PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2010]Vol.03 KiPro mini等、気になる製品達をピックアップ!
News

[IBC2010]Vol.03 KiPro mini等、気になる製品達をピックアップ!

#IBC #IBC2010

2010-09-15 掲載

じっくり見渡せば浮かび上がる注目の製品

引き続きIBC会場からお送りする。会場内にはなぜかビーチバレー会場が設置されていたりと会場をつぶさに見まわると面白いものが用意されている。話題となる注目の製品・サービスは他にも目白押し。そんな話題のブースをいくつかピックアップ!

AJA Video Systems : 会場騒然KiPro miniが登場!

AJAkipromini.jpg

フィールドProResレコーダーKiProを小型化した「KiPro mini」を発表。KiProの機能そのままに、頑丈なエアクラフトアルミ製で筐体を小型化しカメラ等への取り付けを容易に。CFカード2スロットを装備し、コンパクトフラッシュを使用しての10bit 4:2:2 フル解像度のApple ProRes 422収録が可能。撮影時にカメラ周辺に取り付けられる付属オプションもある。ライン/マイクレベルを選択可能なスイッチを持つ2ch.バランスドXLRオーディオ端子を搭載、SDI、HDMI経由で8ch.のエンベデッドデジタルオーディオ対応。またWebブラウザコントロールは、KiProとほぼ同デザインのインターフェイスは使い勝手が良さそうだ。

AJAkona3g.jpg

その他にも、Mac/PC両対応のビデオ・オーディオ入出力ハードウェア「KONA 3G」を発表。SD/HD/Dual-Link HD/3G/2Kに対応、10bit非圧縮対応の3G/HD/SD SDI入出力、民生用3DディスプレイでのS3Dモニタリングを可能にするHDMI1.4a出力、8チャンネルのAESデジタルオーディオと16チャンネルのSDIエンベデッドオーディオなどの豊富な入出力端子を装備。SD、HD、Dual Link HDと2Kにも対応。10bitハードウェアベースのアップ/ダウン/クロスコンバータとダウンストリームキーヤーも搭載。また2系統の3G-SDI入力を様々な方式の3Dフォーマットに結合し、HDMI 1.4aやSDI入力を持つ3Dモニターやプロジェクターシステムで、真のS3Dプレビューを行うための新しいコンバータ「Hi5-3D」を発表している。

AJAHi5-3G.jpg

GrassValley (トムソンカノープス) : 待望のノンリニアビデオ編集ソフト「EDIUS 6」をリリース

grassvalley_edius6.jpg

ノンリニアビデオ編集ソフト「EDIUS 6」を発表。前バージョンの5より約2年を経て完全バージョンアップを図った今回は、リアルタイム性能を高速化や1080 50/60pや4kなど、フレームレートや解像度に捕らわれない自由なプロジェクト設定が可能。100を越える新機能が搭載された。またEDIUS 6にXDCAM 4:2:2やキヤノンXFなどのMXF読み込み機能やプロキシ編集機能を搭載した「EDIUS Broadcast」はターンキーシステム仕様として供給される模様。

grassvalley_conb.jpg

参考展示として、プロ仕様の新しいミニコンバーターシリーズが登場。様々な入力をSDIに変換するモデル(Any in to SDI)や、SDIとHDMIの入力からアナログとSDIをそれぞれ場合に応じて選べるもの(SDI&HDMI to Analog & SDI)。その他(SDI×2 to HDMI1.4 with 3D)(シンクジェネレータ)の4種ミニコンバーターシステムを参考展示。筐体もプロ仕様な体裁とデザインで統一されており、あくまで放送/業務用に耐え得る強固な製品群としてリリースされるという。価格はどれも数万円〜10万円を切る価格帯となる模様。

朋栄 : ビデオアーカイビングレコーダ「LTR-100HS」に注目!

