txt:安藤幸央

Exhibition (展示会)は製品アピールと、リクルーティングの場

DSC06547.JPG

Pixarブースのリクルーティングコーナー。インターンを希望する学生などが押し寄せていた

SIGGRAPHでの華やかな催しとして Exhibition (展示会)がある。今年の展示会はSIGGRAPH会期中後半の3日間開催され、156社の展示ブースが並んだ。大規模ブースは少ないながらも、各社小粒で充実したブースが立ち並ぶ。展示会場では製品紹介はもとより、開発者の話しや、製品を駆使しているユーザーの話しなど、現場の本音を聞けるのが展示会の醍醐味だ。

統計では SIGGRAPH参加者は平均5時間展示会場に居るそう。なかでもレンダリングソフトウェア RenderManを扱うPixarのブースが人気で、無料配布されるポスターやグッズを目当てに、連日長蛇の列がのびていた。SIGGRAPH会場にはJob Fairという求人ブースが並ぶ、求職のための専門コーナーもあるのだが、展示会場は製品紹介の場であるとともに、企業のリクルーティングの場でもあるようだ。製品紹介よりも、盛んに求人チラシを配布しているブースもあった。

盛り上がる展示会会場から

展示会の最近の傾向としては、三次元プリンタの価格帯が下がり、応用として各種三次元プリンタサービスも広がってきたこと、フォトストックのように動画素材や、音素材、三次元データを扱うアセット販売の流れができていることが感じられる。では、展示会の156ブースの中から目立ったものを取り上げよう。

Autodesk / iPad用彫刻アプリ Sculpt 123D

Autodeskの扱うMaya、Softimage、3ds maxと主要CGソフトのバージョンアップ版が色あせてしまうくらい、会場で話題になっていたのがAutodesk製iPad用の彫刻アプリだ。車のモデルや動物のモデルなど、ベースとなる彫刻モデルをピックアップし、そのモデルの形状を削ったり盛ったりしてオリジナルの彫刻を制作する。現実の彫刻であれば、一度何かを削ってしまうとやり直しが効かないが、デジタルならではの「盛り」の作業が平易に出来たり、やり直しがきくのも良いところ。現在は試用期間のため無料だが、将来的には85円(日本国内価格)の有料アプリとしてリリースされる予定。

http://itunes.apple.com/app/123d-sculpt/id446119510?mt=8#

My Robot Nation / KODAMA Studios : オモチャ専用3Dプリント

DSC06820.JPG

Webで編集し、三次元プリントしたロボットおもちゃ

My Robot Nationは、三次元プリンタを活用したオンラインサービス。Webでロボットのパーツや色をチョイスしてオリジナルのロボット筐体をデザインし、デザインしたロボットを三次元プリンタで出力、送付してくれるサービスだ(現在サービス準備中)。残念ながらブリキのオモチャ風のようには手足を動かすことは出来ないが、ポーズやパーツ、デカール(表面のマークやロゴなどの模様)を細かく設定できる。

http://www.myrobotnation.com/

LadyBug3 / PointGrey / 360度パノラマカメラ

DSC06512.JPG

真っ赤な LadyBug3筐体

LadyBug3は、Googleストリートビューの撮影にも使われている360度撮影可能なパノラマカメラ。1つの筐体に6つのカメラが搭載され、カメラ内部で自動的にパノラマ合成した映像が利用できる。12メガピクセル級の映像が約15fpsで取得できる(解像度を落とせばfps値が向上する)。IEEE1394bインタフェースのみ。簡易防水機能あり。赤色モデルと黒色モデルがある。

DSC06513.JPG http://www.ptgrey.com/products/ladybug3/ladybug3_360_video_camera.asp

WRITER PROFILE

安藤幸央

無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPHをはじめ、 国内外の映像系イベントを独自の視点で紹介します。