PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K High Resolution!]Vol.00 今そこにある4K制作環境とは?
Special

Vol.00 今そこにある4K制作環境とは?

2012-07-31 掲載

4Kについて考える2012夏

201207_0_panasonic.JPG

NAB2012でも各社から4K対応の製品が多数出品された。パナソニックは、4Kカメラのプロトタイプを出品

2012年の映像トレンドは、これまで数回取り上げてきた「High Resolution(高解像度)」である。High Resolutionとは、4Kといった空間的な映像表現の広がりとハイスピード撮影が持つ時間的な映像表現の可能性を併せて指すものだ。次の主戦場となるその舞台こそが正に高解像度の世界であるといえる。規格だけの話が先行しているが、実際に2012年夏の現状はどうだろうか?

090120a_1.gif

映画、通信会社により4K伝送実証試験が数年前から行われている(Via 4K PURE CINEMA)

4Kはデジタルシネマの領域で一般のビデオ制作では関係無さそうだが、NABを始めとしたビデオ関係の展示会などでは、ソニーやパナソニックといったビデオカメラメーカーだけでなく、キヤノンやアストロデザイン、朋栄といったメーカーからも4K対応のカメラの他、対応する関連製品としてレコーダーやモニター、編集ソフト、コーデック等も各社から出展されている。

一方、民生機のTVモニターも4K対応の製品が幾つかのメーカーから発売されているほか、民生用のカメラもCESなどでは試作品がやはり各社から出展されている。国内のこうした電機メーカーはテレビ事業における巻き返しを4Kにより図ろうとしている。

もちろん地デジによりやっと昨年ハイビジョン放送に移行したばかりの今、すぐに放送で4Kということにはスポンサー等営業的な側面からもありえないことだが、国内ではスカパーに代表されるCSや既に基幹となる伝送路のほとんどが光になったCATV、インターネットの通信網など4Kを家庭に送り届ける手段はいくつかある。ビジネスモデルとして営業的に成立すれば、技術的にはすぐにでも対応できる状況といえるだろう。

映像制作に携わる者として、もはや4Kは他山の石として傍観している場合ではない時期にきているといえよう。とはいえ、現状の4K制作環境はまだ完璧とは言えず、規格的にも定まっていない部分も多々あるのが現実だ。4Kはなんでもアリの無法地帯ともいえるが、製作者が意図したシステムを組める可能性も秘めている。

計測技術研究所は、すでに8Kも視野に…

カメラを始めとした制作機器も既に様々なものが発表または発売され、すでに4Kでの制作も始まりつつある。5月6月と続けてきた次世代の映像表現であるHigh Resolutionのテーマの中でも、やはり空間的な映像表現の広がりである4Kを今一度、取り上げる。各社の取り組みや制作サイドから見た4Kについての現状や問題点、今後などについてまとめてみよう。

txt:稲田出 構成:編集部


[4K High Resolution!] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2012-07-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [4K High Resolution!]Vol.00 今そこにある4K制作環境とは?