PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]00:高まるLog収録/制作への関心
Special

00:高まるLog収録/制作への関心

2012-03-21 掲載

よみがえるデジタルシネマ市場

デジタルシネマカメラ市場が活性化してきている。2011年末のRED DIGITAL CINEMA製5KカメラScarlet-Xの登場に引き続き、2012年1月にはソニーのデジタルシネマカメラF65RS(ロータリーシャッター、NDフィルター内蔵モデル)とキヤノンのデジタルシネマカメラCinema EOS C300(EFマウント仕様)が発売となった。今後も、3月末にCinema EOS C300 PL(PLマウント仕様)、5月にF65(ロータリーシャッター無しモデル)が発売される予定だ。

従来に比べ、大幅に安価で高性能なデジタルシネマカメラの登場により、その下のクラスのプロビデオカメラ市場も今年は活性化していきそうだ。来月、ラスベガスで開催される2012 NAB SHOWでも、新たなビデオカメラが登場してくるだろう。カメラ市場の活性化は、制作ワークフローにおいても新たな流れを作りつつある。Log制作の普及である。これまでも、ソニーにはS-Log、パナソニックにはP-10LogというLog収録の方法はあった。しかし、日本の映像制作においては、ライティングは照明屋さんが決定する撮影現場の体制や、カラーコレクションがフィニッシング段階で行われるために、撮影時にカラーリストが撮影現場で監督の意向を汲み取りながら作業することがない分業体制があり、中間調のLog収録映像からじっくりルックを作っていく時間もコストもないローコスト制作の蔓延ということもあって、従来フィルム撮影をしていたような十分に予算のあるCMなどに活用範囲が限定されていたことも事実だろう。

キヤノンがCinema EOS C300で8bitのCanon-Logを提案したことは、ワークフローの見直しという点でも大きい。ソニーXDCAM EX PMW-F3+RGB 4:4:4&S-Logオプションに加え、Cinema EOS C300が選択肢に加わり、安価でありながらも大型イメージセンサーを搭載したカメラの活用範囲は大きく拡がった。これらに加えてRED DIGITAL CINEMAのRED ONE/EPIC/Scarlet-Xという選択もある。カメラのコストが下がったことで、撮影からフィニッシングまでワンストップでの制作もしやすくなり、これまではハイエンドの制作にしか使われなかったLog収録を、誰もが試してみることが可能になってきた。ソニーによると、RGB 4:4:4&S-Logオプションに関する問い合わせも増えてきているそうだ。

Log収録がやってきた

Log収録は、カラーグレーディングも不可欠となる。これまではカラーグレーディングシステムも高価だったが、2011年末にはブラックマジックデザインのカラーグレーディングソフトウェアDaVinci Resolveの無償版DaVinci Resolve Liteでカラーノード無制限化が行われ、Windows版DaVinci Resolve Liteも登場した。これまで限られた人しか試すことができなかったカラーグレーディング環境を、誰もがダウンロードして気軽に試すことが可能になってきた。

映像制作におけるLog収録とカラーグレーディングへの関心は、これまで以上に高まっている。今回の特集では、Log制作について整理しておこう。

txt:秋山 謙一 構成:編集部


Vol.07 [RAW side LOG side] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2012-03-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]00:高まるLog収録/制作への関心