PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]ニコンブースレポート
News

[InterBEE2012]ニコンブースレポート

2012-11-19 掲載

昨年まではニコンシステムがブースを出して画質評価ツールなどを出展していたが、今年はニコンイメージングジャパンが動画機能を搭載したデジタル一眼を出展した。カメラグランプリで大賞を受賞したD800やデジタル一眼のフラッグシップモデルD4といったDムービー動画対応のデジタル一眼や各種交換レンズといった製品のほか、こうしたカメラで撮影されたコンテンツの紹介やセミナーなどで、基本的にはNABの出展を日本風にアレンジしたような印象だ。いち早くデジタル一眼にHD動画撮影機能を搭載したのはニコンのD90であったが、記録フォーマットや圧縮コーデックなどで、その後発売されたキヤノンほうが有名になってしまったようだ。ビデオ用のレンズもハイビジョン創世記には手掛けており、ENG用のレンズも発売していたが、事業部自体が消滅してしまい、ビデオ業界へのアプローチに一から出直している現状は、どこか遠慮がちな気もする。

D4およびD800のセンサーサイズは35.9×24.0mmのニコンFXフォーマットを採用。デジタル一眼用に開発されているDXのレンズでは、FXのイメージサイズをカバーできないためセンサーをAPS-C範囲で撮像できるDXモードを搭載している。さらにD4では1920×1080の範囲で撮影できるHDのモードを搭載している。こうしたモードを搭載することで、レンズの互換性を高めたともいえるが、偽色の面でも有利である。D800とD800Eが異なる特性のローパスフィルターを搭載しているのもこのあたりの問題解決の一つといえる。

ちなみにInterBEE会期中の11月14日、同社はDムービーの魅力を作品を通してアピールするサイトD-MOVIE CREATIVE LABを公開。デジタル一眼による動画撮影を積極的にアピールし始めている。

D800&D4

InterBEE2012_nikon_1.jpg

1920×1080/30pのフルHDに対応した動画収録が可能なD800。D800には光学ローパスフィルターの特性が異なるD800Eという姉妹機もある

InterBEE2012_nikon_2.jpg

同社のフラッグシップモデルD4。D4にはセンサー範囲をフルに使うFXとAPS-C 範囲のDX、1920×1080のHDという3つのモードが用意されている

ワークフローの展開

InterBEE2012_nikon_3.jpg

HDMIコネクターを装備しており、外部レコーダーを接続することで非圧縮動画の収録も可能。会場ではAJA KiProと組み合わせてデモ撮影をしていた

InterBEE2012_nikon_4.jpg

その場で撮影した動画をEDIUSで編集するデモ。グラスバレーのSTORM MOBILEでHDMI経由のキャプチャー。1920×1080 4:2:2の非圧縮データーをEDIUS 6で編集という一連のワークフローを紹介

InterBEE2012_nikon_5.jpg

乃木坂46の4thシングル映像コンテンツ予告編やD-MOVIE CREATIVE LABサイトで公開されているKuba、眠れる森の美女などの上映や制作ワークフローの解説、トークショーなどが行われた


[ Category : , ]
[ DATE : 2012-11-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.02 現場でのスピード感や12bitの表現力を両立したニコンZ7+NINJA V

txt:村上岳 構成:編集部 ニコンZ 7の魅力 筆者は元々、スチルのフォトグラファーである。その時からずっとニコンのカメラとレンズを使用している。映像を撮ってみようと... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.02 ニコンは発売前の「D6」やNIKKOR Z レンズの新製品を初展示

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 CP+2020で注力した幻の動画コーナーとは? 東京都港区にあるニコンイメージングジャパンにて、CP+2020ニコンブースについてさ... 続きを読む

[BIRTV2019]Vol.03 ニコン、Noct0.95大口径レンズやフルフレーム対応ミラーレス用ProRes RAWソリューション展示

txt・構成:編集部 0.95の浅い被写世界深度で被写体を強調できる「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示 ニコン(NIKON IMAGING... 続きを読む

[4K・8K映像技術展Report]Vol.07 ニコンブース:配信やカメラコントロールが可能な4Kワンオペライブ配信ソリューションを展示

少人数でもライブ配信が可能な4Kワンオペライブ配信ソリューション ニコンは、一眼カメラやミラーレスカメラでお馴染みのニコンは、動画のライブ配信をするためのワンマンオペレーショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[NAB2019:Nikon]フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を展示。映像撮影に必要なものをワンパッケージにした「Z 6フィルムメーカーズキット」にも注目

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]ニコン/ニコンイメージングジャパンブース:フルサイズミラーレスカメラ Z 7/Z 6やNIKKOR Zレンズシリーズなどを展示

ニコンはフルサイズミラーレスカメラ Z 7やZ 6の開発中ファームアップ情報展示や最新のNIKKOR Zレンズシリーズ、新COOLPIXシリーズとしてA1000やB600などを出展... 続きを読む

[NAB2018:ニコン]ビデオ撮影に特化した「D850フィルムメーカーズキット」やD850で撮影をした8Kタイムラプスムービーを展示

DSLRビデオをワンセットにした「D850フィルムメーカーズキット」を展示 ニコンブースで目に止まったのは、米国のみ販売を開始した「D850フィルムメーカーズキット」。フルフ... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2012]ニコンブースレポート