PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC2012]Vol.02 大きく変化していく展示会の内容〜CEATECのルーツを探る
News

[CEATEC2012]Vol.02 大きく変化していく展示会の内容〜CEATECのルーツを探る

2012-10-05 掲載

電気部品の展示会から発展したCEATEC

CEATECはアジア最大級のエレクトロニクス総合展示会となっており、幕張メッセの1~8ホールをフルに使用した大規模なイベントだ。ホールはキーテクノロジーステージ、ライフ&ソサエティステージ、スマートモビリティイノベーションの3つのステージに大まかに分かれているが、CEATECのルーツが電気部品の展示会から発展したこともあり、半導体や各種ディバイスを扱ったキーテクノロジーステージでの出展社が最も多い。

最近では産業の空洞化が顕著になり、以前は産業の米とも言われていた半導体も特定用途向けの機能ICやメモリーなど海外勢に押され気味とはいえ、センサーや実装部品、バッテリーやコンデンサーなどの最先端のディバイスやこうしたディバイスを組み合わせたアッセンブリーなど競争力のある分野も少なくない。

もちろん、こうしたディバイスなどは実際に製品となって初めてその価値が一般に認知されるわけで、パーツメーカーもディバイスとしての特徴だけでなく具体的に製品化したときのイメージをよりわかりやすくするために工夫している。

今年のCEATECでは、Smart Innovation―豊かな暮らしと社会の創造をテーマとしてネットワーク技術がつなげる豊かな暮らしや社会を提案する「ライフ&ソサエティステージ」、世界最先端の電子部品やディバイスが集結する「キーテクノロジステージ」にステージ名称を変更して開催することで、世の中のスマート化への動きを反映した展示としている。

多治見無線電機
eatec2012_02_3.jpg

多治見無線電機のコネクター。業務用機器や測定機器など信頼性や耐久性が要求される用途でよく使われている


【お詫び】記事初出時、出展者様名を誤って掲載しておりました。お詫びして訂正させて頂きます。

マックエイト
eatec2012_02_4.jpg

マックエイトのプリント基板用端子。半導体など機能部品に目が行きがちだがこうした地味な部品も電子機器には有用なパーツだ

タムラ製作所
eatec2012_02_5.jpg

真空管アンプ用のトランス。国内ではとっくに製造中止になった真空管だがハイエンドのオーディオの世界ではいまだ現役だ

テクトロニクス
eatec2012_02_6.jpg

スペアナ統合オシロスコープMDO4000シリーズ。ロジックアナライザーの機能なども持っている最先端の測定機器

スペシャルヘルスケアプラザ
eatec2012_02_7.jpg

健康・医療機器やそれら機器と連携したサービスを紹介するコンティニュア・ヘルス・アライアンスが企画の特設コーナー

SHARP
eatec2012_02_8.jpg

シャープといえば液晶ディスプレーや太陽電池の分野で世界をリードしてきたが、こうした主力製品の不振により一時は海外からの買収の話もあったほど。CEATECではやはり液晶や太陽電池の技術や製品に関心が集まっていた

台湾企業協会ブース
eatec2012_02_9.jpg

台湾企業が集まった協会のブース。かつては日本も良いものを安く大量に製造することで国際的に認知されていたが、最近ではこうしたアジアの国々にその場を奪われつつある。今後日本は良品安価大量生産から脱皮してどのような方向に行くのだろうか。今回のCEATECはそうした節目にあたるような気がする。


[ Category : ]
[ DATE : 2012-10-05 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC2012]Vol.02 大きく変化していく展示会の内容〜CEATECのルーツを探る