PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群...
News

[CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群…

#CEATEC JAPAN #CEATEC 2010

2010-10-07 掲載

CEATEC2010は、「3D」と「スマートフォン」一色

開催日2日目の10月6日は、一般公開日の初日になる。幕張メッセのホール1から6それに加えCEATEC Suiteと銘打ち全ホールで開催される。朝10時ぐらいに海浜幕張駅の電車を降りるとホームはCEATECに向かう来場者でいっぱいになり、なかなか改札口まで進まなかった。会場では通路は人で溢れていて、各社ブースの全景の写真を撮るのが困難なほどであった。

主催社側の発表によると特別招待日である10月5日の来場者数は2万4,175名と発表。今年も昨年のように盛況のようだ。2010年会場内のトレンドは一重に3Dということに尽きるだろう。ソニーやパナソニックのブースで、民生用のさまざまなものが3D対応に対応し始めている現実を見て改めて驚いてしまった。今回のレポートを見ていただくと如何に3Dという言葉が溢れているかわかるだろう。

またこれまでメガネをかけることが足かせだった3Dの視聴方法にいよいよ東芝が、グラスレス3Dの発表を行ってきた。またトレンドであるARをうまく組み込んだNTTドコモのARWalkerには未来を感じた。3Dに関しては少しも食指は動かないのではあるが、3DとARを組み合わせて、現実の世界で活用する製品やサービスが出てくるのではないかと思う。ガジェット的な見方をすると、やはりタブレット端末やスマートフォンであった。これらの製品は男性のみならず多くの女性も手に取って関心を寄せていたのが印象的だった。

CEATECのようなIT・エレクトロニクス展の来年のトレンドを読むのは難しい。それだけトレンドの移り変わり方は激しい。恐らく来年も今年以上に「3D」が定着し、当たり前の状態になっていくのではないだろうか。CEATECは家電のトレンドや未来が覗くことができるイベントである。お伝えしたレポートの方にもまだまだお伝えできていない部分もある。会場で気になったものを最後に幾つか紹介したいと思う。9日土曜日まで開催中である。是非会場に足を運んでもらいたい。

村田製作所

murata_a.jpg

  村田製作所は、当社の最新テクノロジーを搭載した自転車型ロボット「ムラタセイサク君」および一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」の2010年モデルを開発。省エネ技術、センサー技術、通信技術と、機器の環境性能向上に貢献する部品を搭載し、S字平均台走行などを実現。

murata_002.jpg

ムラタセイサク君は2輪車型ロボットで、不倒停止や坂道走行、S字平均台走行などが可能。



murata_003.jpg

ムラタセイコちゃん。従来の不倒停止や前進後退に加え、制御技術・回路設計技術の進化により、S字平均台の走行が可能になった。

mmbi(株式会社マルチメディア放送)

mmbr.jpg

2011年のアナログテレビ停波後の周波数を利用して提供する新しい放送技術規格「ISDB‐Tmm」方式により、携帯型端末での利用を想定した放送と通信のそれぞれの特徴を融合した新たな放送メディアサービスを展開。マルチメディア放送の特長の解説や新しいユーザーインターフェース、デモコンテンツなどの展示のほか、電波の送受信デモなどを行った。

mmb_001.jpg ISDB-Tmm方式を利用した放送波受信デモ。蓄積型放送(ファイルキャスティング)およびリアルタイム型放送(ストリーミング)で実際に放送

Fraunhofer

DSC_0367.jpg

Fraunhoferバーチャル・ミラー。ディスプレーに搭載されたカメラで撮影したTシャツの色などをリアルタイムで変換。ディスプレーを鏡に見立てることで、試着室などへの応用が可能としている。

DSC_0369.jpg

Fraunhofer 3Dキオスク。手の動きによってディスプレーに浮かぶ3Dオブジェクトを回転させる等の操作を行うことができるもので、裸眼視聴が可能な仮想3Dタッチスクリーンを採用することで、ショールームや会議場、ショッピングモールなどでの利用が可能としている。

エプソントヨコム

EPSONtoyo_001.jpg

モーショントレースに必要な3軸角速度と3軸加速度を検出可能なディバイスAH-6100の実用例のデモンストレーション。ヘッドホンに組み込み頭の角度などを検出して傾きの角度などで効果音を発生させるデモと姿勢制御に利用したもの。


[ Category : , ]
[ DATE : 2010-10-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CEATEC2015]Vol.02 製品を生成するパーツから考察する次世代の製品とは

txt:稲田出 構成:編集部 CEATECはディバイスなど電子パーツの展示会をルーツにしているため、製品以前の出展も多い。現在ではこうした製品を構成するパーツから次世代の製品... 続きを読む

[CEATEC2015]Vol.01 各社の得意分野にフォーカスした展示を展開

txt:稲田出 / Ai YAMAMOTO 構成:編集部 10月7日から10日の4日間、千葉・幕張メッセにおいて日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATE... 続きを読む

[CEATEC2014]Vol.02 未来を感じる新領域の最新技術

新領域の最新技術が幾つも見られる会場 NHKは、毎年CEATECでJEITAと共催で最新の映像技術や今後の動向などを紹介したブースを出展している。今年も4K関連や8K関連、ハイブ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス

CEATECでは製品はもちろん最新のディバイスなども出展されている。これらは発売間際の製品もあれば、開発途上のものもあり、なかには想像もできない製品に組み込まれるディバイスもある。... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから

アジア最大級の通信・情報・映像総合展CEATEC JAPAN 2013が開催された。生活に密着した家電製品を初め、最先端の電子部品・デバイスなどのほか、4K・8Kテレビやスマートフ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.01 会場に溢れる4K製品は、もうすぐそこに!

10月1日より千葉県の幕張メッセで、ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013」が始まった。CEATECの魅力は、ソニーやパナソニックなどが「IFA 201... 続きを読む

[CEATEC2010]KDDI ここでも人気のスマートフォン「IS03」に注目!

KDDIブースの一番人気はCEATEC前日に発表されたスマートフォン「IS03」だ。ブースの一番手前に展示コーナーが配置されているなど、かなり力を入れてアピールが行われていた。 ... 続きを読む

[CEATEC2010]SD Association 記録の要、10周年を迎えたSDメモリーの世界

発足当初のSDアソシエーションは、パナソニック、サンディスク、東芝の3社だったが、デジカメやビデオカメラ、音楽プレーヤーなど様々な機器に採用されており、現在約1300社の会員企業が... 続きを読む

[CEATEC2010]NICT 商品化前の奇想天外な研究結果がここに!

CEATECでどこを押さえておけばいいの?という質問に鉄板の答えが、「NICTへ行け」だ。研究開発中だが、とにかく面白いものが用意されているのだ。NICT(独立行政法人情報通信... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群...