PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから
News

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから

2013-10-03 掲載

アジア最大級の通信・情報・映像総合展CEATEC JAPAN 2013が開催された。生活に密着した家電製品を初め、最先端の電子部品・デバイスなどのほか、4K・8Kテレビやスマートフォン等のモバイルコミュニケーション、スマート化が進む通信や電力などのネットワーク技術などが一堂に会された。また、自動車も例外ではなく電気自動車のほか各種情報表示など様々な取り組みがなされている。こうした多様化するディスプレイのカタチを中心にレポートしよう。

既に映像はHDではなく4Kや8Kへシフトが進み、商品化への様々な取り組みが始まっている。これは、2014年に4K、2016年に8Kという総務省の意向や欧米では2015年度中に4K本放送実施が検討されているなか必然ともいえる。また、単にレゾリューションが4K・8Kになるだけでは国際的優位性は望めないため、現実的な対応の他にも技術的な付加価値が必要とされる。それは、色域の拡大や画質といった面だけでなく、ディスプレイを中心にどのようなインターフェースを考えるかということでもあるようだ。

様々なディスプレイが集う会場から

■NHK/JEITA
CEATEC13_02_01.jpg

2016年に試験放送が開始予定8K SUPER Hi-VISION。NHK/JEITAブースではシアター形式でのデモと家庭での視聴を想定した液晶ディスプレイで視聴できるデモを行った。すでに家庭での視聴を前提とした実用段階ともいえるアピールだ。

CEATEC13_02_02.jpg

SUPER Hi-VISIONには4Kと8Kがあり、4Kは当初予定の2016年から2年前倒しした2014年の夏に開始する方針が総務省から発表されている。NHK/JEITAブースでは8Kだけでなく来年に迫った4KのメリットもさかんにPRされていた。

■パナソニック
CEATEC13_02_03.jpg

DisplayPort1.2aやHDMI 2.0準拠の入力に対応したパナソニック65型4K対応液晶テレビTH-L65WT600。4K/60pの4:4:4入力対応で4K対応のPCゲームを楽しむことができるほか、フルHDやSD画像を高精細な4K映像にアップコンバートする4Kファインリマスター機能を搭載。様々なソースに対応することで、現在から将来にわたり使うことが可能。10月中旬発売予定

CEATEC13_02_15.jpg

4Kダイレクトクロマアップコンバートplus。ハイビジョン領域の色信号補間を経ずに、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号にアップコンバートすることにより、鮮度が高く、自然な質感と立体感にあふれた映像を実現

■NLTテクノロジー
CEATEC13_02_04.jpg

ディスプレイ画面は四角という常識を覆す、任意形状技術により様々な形状のディスプレイを実現。写真は円形だが三角や星形なども可能という。

CEATEC13_02_05.jpg

アイトラッキング3Dシステム。同社が開発した3D画像処理エンジンTR3i(Truly Realistic 3D Imaging)と裸眼3D表示技術HxDP(Horizontally x times Density Pixels)により、観察者の位置で画像が二重に見えることや、左右の目に入る画像が逆転する逆視像が発生してしまう問題を解決。自然でシームレスな裸眼3D表示を実現したもの。

■アスカネット
CEATEC13_02_06.jpg

アスカネット空中レシピ。被写体の実像をリアルタイムに空中に写し出すことができる特殊なプレートAIP(エアリアルイメージングプレート)により画像を空中に映し出すことができる。写真やコップなどの実物を空中結像することが可能でリアルな画像を裸眼で見ることができる。

■新日鉄住金ソリューションズ
CEATEC13_02_07.jpg

新日鉄住金ソリューションズVuzix Smart Glasses M100。Android搭載のAR拡張現実ソリューション。HMDとカメラが搭載されており、提供されるSDKを利用することで、今までになかった様々なアプリケーションを構築できる。Google Project Glassが発表されたこともあり、こうしたスタイルのウェアラブルコンピューターも今後一般的になってくることだろう。

■サンワサプライ
CEATEC13_02_08.jpg

モバイルプロジェクターPRJ-5。MHLアダプターを内蔵しており、対応スマートフォンなどと接続することで簡単に映像を投射できる。小型ながらDLP搭載で85ルーメンの明るさ。

■シャープ
CEATEC13_02_09.jpg

シャープ15.6V型ノートPC向けIGZO 4K2Kディスプレイ。ブース内のIGZO WorldゾーンにIGZOディスプレイを搭載したスマートフォンやノートPCなどを展示。テレビやPCなど今後4Kは共通した解像度となりそうだ。

CEATEC13_02_10.jpg

シャープ7V型IGZO MEMS(Micro Electro Mechanical System)ディスプレイ。MEMSはバックライトの光を直接シャッターで調節する構造のため、カラーフィルターや偏光板が必要なく効率が良い、したがって液晶などのディスプレイに比べ、省電力化や色再現性、視野角、応答性で優れているという。

CEATEC13_02_16.jpg

シャープフルHDパネルで4K相当の高精細表示を可能にするAQUOSクアトロンプロ。RGBにYのサブピクセルを備えたクアトロンパネルの駆動技術を改良し、高精細な表示を実現したもの。4つのサブピクセルは独立して駆動し水平解像度を2倍に向上。縦方向はMPD(マルチピクセルドライブ)で時分割駆動を行うことで高精細化を実現。

■ミツミ電機
CEATEC13_02_11.jpg

次世代レーザープロジェクターソリューション。自社開発のMEMS 2軸走査型ミラーと独自の画像制御回路を組合せた次世代レーザープロジェクターソリューション。レーザー走査方式ヘッドアップディスプレイを車に搭載し、各種情報などをフロントガラスに表示するというデモ。

■パイオニア
CEATEC13_02_12.jpg

次世代IVI(In-Vehicle Infotainment)。フロントガラスに案内の矢印やルートガイド情報などを表示することで、運転中に視線を動かさずに情報を認識できる。フロントガラスにAR(拡張現実)情報を映し出すHUD(ヘッドアップディスプレイ)、立体音響による直感的な聴覚情報アシスト「AUI(Auditory User Interface)」、触覚フィードバックを備えたステアリング操作デバイス「Feely-Pad」など近未来の車室内空間デモ。

■NTT ドコモ
CEATEC13_02_13.jpg

NTTドコモGALAXY Gear(スマートウォッチ)。Bluetooth経由でGALAXYと接続。電話やメールの着信通知のほか、撮影やボイスメモなども可能。本体に写真が保存できるほか、動画撮影も可能。

■インテル
CEATEC13_02_14.jpg

インテルはPC搭載のカメラを利用した3次元認識ゲームや大画面ジェスチャーコントロールのゲームなどユーザーインターフェースの新しい提案を行った。写真はSHIKUMI DESIGNが提供する3次元認識ソリューションによるゲームで、人間の動きを赤外線センサーで検知して画面のCGとカメラで撮影したプレーヤーの画面を合成してゲームを構成している。


Vol.01 [CEATEC JAPAN 2013] Vol.03

[ Category : ]
[ DATE : 2013-10-03 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから