PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2010]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート
Special

[InterBEE2010]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート

2010-11-20 掲載

Cine DSLR

sachtler-1.jpg
1~5kgのデジタル一眼レフカメラに最適なCine DSLR。通常よりも長い独特のカメラプレートを備える

注目の新製品は「Cine DSLR」と呼ばれる一眼レフをターゲットとした三脚。特徴は220mと従来の三脚よりも長いカメラプレートを搭載していること。また、プレートの取り付け位置がほかのプレートよりもわずかに高くなっているのが、レンズがプレートに干渉しないようにするための設計だ。また、カメラ取付部は1/4ネジの1点止めで通常のビデオカメラと違ってぐらついてしまうと思わるが、カメラ背面から抑えるような機構も追加されている。このようにいろいろなところで一眼レフカメラをメインターゲットにしているゆえの細かい配慮がいきわたっている。

sachtler-3.jpg zahato4.jpg

ぐらつかないようにボディを後ろから抑える仕組みが搭載されている

スライダープレートなので自由な位置でロックすることが可能

VIDEO18SB&VIDEO 20S1

従来機「VIDEO18SB」の後継機種の「VIDEO 18S1」

今年9月に発表したモデル「VIDEO 18S1」と「VIDEO 20S1」もザハトラーの注目製品だ。名機と呼ばれる「VIDEO 18SB」と「VIDEO 20SB」に比べて、両機ともカウンターバランスの数が多くなっている。また、ブーストレバーと呼ばれるスイッチで荷重域を切り替えることが可能。VIDEO 18S1の場合、LOWは2~15キロ、HIGHTは5~18キロに対応が可能になる。たとえば、ワンポイントで小さいカメラを使う場合で加重がかからない場合はLOWに切り替えれる。逆に大きなカメラを使う場合は軽くないのでHIGHTに切り替えて使う。つまり、1台の三脚で小型から大きなカメラまで対応できるというわけだ。

ペトロール

sachtler-7.jpg

ビデオカメラや放送機器用のバッグやケースで有名なブランド「ペトロール」というと「青」と「オレンジ」というイメージであった。創業10周年を迎えるにあたって今年からデザインを黒のクラシックなデザインに一新した。参考出品だが目を引いたのはCambioと呼ばれるバック。バックだけれども三脚として使えるというもの。75mmのヘッドを乗せて撮影に使うことが可能だ。

sachtler-9.jpg

普通のキャリーだが、小型ビデオの三脚として使用可能


[ Category : , ]
[ DATE : 2010-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2018]ヴァイテックプロダクションソリューションズブース:Flowtech 100と専用グラウンドスプレッダーを国内初展示

■ヴァイテックプロダクションソリューションズブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版G... 続きを読む

PRONEWS Radio ”10周年記念InterBEE2017特集号”

今年も好評!聞くだけでInter BEE早わかり! PRONEWS Radio InterBEE2017の見所まとめを最終日1回限りで“まるっ”と現地からラジオ番組でお届けします... 続きを読む

[InterBEE2015]会場を彩るイベントコンパニオン特集!

InterBEE2015会場で見かけた、ブースを華やかに彩るコンパニオンさんをご紹介します。皆さん快く撮影に応じていただけました。ありがとうございました! 写真をクリックする... 続きを読む

[InterBEE2012]会場を彩るイベントコンパニオン特集!

InterBEE2012会場で見かけた、ブースを華やかに彩るコンパニオンさんをご紹介します。皆さん快く撮影に応じていただけました。ありがとうございました! ... 続きを読む

Inter BEE 2012 スペシャルレポート

国際放送機器展 "Inter BEE"(インタービー)が、今年は11月14日(水)から11月16日(金)にかけて千葉幕張メッセにて開催されました。PRONEWSでは今年もInt... 続きを読む

[InterBEE2011]出口調査

InterBEE2011も無事終了しました。来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。や... 続きを読む

[Wonder7]miracle03:InterBEE3日目!最終日に映像新時代の夜明けを見た!

小寺信良 @nob_kodera 時代はオールインワン? InterBEE2011最終日は、ソニーのコンパクトスイッチャー「MCS... 続きを読む

[Wonder7]miracle02:InterBEE2日目!お宝を掘り起こせ!

高野光太郎 @takanok 2日目、前々から気になっていたGoPro2を銀一ブースに観に行って来ました。GoPro1との違いはHDMI... 続きを読む

[Wonder7]miracle01:InterBEE初日!すばらしき映像業界のお祭りへようこそ!

高野光太郎 @takanok 今日はCanonブースでのEOS C300のセミナー仕込みに時間を取られ、残念ながら、ほとんど情報収集は出... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2010]ザハトラー・ジャパン株式会社ブースレポート