PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [DSMC/DSLR 2010 #2]Vol.06 DSLRムービーの新たな可能性とは?約1億2,000万画素APS-H CMOSセンサーの登場
News

[DSMC/DSLR 2010 #2]Vol.06 DSLRムービーの新たな可能性とは?約1億2,000万画素APS-H CMOSセンサーの登場

2010-08-29 掲載

キヤノン 約1億2,000万画素APS-H CMOSセンサー開発と各社DSLR新製品投入

ここに来てDSLR(デジタル一眼レフ)関連の新商品情報が目白押しだ。ミドルレンジを中心にDSLR市場が活性化していることも後押ししているが、各社動画撮影機能部分にも大きく注目した新製品を出してきている。

まず、このムーブメントの本家本元であるキヤノンは、フルハイビジョン動画撮影機能を搭載したミドルレンジクラスの新機種 EOS 60Dを発表。5D markⅡより一回り小さな筐体に、3.0型のバリアングル液晶モニターを搭載。これと同時に7Dなどで活性化されたDSLR市場で交換レンズも堅調な売れ行き増を示していることから、フルサイズで全周囲魚眼を実現した世界初のフィッシュアイLレンズ『EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM』を始めとする、新たな交換レンズ群6機種も今年11月以降に順次発売を予定している。

しかしそれ以上にDSLRムービーファンにとって大きな発表と言えるのは、なんと約1億2000万画素(13,280×9,184画素)という脅威の画素数を誇る、世界最高の新型APS-H CMOSセンサーの開発に成功したことが8月24日に発表されたことだろう。

これはこれまでの同社製品搭載CMOSで最高画素数であった5D markⅡのフルサイズ/2,110万画素の約7.5倍で、解像度も約2.4倍に向上しているという。35mmフルサイズでなく、29.2mm×20.2mmというAPS-Hサイズ(現行のEOS-1D markⅣに搭載されているもの(27.9×18..6)より少し大きい)ながら、驚くべき機能を有している。

重要な読み出し機能部分では、通常CMOSセンサーでは、多数の画素を高速に読み出すために並列処理が行われるが、処理する信号数が増加すると信号遅延やタイミングのわずかなズレが問題となる。この新開発CMOSセンサーでキヤノンは、読み出し回路のタイミング制御方法を工夫、最高で秒間約9.5コマのスピードでセンサー信号を出力することに成功した。 これにより超高精細画像の連続撮影が実現する。

さらに驚きなのは、フルHD(1,920×1,080画素)の動画を、CMOS内の1/60の任意の領域で出力する事ができるという。つまり画面の一部のトリミングや電子ズーム、そして任意の領域でのフルHD動画の切り出しが出来るという事だ。

このセンサーを使えばさらにDSLRでの様々な可能性が見えてくる。更なる高画質化への布石としても注目すべき開発報告だ。ただし、CMOSセンサーが開発されていても、製品がすぐに出てくるというわけではない。これは単にキヤノンの底力を知るというでは意味では重要だが、事実キヤノンは2007年にすでに約5,000万画素のCMOSセンサー開発も発表しており、これらが製品にシフトされるのはまだかなり先なのかもしれないので、ぬか喜びはしないように心に留めておきたい。

各社さらに開発に力が入る様相

さて他社に目を向けてみると、各社中軸の入門機に力を入れている。ニコンからはフルハイビジョン動画撮影が可能な1,480万画素のCMOSセンサーを搭載した、D3100がこの9月18日に発売される。

sony_0824.jpg ソニーα55を発表する、ソニー(株)パーソナル イメージング&サウンド事業本部 イメージング第3事業部 事業部長 勝本 徹 氏

またソニーもαシリーズの普及機として、新開発1,620万画素の”Exmor”APS-HD CMOSセンサーと、新たに透過ミラーを用いたTranslucent Mirror Technorogy(トランスルーセント・ミラー・テクノロジー)によるα55/α33を発表。これにより秒間10コマの連写が可能、フルハイビジョン動画撮影中にも高速オートフォーカスが対応。視野率100%の新開発電子ビューファインダー”Tru-Finder”も搭載(9月10日発売)。

vg10.jpg

またソニーは、DSLRの素性を受け継いだ新コンセプトのビデオカメラ、NEX-VG10を8月5日に発表。NEXで採用されたEマウントによる交換レンズ式のビデオカメラだ。民生機ではあるがこれまでのビデオスタイルでありながらレンズの特性を活かせる動画用カメラとして、こちらの使用動向にも注目したい。NEX-VG10も9月10日の発売予定だ。パナソニックからはこの秋にも、いよいよNABで発表されたAG-AF100なるDSLR遺伝子を持った業務用カメラも登場してくるはずだ。

DSLRムービは誰に福音をもたらすのか?

