株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI)

編集時にはCineForm Neo3Dを利用

KiPRO2renso.jpg

marimo2001.jpg
Ki ProストレージモジュールSSD 250GB。Firewire800で接続し、一気に収録したProRes 422のデータをPCにコピー。左右の映像の整理はきちんとしておくことが大切

史上初の業務用3DカメラであるPanasonic AG-3DA1を使用し、立体視映像の撮影編の続きとして、今回はその映像を更に効率的に編集するためのワークフローを説明する。AG-3DA1と最高の相性をみせてくれたAJAのKi Proを2台使って左右の映像を収録した。 もともと3DA1には内蔵のSDスロットがL・R2基ついており、AVCHDコーデックでの収録が可能だ。ところが3DA1には、更にL・RでHD-SDIサイマル出力が(同期した状態で出力)可能なため、外部レコーダーを使ったシステム構築を組むことができる。Ki ProはProRes 422でHD-SDIの信号を記録できるレコーダーだ。これを使えばAVCHDよりも高画質な映像の収録を期待できるため、今回使用を試みた。もちろんFinal Cut Proとの相性もいうことはないため、編集のストレスも大きく軽減できる。 まずこの映像ファイルであるProRes 422のデータをMacにコピーする。注意すべき点は、コピー時に「右」か「左」かファイルを必ず区別しておくことだ。映像だけではそのファイルが「右」の画なのか「左」の画なのか区別するのは非常に難しいため、最初から「左右の区別がつかられるファイル構造」を作成しておくことが望ましいだろう。またファイル名にLやRといった文字を入れておくことも大切である。

marimo02003.png
ReMasterの画面。バッチ処理できるのでそれほど作業は面倒ではない。 CPUのコア16個をすべて活用してコンバートを行なったが、実時間の70%ほどで作業は終了した
marimo02005.png
First Lightの画面。直観的に使用できる

今回編集で使うマシンはMac。Ki ProはProRes 422で収録される。ちなみにWindowsによる編集環境を整えるのであれば、最新のAvid Media Composer を使用すれば可能である。今回は3D編集の準備としてProRes 422素材をCineFormを使って中間コーデックに書き出すため、プラットフォームはMacに限られる。ここで使用する3D専用ソフトウエアが「CineForm Neo3D」となる。 今3D編集において大きく注目されているのがこのCineFormだ。もともとファイルサイズが軽くて高画質を謳う次世代のコーデックとして有名なCineFormだが、今回は3D編集機能を搭載した「Neo3D」を使って編集を進めていきたい。ここで特筆すべき点は、このソフトウエアはFinal Cut Proなどのノンリニア編集ソフトと「連動」して動くというところだ。自由度の高い3D編集のデータをリアルタイムでやり取りすることができる。使いなれたソフトを使って2D感覚で作業が行えるため、3D編集の際は是非一度使ってみていただきたい。 Mac版では「ReMaster」と「First Light」という2つのソフトウエアでCineForm Neo3Dは構成されている。「ReMaster」は素材をCineFormコーデック(10bit4:2:2、QuickTime形式)にエンコードするもので、「First Light」は左右のCineFormデータをひとつのファイルに再構成して、3D編集のためのメタデータを調整するものだ。なぜこのCineFormを使った3D編集が効率的か?それには大きな理由があるのだ。それは、アクティブメタデータ調整で2D感覚の編集が行えることだ。

アクティブメタデータという編集環境

marimo02013.png

Final Cut ProとFirst Lightの連携はとても良い。First Lightのメタデータの情報はすぐにFinal Cut Pro上で確認できる

さらに注目すべき点は、CineForm Neo3Dにおいてアクティブメタデータによる編集が、他のノンリニア編集(NLE)ソフトウエアと同時に行えると言う点だ。つまり、左右の映像の位置補正やカラコレなどといった編集をメタデータを使って行なえるだけではなく(非破壊による調整)、そのメタデータをリアルタイムにNLE編集ソフトウエアに反映することができる。これによりFinal Cut Proのような汎用的なNLE編集ソフトウエア上で、左右の映像をあたかも2Dのごとく編集することが可能になった。また3Dの出力形式(モニター出力)もサイドバイサイドやインターレース(Fields)、アナグリフといった数多くから選択することが可能で、それらのフォーマットも全てアクティブメタデータとしてリアルタイムにNLEソフトウエア上に反映することができる。これら機能の数々は、今まで混沌を呼んでいた3D編集に大きな光明を生んだといっても過言ではないだろう。

ReMasterでCineForm変換

marimo02006.png

CineFormコーデックのQTファイルをFirst Lightで読み込んでMUXを行なう。MUXの前に素材のMarkを行い、L/Rの判別をしておく。判別をすると、サムネイルの横にLeft/Rightの情報が表示される。

それでは早速撮影した素材を一度CineFormコーデックに変換していこう。「折角ProRes 422で撮影したのに…」と感じる方もいるとは思うが、後々の3D編集のことを考えるとこの変換作業は必要なのである。まずはReMasterを立ち上げて、Ki Proで収録した左右のデータを一気に選択してバッチ処理で変換を行う。この際に注意するべきことは、やはり左右のファイルが入り混じらないようにすることだ。変換にかかる時間はマシンスペックやハードディスクの速度にもよるが、16コアのMacの場合、実時間の約60%~80%ほどの時間を要する。またProRes 422だけでなく、AVCHD形式からのCineForm変換も可能なためAG-3DA1のSDカードに収録されたデータも同じようなワークフローを組むことができるのが特徴だ。