forA_LTR-100HS.jpg

IT業界ではすでに標準となっているデータアーカイブメディア「LTO-5」をビデオデッキライクな使い方ができるように設計された、話題のビデオアーカイビングレコーダ「LTR-100HS」の実機を展示。1メディアで1.5TB収録可能なLTO-5メディアのドライブを搭載、HD/SD-SDI 信号とMXF ファイ ルの相互変換もサポートし、インジェストからアーカイブまでを1台で完結できる。LTOはすでに多くの大手ポストプロダクションなどでもアーカイブとして利用されている。さらに「LTR-100HS」は、テープデッキライクな操作パネルで簡単にファイル化/アーカイブ化できるのが魅力だ。

LTO-5メディアは現在すでにアマゾンなどでもネットからの購入が可能で、1メディアが1.5TBほどでも1万円前後と価格も手頃なので、IBC会場でも多くの放送関係者に注目されていたが、今後は放送局やポストプロダクションを中心にアーカイブシステムのトレンドとなれるかが注目だ。

その他にも、マルチフォーマットプレーヤ : MBP-100MPは、各種ファイルをHD-SDI 出力可能なマルチフォーマットプレーヤで、既存のベースバンドシステムの資産を有効活用しながらファイルベースシステムを構築する際に活用が可能。ビデオスイッチャ類では、3G/HD/SD 2M/E〜2.5M/E ビデオスイッチャ : HVS-4000HSを参考出展。2M/E または2.5M/E タイプのビデオスイッチャ。HD、SD 混在入力、3Gbps 対応、3D DVE、マルチビューワ、外部機器コントロール、マクロ、そして動画ファイルサポートなど様々な機能を包括。また、外部機器との連携用インタフェースおよび機能を多数実装。その他、HD/SD 1.5M/E ビデオスイッチャ : HVS-350HS、3G/HD/SD/ASI/AES/Data ルーティングスイッチャ : MFR-5000 シリーズを展示。

ForA_VFC7000.jpg

これまで計測用/業務用機器的な製品であった同社の高速度ハイスピードカメラでは、秒間700コマの高速撮影が可能なHD バリアブルフレームレートカメラ : VFC-7000を出展。「FLASH EYE」と愛称も付き、筐体もカメラらしいデザインにブラッシュアップされた。HD サイズでの高速撮影が可能なバリアブルフレームレートカメラで、可搬性に優れた小型軽量一体型構造、簡単操作が特徴だ。

ブラックマジックデザイン: 勢いが止まらないブラックマジック「ATEM 1 M/E プロダクションスイッチャー」を展示

BMD_swicher.jpg

DaVinciに続き、この8月にスイッチャーメーカーECHOlabも買収したブラックマジックデザインは、早速同社デザインのスイッチャー「ATEM 1 M/E プロダクションスイッチャー」($19,995/約180万円)「ATEM 2 M/E スイッチャー」($49,995/約450万円)、を展示。IBCの会場外には会場最大のバナーを掲げるなどその勢いは留まるところを知らないようだ。その他、Resolve for MacなどNABで発表された新製品群を中心に展示。

BMD_Switcher2.jpg

取材・文:石川幸宏 構成:編集部

[ Category : , ]
[ DATE : 2010-09-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.07 SIGMA fp発売直前、一台のカメラに二つのカメラが共存する!?山木社長と若松氏に聞く

シグマ代表取締役社長 山木和人氏(左)と、商品企画部の若松大久真氏(右)txt・構成:編集部 いよいよ発売直前。気になる時期と販売価格は? 7月に発表されたSIGMA ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.05 メディアとエンタメにおけるブロックチェーン利用状況の進展が少ない訳とは?

txt:江口靖二 構成:編集部 可能性未知数のブロックチェーン IBC2019では、ブロックチェーンに関するセミナーが3本開催された。2018年は6本だったので、数... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[IBC2018]Vol.06 会場から気になるブースをピックアップPart3

txt:猿田守一・編集部 構成:編集部 AJA、IBC2018で8つの新製品と現行製品のアップデートを発表 AJAは、IBC2018にて8つの新製品と現行製品の... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2010]Vol.03 KiPro mini等、気になる製品達をピックアップ!