PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2012の歩き方]Aコース: デジタルシネマ・ニュートレンド -シネマライク映像制作考-
Special

[Inter BEE 2012の歩き方]Aコース: デジタルシネマ・ニュートレンド -シネマライク映像制作考-

2012-10-31 掲載

Aコースは、最新のデジタルシネマ関連製品とその周辺テクノロジーを中心に巡るコース。いまや最新のデジタルシネマ技術・製品は、映像制作の先端技術を牽引役として、業界全体にとっても重要なポジションとして位置づけられる。これまでのビデオ制作とは異なる、一つ上のステージでの制作が普及し、特に今年はRAWやLOGでの収録とカラーグレーディングという制作ワークフローが一気に浸透した。そして今年のトレンドは「4K」。 いよいよHDスタンダードから、4K(QFHDを含む)サイズのコンテンツ制作を具現化するための新たなテクノロジーが登場。またオンセット(収録現場)での編集・グレーディング、DIT(Digital Image Technician)関連のデータマネジメント製品など、新しい制作スタイルに対応する製品群にも注目が集まりそうだ。

さらに編集・合成のソフトウエアでも、より効率的かつ汎用性の高い製品が登場。これまで利用範囲が限られていたハイエンドシステムのデスクトップ対応など、ポストプロダクションでも新しい制作スタイルが模索されている。

Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!
1 テクニカルファーム (ブース#5311)
EFレンズマニュアル加工製品など
InterBEE2012_courseA_Technical Farm.jpg
常に現場での運用を考え、メーカー純正品では補えない撮影周りの利便性を追求した周辺機材を制作している老舗の撮影サポート&サービス会社。キヤノンの放送・業務用レンズの修理認定ショップでもあり、特にレンズ周辺の特注機器やオリジナルサポート製品を数多く製作している。EFレンズのマニュアル加工製品や最新の各種アクセサリーなどに注目。
2 フォトロン (ブース#5409)
Avid Interplay Production他
InterBEE2012_courseA_Photron.jpg
今夏にIMAGICAデジックス社(現・デジックス映像事業本部)と合併後初出展となり、ソリューション拡大を目指すフォトロン。Avid Interplay Productionを核に、EVS社、DVS社、Vizrt社製品を中心としたインテグレーションや最新ワークフローなどを展示。また、カラーグレーディングシステム「DaVinci Resolve」と「Nucoda FilmMaster」、デジタルマスタリング&リストレーションシステム「Phoenix」によるコラボレーションやSIGNIANT社製品を中心としたファイルベースシステム構築の鍵となる製品群を出展。
3 オートデスク (ブース#5616)
Autodesk Smoke 2013
InterBEE2012_courseA_Autodesk.jpg
デスクトップでのオンライン編集&フィニッシングシステムの最新ソリューションとして注目を集める「Autodesk Smoke 2013」正式リリース(12月予定)を間近に控えるオートデスク。編集、合成、グレーディングまでのフィニッシングを1つのソフトウェアパッケージとしてコンプリートした「Autodesk Smoke 2013」がワンストップポストの次世代スタンダードと成りうるかに注目。
4 西華デジタルイメージ (ブース#6316)
On-Set Dailies他
InterBEE2012_courseA_SeikaDI.jpg
事業部の会社独立後初の単独出展。オンセットシステムの世界的スタンダード、colorfront社のオンセット用ファイル変換ソフトウェア「On-Set Dailies」「On-Set Express」の正規代理店となり国内初展示。またARRI「ALEXA」やCanon「EOS C500」に対応する4K/2Kデジタルシネマレコーダー、英codex Digital社「ONBOAD S RECORDER」、韓国Cineroid社のEVFなど、デジタルシネマ関連の周辺機器を多数展示。
5 ソニー / ソニービジネスソリューション (ブース#6211)
F65、SRMASTER他
InterBEE2012_courseA_SONY.jpg
8Kセンサー搭載のフラッグシップカメラ「F65」と、SRMASTERでデジタルシネマ・ソリューションを展開するソニーは、新製品 PMW-F55/PMW-F5を出品予定。複雑化する制作ワークフローに対してより簡便で完結したシステムを提供するソニー独自のソリューションを展開。またオンセットシステムとの連携による4Kワークフローの展示など、より具体的かつ実用的なシステム展示を展開。
6 朋栄 (ブース#6507)
FT-ONE 他
InterBEE2012_courseA_ForA.jpg
今夏に発表された世界初4Kハイスピードカメラ「FT-ONE」は、新開発のフル4K解像度/高感度グローバルシャッター方式CMOSカラーセンサ「FT1-CMOS」を搭載し、フル4K (4096×2160ピクセル) 解像度で、秒間最大900コマまでのスーパースロー撮影を実現。標準搭載される内部メモリへ、4Kフル解像度かつ900コマ/秒で最大9.4秒の記録(RAWデータ)が可能。ブースではスーパースロー映像上映専用の4Kシアターを設置。
7 富士フイルム (ブース#6506)
Image Processing System IS-100 他
InterBEE2012_courseA_Fujifilm.jpg
シネマレンズシリーズ「35mm PLマウントズームレンズ」を始めとするシネレンズ製品に注目。今年7月に北米で発売開始された、映画、テレビ、CMの撮影現場で高精度な色管理を可能にする、デジタル映像撮影現場向け色管理システム、Image Processing System(イメージプロセッシングシステム) IS-100」も国内初出展予定。
8 カールツァイス / ナックイメージテクノロジー (ブース#7208)
ALEXA 他
InterBEE2012_courseA_Nac.jpg
いまやデジタルシネマカメラの世界的スタンダードとなっているALEXAシリーズはラインナップも拡充。またツァイスレンズでは話題のコンパクトプライムレンズ「CP.2」とコンパクトズームレンズ「CZ.2」の新ラインナップが拡張。さらにARRIの撮影サポートシステムであるHDシネスタイルアクセサリーシリーズは、堅牢性、操作性など世界のプロフェッショナルからも支持されている。
9 キヤノン / キヤノンマーケティングジャパン (ブース#8218)
EOS C500 他
InterBEE2012_courseA_Canon.jpg
昨年発表した新たなデジタルシネマカメラシリーズ「CINEMA EOS SYSTEM」が世界中で大ヒット。今年はその威勢を継続し、今年の出展社中最大のブース面積で拡大出展。話題のフラッグシップ4Kカメラ「EOS C500」、AVCHD対応のシネマカメラ「EOS C100」、DSLRタイプの最高峰「EOS-1D C」など、国内での実機初展示製品が一堂に展示される予定。また「4K Ready」を自称するEFシネマレンズの新ラインナップにも注目。
10 アスク (ブース#8407)
Ki Pro、QTAKE HD他
InterBEE2012_courseA_ASK.jpg
AJA Video Systemsのレコーダー製品「Ki Proファミリー」や最新の各種コネクト製品を中心に展示。その他、IN2CORE社のビデオアシストソフトウェア「QTAKE HD」、GB Labs社のネットワークストレージソリューション「SPACE」、Square Box Systems社のアセットマネジメントシステム「CatDV」など、デジタルシネマワークフローをより効率化する製品群を展示。(同社ブース外での展示含む)

