活用が進むLogモード撮影

YAMAQ3501.jpg

ARRIのALEXAやCanonのC300などで採用されているLogモード撮影。記録された映像はコントラストが低く、そのままでは映像として成立しにくいにも関わらず、最近の撮影現場ではこのLogモードを使うことが増えています。今回はCanon C300をCanon Logで撮影して、Blackmagic DesignのHDLinkを使ってモニタリングしました。Logモードはどんな撮影スタイルで、どうすればミスを回避して最適に運用できるのか。そんな気になるところを検証してみました。

原理編

そもそもなぜローコントラストな階調にして記録するのでしょうか。従来のビデオカメラのように、最適な最終型のビデオガンマで撮影した方が、モニタリングした映像も正確に表示できます。Logモードで撮影することは、ポストプロダクション処理で階調や発色を最適な状態に補正することが必要で、ビデオガンマで撮影する場合に比べて行程が余分に増えてしまいます。それにも関わらず手間のかかるLogモードで撮影するのは、理論的にもアドバンテージがあるからなのです。

YAMAQ3502.jpg

C300はメーカー公開のスペックでは、800%のダイナミックレンジを持つと言われています。イメージセンサーの階調の分解能が一般のカメラに比べて8倍深いことを意味します。しかし、イメージセンサーから取り出した広階調な映像は、従来の記録媒体では器が小さ過ぎて収まりきれません。大きな素材を小さな器に入れるためには、なんらかの方法でデータを小さくすることが必要になります。これがLogモードを使う最大の理由です。

単純に800%を100%に同じ比率で縮小するのでは意味がありません。どの階調にデータを多く割り当てるかという重み付けをしているのです。そんな味付けして階調を少なくして記録したLog映像は、ポストプロ処理でLUTルック・アップ・テーブルを使って、元の800%が持っていた階調に近い状態に戻します。この時に使うツールはDaVinci Resolveのような深い階調を展開できるような高精細な色表現ができる環境が必要です。Resolveでは32bitのダイナミックレンジを持っています。

LUTを使うことでカメラのイメージセンサーが持っているスペックに近い状態に復元することはできますが、その原理ゆえに厳密にオリジナルを再現することはできません。あくまでも近似値なのです。圧縮処理でJPEGのように元の画像に復元できない手法を非可逆というように、LUTを使ったLog収録もこれと同じように完全にオリジナルとは一致しません。しかし、現実的な運用ではこの差は大きな問題にはならないと言われています。