PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]西華デジタルイメージブースレポート
Special

[InterBEE2012]西華デジタルイメージブースレポート

2012-11-17 掲載

西華産業の映像機器部門として精力的にカメラや周辺機器など様々な製品を扱っていたが、2012年4月に西華デジタルイメージ株式会社として独立し、今回が設立されてから初のInterBEE出展となる。主な出展製品は非圧縮デジタルレコーダーのCodex製品のほか、柔軟性の高いライブグレードユニットPandora Pluto:、DIT システムのColorfront On-Set DailiesおよびモバイルデイリーシステムColorfront Express Dailies、高解像度電子ビューファインダーCineroid EVF4RVWなどが出展された。

Codex On Board S Plus

interbee2012_seika_0724.jpg

デジタルレコーダーのCodex On Board S Plus。キヤノンEOS C500のCanon Cinema RAW出力に対応したSSDマルチフォーマットレコーダー。VFS(バーチャル・ファイル・システム)機能により、撮影時にRAWデータの生成とクイックタイムやDPXなどを生成して再生確認ができるほか、現像処理を行わずに現場で撮影データの確認が行える。

Codex Vault S Process

interbee2012_seika_0720.jpg

モジュラータイプのファイルマネージメントユニットCodex Vault S Process。ARRI RAW、非圧縮HD、ソニーF65、キヤノンCinema RAWなどの4kフォーマットに対応しているほか、Codex DatapackやCapture Drive、SxSなど様々なディバイスに対応している。キャプチャーまたはインジェストしたファイルをARRI RAWやDPX、NDxHD、MXF/ProResに変換可能。

Pandora Pluto

interbee2012_seika_0721.jpg

ディスプレーカラーマネージメントシステムPandora Pluto。3D & 1D LUTマネージャーや3Dプロセッサーなどの機能をもっており、オンセットのライブグレーディングやLUTの管理を行うことが可能。色域外の信号を警告するリーガライザー機能やユーザー設定可能なセーフティーマーカー、ブランキング制御機能、テストパターン発生器、タイムコードバーンイン機能なども装備されている。

Colorfront On-Set Dailies

interbee2012_seika_0716.jpg

オンセット用ファイル変換ソフトウェアColorfront On-Set Dailies。各種バーンインやカラーグレーディング、ウェーブフォーム、ヒストグラム、ステレオ解析ツールなどを装備しており、デジタル画像取り込みから同期、ログ記録といった作業を迅速にこなすことが可能。ARRIRAW、PRORES 4444, ALEXA、非圧縮DPX、R3Dファイル(RED ONE M-X、EPIC)、SI-2K、PHANTOM HD/FLEX/65といったフォーマットに対応しているほか、共有SQLデータベースで多様なメタデータをXMLベースのフォーマットでサポート。ハイパフォーマンスで極めてオープンな環境でメタデータ管理が可能。

高解像度電子ビューファインダーCineroid EVF4RVW

interbee2012_seika_0725.jpg

高解像度電子ビューファインダーCineroid EVF4RVW。HDMIおよびHD-SDI入力に対応しており、デジタル一眼を始めとしてビデオカメラなどほとんどのカメラで使用可能。フォーカシングを補助するピーキング、ピクセル等倍拡大機能、ゼブラ、クリップガイド、フォールスカラーによるカメラ露出制御のアシスト機能、画角の確認が容易なアンダースクリーン&クロップガイドなど様々な便利機能が搭載されている。


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2012]キヤノン:CINEMA EOS SYSTEMセミナー ~見せます!EOS C500と4Kの使い心地~

Inter BEE 2012 のキヤノンブースで催されていたCINEMA EOS SYSTEMセミナーです。 講師:テクニカルディレクター 山本久之(マウントキュー株式会社) ... 続きを読む

[InterBEE2012]出口調査インタビュー

InterBEE2012開催期間中、来場者の方々から率直なInterBEEの感想を直撃してみました。 出口インタビューに答えていただいた皆様ありがとうございました。やはり出口... 続きを読む

[InterBEE2012]ヤマハブースレポート

2013年1月発売のスピーカーシステムSTMシリーズや2013年2月に発売のパワードTDコントローラーNXAMPのほか、オーディオネットワークDanteにより複数台のI/Oラックを... 続きを読む

[InterBEE2012]ローランドブースレポート

プロオーディオ部門と映像・放送機材関連部門の2ブースで出展していた。注目を集めていたのはHDMI端子での接続が可能なマルチフォーマットスイッチャー「V-40HD」だ。入力は4チャン... 続きを読む

[InterBEE2012]スターコミュニケーションズブースレポート

今回PRONEWS Liveでも使用し、大活躍した移動ライブ配信パックTVUを扱う同社。出展されていたのは3G、4G、Wi-Fi/WiMAXなどの無線回線を使った映像伝送システム「... 続きを読む

[InterBEE2012]オートデスクブースレポート

シアターデモンストレーションと体験コーナーでSmoke 2013が紹介されていた。シアターデモンストレーションでは、Smoke 2013の基本的な活用方法やユーザデモンストレーショ... 続きを読む

[InterBEE2012]ニコンブースレポート

昨年まではニコンシステムがブースを出して画質評価ツールなどを出展していたが、今年はニコンイメージングジャパンが動画機能を搭載したデジタル一眼を出展した。カメラグランプリで大賞を受賞... 続きを読む

[InterBEE2012]ティアックブースレポート

テープレコーダーが主流だった時代からレコーダー関して定評のある同社は、CDやメモリーレコーダー、輸入ブランドbeyerdynamicのデジタルワイヤレスマイクロホンシステムやDRA... 続きを読む

[InterBEE2012]オタリテックブースレポート

親会社のオタリが製造したマルチトラックレコーダーのようなトランスポート系製品を中心に関連製品を扱っていたが、DAWの普及とともに扱う商品の主軸がミキサーやスピーカーなどの海外オーデ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]西華デジタルイメージブースレポート