イントロ [Inter BEE 2012の歩き方] Bコース
Inter BEE 2012の歩き方 オリジナルガイドマップ無料配布中!

[ Category : , ]
[ DATE : 2012-10-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Inter BEE 2012の歩き方]Avidコース: Avid製品丸わかり -ワークフローからハンズオン会場で観られる製品群-

Inter BEE会場に点在するAvidソリューションを訪ねて... Avidと言えばここ20年のノンリニア編集の変遷を担って来た老舗の企業と言っても過言ではない。当... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Extra:厳選 来るべきHigh Resolutionの世界

江夏由洋がチョイスする High Resolutionの世界を巡るコースとは? いよいよ11月にInter BEEが幕張で開催されます。今年のキーワードはHigh Resolut... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Eコース:音を巡る旅 -押さえておくべき音の世界-

オーディオの業界ではビデオより以前からデジタル化され、記録や処理など非圧縮が当たり前の状況だ。すでにCDクオリティを超えた記録も一般的になり、同時記録チャンネル数も4chや8chを... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Dコース: 映像の入り口「カメラ」を極める -カメラ最新事情-

大判センサーや4Kといった今までのビデオの業界ではほとんど馴染みのなかったものが、当たり前のように語られるようになってきた。シネスタイルでの撮影もカメラやレンズ、周辺機器の充実によ... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Cコース: プロスーマ・ネクストソリューション -新しい時代の映像制作考-

最近では、映像制作を生業にしているプロダクション以外にも、映像制作業に参画する企業が増えて来ている。これらの業態では、主軸である本業のPR、もしくは広報ツールの一環として自社での映... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Bコース: はじめてのInter BEE -初心者でも納得の楽しみ方-

Bコースは、これから映像業界を目指す学生や、映像業界にそれほど詳しくない一般の人向けにお勧めしたいコースだ。映像業界は報道カメラマンや中継カメラマン、番組編集マン、サウンドエンジニ... 続きを読む

[Inter BEE 2012の歩き方]Intro:最小限で最大の効果を生む5つの方法

映像の祭典へご案内! キンモクセイの香りが鼻を掠めるとまたこの季節が来たと思う。そう、映像関係者には見逃せないイベントInter BEE(国際放送機器展)開催の季節である。今... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Inter BEE 2012の歩き方]Aコース: デジタルシネマ・ニュートレンド -シネマライク映像制作考-