PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2013]Day01(4月8日) 3D、HD、2K、4K、8K、これからどうなる映像業界
Special

[NAB2013]Day01(4月8日) 3D、HD、2K、4K、8K、これからどうなる映像業界

2013-04-09 掲載

珍しい悪天候とは裏腹に熱い会場

展示会初日、ラスベガスでは珍しく朝から雨模様。日中回復したものの時々小雨がぱらつくというコンディションだ。その分多少はしのぎやすいのだが、NAB会場内は数時間で早くもヒートアップ。多数の来場者で芋洗い状態だ。

HDや3Dで沸いた数年前と比べ、ギリシャショックのせいか会場内にところどころ空き地ができた昨年あたり。他業種の参入や本流以外の製品を手がけるメーカーが増えてきたように思う。それはデジタル化であったり、放送以外の例えば写真業界や映画業界の参入によりボーダレス化が進んだ結果と言えるだろう。

こうしたボーダレス化は4Kへと進み、インターフェースや記録フォーマットの標準化を待たずにフライング状態でのスタートを切っている。当然今年はカメラやモニターなど4K対応の製品が各社から多数出品されており、撮影から編集などの後処理、視聴環境など一般ユーザーへのインフラも含めて整いつつある。特に4Kといっても目新しさがなくなってきたというのが、初日会場内の第一印象だ。

加えて放送機器を扱ってきたメーカーもキヤノンのようにデジタル一眼の動画への利用をきっかけにEOS MOVIEシステムを立ち上げたり、ブラックマジックデザインがカメラを発売するなど、本流だった商品以外にも幅を広げ、キヤノンはEOS MOVIEシステムを使った映像制作をアピールするため、パナソニックの隣に大きなシアターを設け、既に動画制作で実績を上げている。昨年低価格なカメラを発表し、話題となったブラックマジックデザインは、新たなカメラを発表することで、ラインナップの拡大を図っている。

さて、そうした中でNHKが提唱する8Kがポスト4Kとしてコマを進めつつある。ちょっと前までは夢物語のようなレゾリューションだったが、カメラに関しては実用的になってきたようだ。8Kといえば1、2年前は何十kgもある箱型のカメラが一般的だったが、日立からENGタイプのカメラが出展されていたり、4Kのカメラで先行していたアストロデザインからは、さらに小型なものが出展されていた。

ブラックマジックデザイン
NBA2013_day01DSC_0526.jpg

ブラックマジックデザインBlackmagic Pocket Cinema Camera。一見してコンパクトデジタル一眼のような外観だが、Lossless CinemaDNG RAWやApple ProRes記録が可能な動画カメラ

NBA2013_day01DSC_0530.jpg

ブラックマジックデザインBlackmagic Production Camera 4K。いよいよというかやはり出た4K対応。スーパー35mmサイズのセンサーを採用

日立
NBA2013_day01DSC_0416.jpg

日立スーパーハイビジョンカメラ。33メガピクセルのCMOSを採用した単板式。現状別途CCUが必要だがカメラとは光ファイバーケーブル1本で接続可能

アストロデザイン
NBA2013_day01DSC_0499.jpg

アストロデザイン8KカメラAH-4800。NHK開発の2.5型のCMOSセンサーを採用。マウントはPLマウントを採用

4K8Kいまここにある未来

4Kや8Kはまだこれからの普及だが、すでに当たり前となったHDでも新たな展開がある。パナソニックはAVC-ULTRA対応のカメラとしてAJ-PX5000のほか、新たなハンドヘルドタイプのカメラを出展。ソニーもPMW-F55のほか、XAVCに対応したレコーダーなどを出展している。すでに実運用がされているHDだが、まだまだ新たな展開がありそうだ。

パナソニック
NBA2013_day01DSC_0441.jpg

パナソニックAJ-PX5000。記録フォーマットにAVC-ULTRAを採用したほか、microP2メモリー対応やネットワーク機能などを備えている。秋頃の発売が予定されている

NBA2013_day01DSC_0444.jpg

パナソニックのAVC-ULTRA記録が可能なハンドヘルドタイプのカメラ。1/3型3CMOSを搭載、プレイリストの編集やワイヤレスLANなどに対応している。現状まだモックアップのようで、ケース内に収納しての出展

ソニー
NBA2013_day01DSC_0312.jpg

ソニーPMW-F55。昨年末にRAWレコーダーAXS-R5と同時期に発表となったもの。その後XAVC QFHD記録モード対応へのファームアップなどの仕様変更があった。4Kで約2.5倍、2Kで約10倍のスーパースローモーション撮影が可能

NBA2013_day01_DSC_0262.jpg

ソニーPMW-1000。MPEG HD422(50Mbps)、MPEG HD420(35Mbps)などプロフェッショナルディスクと同じXDCAMフォーマットに加え、新しく追加されたXAVCフォーマットにも対応


Day00 [NAB2013デイリーレポート] Day02

[ Category : , ]
[ DATE : 2013-04-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2015:ATOMOS]ATOMOS日本法人社長 戒能氏が語るATOMOS製品の今と未来

(※個人の役職名は取材当時の名称。2017年8月末、戒能氏はATOMOS株式会社 代表取締役社長を退任) 展示ブースとドーム型シアターで盛り上がるATOMOS 数多くの... 続きを読む

[NAB2015:Autodesk]SHOTGUN、Flame、Mayaなどの最新バージョンを展示。アーティスト同士の作業効率化を図った製品展開

Autodeskブース動画 Autodeskブースレポート Autodeskは昨年と同様、新しくなった製品の紹介を行う大きなブースをメインにFlame、Maya、3ds... 続きを読む

[NAB2015:パナソニック]注目の新製品「AG-DVX200」を発表。様々な市場向け製品とサービスを提案

パナソニックブース動画 パナソニックブースレポート パナソニックは制作向けラインナップ拡充とクラウドワークフローおよび4K+IPの3つのカテゴリーを軸に放送局からビジネ... 続きを読む

[NAB2015:FREEFLY SYSTEMS]ジンバルシステム「MIMIC」やレンズコントロールを行う「MoVI XL」などの新製品を展示。ハンズオンコーナーも大盛況

FREEFLY SYSTEMSはカメラをトップマウントするALTAやジョイスティック、ノブ、ホイールでコントロールしない新しいジンバルシステムMIMIC、フォーカスやアイリス、ズー... 続きを読む

[NAB2015:TVU Networks]コンパクトモバイルオールインワンIP映像伝送ソリューション「TVU One」を発表。DJIとのコラボレーション空撮取材パックも展示

TVU Networksブース動画 TVU Networksブースレポート TVU Networksは今回のNABでTVUPackモバイルIPネットワークソリューシ... 続きを読む

[NAB2015:ソニー]4K制作のワークフローやシステムを展示。4K対応のカメラやメモリープレーヤーの新製品も発表

SONYプレスカンファレンス動画 ソニーブース動画(360°) Kodak SP360で撮影したパノラマ動画です。視点変更機能を利用するにはPC用のChromeブラ... 続きを読む

[NAB2015]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2015の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ソニー、サムスン、360Herosブースなどからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2015]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2015の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。キヤノン、FREEFLY SYSTEMS、ARRI、パナソニックブースなどからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2015]朋栄ブース(動画)

NAB2015の朋栄ブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2013]Day01(4月8日) 3D、HD、2K、4K、8K、これからどうなる映像業界