PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2010]Vol.01 景気回復を背景に盛り上がりを見せるIBC2010
News

[IBC2010]Vol.01 景気回復を背景に盛り上がりを見せるIBC2010

#IBC #IBC2010

2010-09-13 掲載

欧州で開催される放送機器展から見えてくること

RAI01.jpg展示会場であるRAI国際展示場

毎年9月にアムステルダム(オランダ)にあるRAI国際展示場で開催される欧州の放送映像機器展示会、IBC2010が今年も9月9日(木)〜14日(火)の日程で開催されている。欧州最大規模を誇る映像音響通信機器の展示会だが、ヨーロッパといっても、とりわけイギリス、フランス、ドイツ、北欧などを中心とした北側エリアをターゲットとした映像機器展示会として開催されており、欧州では各国で細かい展示会も開催されている。IBCはもちろんその中でも最大規模で、出展は約1,300社、毎年140カ国から45,000人以上の参加者がある。

ラスベガスで開催されるNAB(全米国際放送機器展)が、アメリカのテクノロジー展示が中心的な存在であるのに対して、IBCはもっとワールドワイド感のある、世界各国の企業が揃って出展しているという万国博覧会的要素が強い。各国の技術を”フェアー”な視点で眺める事のできる展示会、というイメージが強い。欧州各国はもとより、アメリカ、日本、中国、インドなどのアジア圏、中東諸国など出展企業国も様々だ。また母国語が英語でない国も多いので、英語で会話する場合もあまり気が引けないという感じもあって、そんな部分でもどんな来場者にも”フェアー”なイベントという印象が強い。

またNABやInterBEEと大きく違うのは、大手企業などある規模以上のブースには必ずバーカウンターがあり、どの ブースも17時以降はカクテルパーティー会場と化す。そもそもIBCは放送関係者とメーカー技術者とのコミュニケーションの場として活用されており、展示会が人間交流の場として上手く機能しているところは面白い。日本的(!)な堅苦しい技術展示だけの品評会的な展示会とは趣きの違っていることもあって、会場を巡っていてもなかなか楽しいショーとなっている。そんなIBC2010を多角的な視点から数回にわたり、IBC2010レポートをお届けしていく。

  1. 景気回復を背景に盛り上がりを見せるIBC2010
  2. ソニー、パナソニック、キヤノン主要3大メーカー各社の動きは?
  3. KiPro mini等、気になる製品達をピックアップ!
  4. ある一つの視点「ポータブルレコーダー」と気になる製品群
  5. 3Dカメラ現在進行形を少々探る&気になる製品群
  6. DSLR関連商品は、満開状態!
  7. Connected World IPTV/デジタルサイネージ/モバイルTV関連の動き
  8. IBC2010で見た映像業界の今を総括する!

週末をはさむ開催日程に意味がある

Ams01.jpg 市内を走るトラム。会期中はフリーパスが配布されるため、街中で参加者と思われる人々を見かける

IBCの特徴として上げられるのが開催日程だ。一般的には変則的と思われる、土日を挟んだ日程(金〜火)で開催されている点も興味深い、出展者の話によれば、当然ビジネスデーを除いた土日に、アムステルダムに来てIBCを見たいというニーズも多いのだが、週末を利用して家族連れでやってくる放送関係者が多く、土日は家族サービスで。金曜か月曜にIBCを見て帰るというニーズも多いらしいことから、この開催日程なったようだ。どこまでが本当かはさておき、その辺の感覚もいかにも欧州らしい。

IBC2010のトレンドは?

RAI03.jpg IBC展示会ブースより

さて今年のIBC2010だが、2年前のリーマンショックの影響から、昨年はソニーが出展辞退、パナソニックも数年前から本体としては未出展(ディーラー出展のみ)と、不景気の煽りを受けて規模も縮小傾向だったが、今年は3Dなどの盛り上がりとHD化、ファイルベースの加速、またユーロ安の影響からか、欧州全体の景気も回復傾向にあるようで、出展社も多く、また日本の代表メーカーであるソニー、パナソニックもIBCに戻ってきたこともあって、複雑に入り組んだ全13ホールをフルに活用した、賑やかな会場風景となっている。

会場中で、目につくのは中国企業の進出だ。好景気を背景にかなりの数の企業が進出。中でもLEDライトパネルや三脚、撮影周辺機器、またサーバーやRAIDシステムなどのIT関連、通信といった分野でその存在を大きく示しているのも印象的だ。

取材・文:石川幸宏 構成:編集部

[ Category : , ]
[ DATE : 2010-09-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.07 SIGMA fp発売直前、一台のカメラに二つのカメラが共存する!?山木社長と若松氏に聞く

シグマ代表取締役社長 山木和人氏(左)と、商品企画部の若松大久真氏(右)txt・構成:編集部 いよいよ発売直前。気になる時期と販売価格は? 7月に発表されたSIGMA ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.05 メディアとエンタメにおけるブロックチェーン利用状況の進展が少ない訳とは?

txt:江口靖二 構成:編集部 可能性未知数のブロックチェーン IBC2019では、ブロックチェーンに関するセミナーが3本開催された。2018年は6本だったので、数... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[IBC2018]Vol.06 会場から気になるブースをピックアップPart3

txt:猿田守一・編集部 構成:編集部 AJA、IBC2018で8つの新製品と現行製品のアップデートを発表 AJAは、IBC2018にて8つの新製品と現行製品の... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2010]Vol.01 景気回復を背景に盛り上がりを見せるIBC2010