更しました。

autodeskbooth.jpg

シーグラフでのAutodeskブース

2000年、ご存知のようにオートデスクはディスクリートを買収しました。この時にリリースされたバージョン5は、初めてオートデスクの開発チームの手によってリリースされた、記念すべきバージョンでした。この時、商品名を3ds Maxに変更しました。この段階で、それまで長年開発に携わって来たヨスト・グループは、Maxの開発からは離れる事になりました。

その後、バージョンアップを重ねる毎に機能強化を行ってきました。バージョン8ではヘアー、ファー、ダイナミクス、クローズに加え、当時世界で最もポピュラーな人体リギング・システム「キャラクター・スタジオ」をリリースしました。「キャラクター・スタジオ」は多くのゲーム・タイトルで使用されました。さらに、バージョン9では64ビット対応を行いました。Maxはこのような歴史を経て、世界的に有名なCGアプリケーション・パッケージへと成長を遂げました。3ds Max 2011のリリースでは、1年間のダウンロード件数は30万件に達しました。

現在、全世界に推定約50万のMaxユーザーが、プロ&学生の垣根を越えて存在しています。さまざまな国のユーザーに対応する為、現在6ケ国語(日本語、韓国語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語)のユーザー・インターフェイスをご用意しています。しかし、お蔭さまを持ちまして、Maxは日本市場において圧倒的な支持を頂く事が出来ました。日本では、多くの映画、CM、ゲームがMaxによって制作されているはご存知のとおりです。20年程前は、映画でVFXが使用される事はごく稀でしたが、現在ではVFXを使用していない映画を見つける事が難しい程になりました。コンピューターのテクノロジーと、デジタル・ツールの発展は日進月歩で成長を遂げましたが、Maxも同じように発展を遂げてきました。

1 2

[ Category : , ]
[ DATE : 2010-08-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SIGGRAPH2010]Vol.06 今年で20周年を迎える3ds Max関係者に独占インタビュー