DSLRムービーが作った新たな映像撮影のムーブメントが、様々な方面でテクノロジーの進化に拍車をかけていることは間違いない。しかしここまで各クリエイター達が語っていたように、これはまだほんのきっかけに過ぎない。

この取材を通して見えてきたのは、ビデオカメラもそもそもはカメラであることだ。デジタルテクノロジーの侵入で、カメラの根本的な部分よりも、フォーマットの違いやデータ形式、おまかせ機能といった周辺技術に捕われて、そこを”肯定”して撮影する道具になっていたと思う。

しかしDSLRにムービー機能が搭載されたことによって、再びカメラそのものの基本機能や露出や光の調節といった撮影方法、またレンズの重要さといったところに再度視点が向けられてきたことは面白い。筆者自身もレンズマウント等に関して再び勉強した。  

そして何よりもクリエイター自身がレンズの先にある被写体に対して、より多くの時間と創造性を与える事ができるようになったことが一番の収穫だろう。テクノロジーの進化で問題なのは、『楽をさせる』のと『便利になる』とではその意味が大きく違ってくるということだ。DSLRムービーの登場で、カメラは確実に正しい進化の方向へ再び向かっているような気がする。

また機会を見てDSLRについて3回目の探求を行いたいと思っている。それまで状況がどのように変化しているのか?楽しみではある。

[Vol.05] [Vol.01]

[ Category : ]
[ DATE : 2010-08-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[DSMC/DSLR 2010 #2]Vol.05 レンズの向こう側への挑戦

レンズの向こう側への挑戦 Cresson 77(田中柾幸/MIKA) DSLRムービーの登場はいま、あらゆるジャンルのクリエイター/アーティストに様々な想いを沸き立たせてい... 続きを読む

[DSMC/DSLR 2010 #2]Vol.04 DSLRムービーは一眼レフカメラがもたらした、新たなステージ

映像作家:貫井勇志 ソニーのDSLR"α"シリーズで撮影された、αのフラッグシップコンテンツとして、ソニーのコーポレートサイトの壁紙企画でトップバナーを飾っている「αCLOC... 続きを読む

[DSMC/DSLR 2010 #2]Vol.03 プロはもう言い訳できない時代が来た

フォトグラファー:石田晃久 これまでファッション誌や広告、写真集など第一線で活躍されているフォトグラファーの石田晃久氏。彼もまたDSLRムービーの魅力に捕われたアーティストの... 続きを読む

[DSMC/DSLR 2010 #2]Vol.02 映画 『SP 野望篇』5D markIIで特殊撮影を多用

この冬公開される映画『SP 野望篇』でDSLRが活躍した理由とは? VFXディレクター:山本雅之 カメラマン:佐々木雅史 10月30日公開の映画『SP 野望篇』(監督:波多野... 続きを読む

[DSMC/DSLR 2010 #2]Vol.01 DSLRが映し出した未来

デジタル一眼カメラがもたらすものとは? 一昨年からビデオ/映画など、動画のプロ業界でも話題を集めているDSLR(Digital Single Lens Reflex=デジタル一眼... 続きを読む

[Digital Cinematography 2010]Vol.03 CINE GEAR 2010レポート ガジェット編

その他、気になるニューガジェット編 ■Libec 日本からもLibec(平和精機工業)がブース参加。小型ENG系の三脚の新製品、RSシリーズ(250~450)に、DSLRム... 続きを読む

[Digital Cinematography 2010]Vol.02 CINE GEAR2010レポートDSLR編

さらに加速する人気DSLR編 昨年から急激な盛り上がりを見せているDSLR。今年もその人気に度合いは衰えを知らず、更なるヒートアップが各所に窺えた。昨年はまだ5DmarkⅡが注目... 続きを読む

[Digital Cinematography 2010]Vol.00 -Low Budget, High Quality Hollywoodが見つめる先は?-

どうなる?Digital Cinematographyの世界 今年もハリウッドの映画制作を支える、映画撮影機材の専門展示会、Cine Gear EXPOが開催された。  映画の... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [DSMC/DSLR 2010 #2]Vol.06 DSLRムービーの新たな可能性とは?約1億2,000万画素APS-H CMOSセンサーの登場