PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2013もう一つの視点]Vol.05 オブリビオン:アカデミー受賞、撮影監督クラウディオ・ミランダとDITアレックス・カーが語る
Special

[NAB2013もう一つの視点]Vol.05 オブリビオン:アカデミー受賞、撮影監督クラウディオ・ミランダとDITアレックス・カーが語る

2013-04-15 掲載

F65とクラウディオ・ミランダ氏 | © Universal Pictures /David James

注目のカンファレンスから

山下香欧

「”Oblivion”: Shooting Oblivion with Cinematographer Claudio Miranda, ASC and DIT Alex Carr」は、NAB開催2日目の午後、クリエイティブマスター・シリーズの一連として開催された。

NAB2013_Obvilion1.jpg

「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督、トム・クルーズが主演する、ユニバーサルピクチャーズ配給「Oblivion(オブリビオン)」は、ソニーF65で撮影した初めての作品だ。ロケーション撮影は3月末から。アカデミー賞受賞者でもある撮影監督クラウディオ・ミランダ氏、DITのアレックス・カー氏が、デジタルワークフローと撮影技術について語るパネルディスカッション。 2人のほか、ソニーエレクトロニクスからビジネス開発担当マネージャーのキース・ビッジャー氏およびテクニカラーのロケーションサービス担当副社長のデビッド・ワーターズ氏もステージに揃った。モデレーターはASCデジタルタイムスのジョン・ファウアー氏。

オブリビオンは米国では今週から劇場公開された、想像を超える壮観な未来の地球を舞台に異星人と地球人生存者たちの戦いを描いたSFスリラー映画。製作費は約1億ドルと言われている。

© Universal Pictures

会場ではソニー4Kのプロジェクターにオブリビオンの各シーンが上映され、それらに合わせて監督たちから解説があった。 大きく分けてスカイタワーと外の背景、そして雲のフォーメーションだ。

カメラはフジノン製プリミアズームレンズを装着した2台のカメラシステムを使った。撮影全体で20台以上のフロントスクリーンプロジェクションを使って投影を駆使し、自然で臨場感あふれる光を表現した。

F65とジョセフ・コシンスキー氏 | © Universal Pictures /David James

クラウディオ氏は使える限りカメラをテストして、作品シーンが求める焦点とスコープを撮るのに相応しいと感じたソニー製F65に決めたという。氏は作品に2つの様式があり、1つはプラットフォーム塔内のようにクリーン(清潔感)で無菌環境な部分、そしてもう1つは汚れたザラザラ感がある素朴な世界だという。スカイタワーから見る雲の陰りにある光源、そして下にはごろごろした火山岩。氏は「ニュアンスを観てみたかった」と、両極端な世界の表現の工夫について語った。

「照明に関して、プロジェクト全体の設計に多くの時間を費やした」と、ブルーバックスクリーン(合成スクリーン)を極力利用しなかったことも理由の一つだという。リアルなセットを組み上げることで、出演者たちは想像しなくても自然にそのシーンにのめりこめる。撮影は、ハワイの火山頂上近くでも2週間ほど行った。カー氏によると、雲の形状など、撮ったフッテージを合わせると15Kにもなるという。152.4mx12.8mにもなるシーンは、スカイタワーの背景となる。フロントプロジェクションで投影したこれらのイマジネーションの世界で演技をする出演者の自然な演技は、視聴者を没入させる環境を生み出した。

NAB2013_Obvilion6.jpg

© Universal Pictures

今回の大規模プロジェクトのワークフローの背景についてもディスカッションがあった。ワークフローには膨大なRAWファイルのデータ容量の管理と、テクニカラーがカスタマイズしたシステムが大きく関わっている。F65という初めてのカメラシステムのため、メーカー側の協力要請は否めない。さまざまなロケーションのセット近くでスクリーンデイリーができる環境が必須となったため、トレーラーにデイリーシステムを組み上げる、いわゆるモバイルシステムと、テクニカラーのグローバルデイリーの提案が成された。システムにはFlameLogicとDP Lightsオンセット・カラーグレーディングシステムがトレーラーに載せられた。


Vol.04 [NAB2013もう一つの視点] Vol.01

[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-04-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2015:ATOMOS]ATOMOS日本法人社長 戒能氏が語るATOMOS製品の今と未来

(※個人の役職名は取材当時の名称。2017年8月末、戒能氏はATOMOS株式会社 代表取締役社長を退任) 展示ブースとドーム型シアターで盛り上がるATOMOS 数多くの... 続きを読む

[NAB2015:Autodesk]SHOTGUN、Flame、Mayaなどの最新バージョンを展示。アーティスト同士の作業効率化を図った製品展開

Autodeskブース動画 Autodeskブースレポート Autodeskは昨年と同様、新しくなった製品の紹介を行う大きなブースをメインにFlame、Maya、3ds... 続きを読む

[NAB2015:パナソニック]注目の新製品「AG-DVX200」を発表。様々な市場向け製品とサービスを提案

パナソニックブース動画 パナソニックブースレポート パナソニックは制作向けラインナップ拡充とクラウドワークフローおよび4K+IPの3つのカテゴリーを軸に放送局からビジネ... 続きを読む

[NAB2015:FREEFLY SYSTEMS]ジンバルシステム「MIMIC」やレンズコントロールを行う「MoVI XL」などの新製品を展示。ハンズオンコーナーも大盛況

FREEFLY SYSTEMSはカメラをトップマウントするALTAやジョイスティック、ノブ、ホイールでコントロールしない新しいジンバルシステムMIMIC、フォーカスやアイリス、ズー... 続きを読む

[NAB2015:TVU Networks]コンパクトモバイルオールインワンIP映像伝送ソリューション「TVU One」を発表。DJIとのコラボレーション空撮取材パックも展示

TVU Networksブース動画 TVU Networksブースレポート TVU Networksは今回のNABでTVUPackモバイルIPネットワークソリューシ... 続きを読む

[NAB2015:ソニー]4K制作のワークフローやシステムを展示。4K対応のカメラやメモリープレーヤーの新製品も発表

SONYプレスカンファレンス動画 ソニーブース動画(360°) Kodak SP360で撮影したパノラマ動画です。視点変更機能を利用するにはPC用のChromeブラ... 続きを読む

[NAB2015]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2015の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ソニー、サムスン、360Herosブースなどからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2015]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2015の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。キヤノン、FREEFLY SYSTEMS、ARRI、パナソニックブースなどからお届けします。 ... 続きを読む

[NAB2015]朋栄ブース(動画)

NAB2015の朋栄ブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2013もう一つの視点]Vol.05 オブリビオン:アカデミー受賞、撮影監督クラウディオ・ミランダとDITアレックス・カーが語る