PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス
News

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス

#CEATEC JAPAN #Report NOW! #CEATEC JAPAN 2013

2013-10-04 掲載

CEATECでは製品はもちろん最新のディバイスなども出展されている。これらは発売間際の製品もあれば、開発途上のものもあり、なかには想像もできない製品に組み込まれるディバイスもある。今回展示されたこうしたものの中から映像や音声などに関わりがありそうなものを中心に紹介しよう。

注目のSeeQVault出揃う

CEATEC13_03_01.jpg

SeeQVaultは、様々な対応機器での再生互換性と強固なセキュリティを同時に実現する新たなコンテンツ保護技術で、SDカードやUSBメモリー、ハードディスクなどに適用可能。いずれもSeeQVaultに対応していることが必要だが、ソニーや東芝がメモリーなどの発売を発表しており、HDコンテンツの記録に新たな選択肢となる模様。従来記録を行ったレコーダーでなければ再生できないといった問題があったが、SeeQVaultを利用することで、こうした縛りから解放されるほか、4Kなどにも対応可能となっており、今後の普及が期待される。

SeeQVaultは、パナソニック、サムスン、ソニー、東芝4社が2011年から開発を進めてきた新たなコンテンツ保護技術で、今年の1月に設立された会社NSM InitiativesLLCがライセンス提供を行っている。

CEATEC13_03_02.jpg

東芝SeeQVault対応16GB&32GB microSDメモリーカード。最大転送速度は、読み出し40MB/s、書き込み20MB/秒。SDメモリーカード規格Ver.2.0に準拠しているので、従来のSDHC対応機器でも利用できるほか、CPRM技術も搭載している。

CEATEC13_03_03.jpg

ソニーSeeQVault対応ポータブルワイヤレスサーバーWG-C20。スマートフォンやタブレットPC内のデーターをワイヤレスでSDメモリーカード、USB外付けハードディスクなどにコピーが可能。microSDメモリーも合わせて発売になる。

CEATEC13_03_04.jpg

試作品のSeeQVault対応クレードル。データーの転送やメモリーへの電源供給もワイヤレスで行うことが可能。クレジットカードサイズとなっているが小型化も可能で、カメラなどの記録メディアとしても使うこともできる。

次世代ユーザーインターフェースFingerLink

CEATEC13_03_05.jpg

富士通次世代ユーザーインターフェースFingerLink。デスク上の地図や書類などを読み取り、読み取った内容に応じた情報を投射することができる次世代ユーザーインターフェース。たとえば、地図に描かれた地形を認識して、地図上を指さすことでその地域の情報を投射したり、その情報を携帯端末に転送したりできる。来年をめどに開発が進んでいるという。

番組連動放送Hybridcast

CEATEC13_03_06.jpg

9月2日にサービスを開始した番組連動放送Hybridcast(ハイブリッドキャスト)。NHKが開発を進めてきたこの技術を基にすでにいくつかの放送が始まっているが、テレビ朝日やTBS、フジテレビ、WOWOW、北海道テレビなどが実用化に向けて進めており、対応受信機が発表されるなど、いよいよ実用化のときを迎えている。

次世代移動通信(5G)

CEATEC13_03_07.jpg

NTTドコモ次世代移動通信(5G)。現行のLTEと比べて1000倍以上の容量拡大が可能になる次世代移動通信(5G)は東京オリンピック開催の2020年ころの商用化を念頭に進められている。iPhone 5やGalaxyの普及に伴い動画を始めデーター通信量の増大に伴うトラフィック解消のため期待されている。ブースではシミュレーターを使った高速・大容量・低遅延をデモしていた。

まだまだ見つかる新しい潮流

■タックシステム
CEATEC13_03_09.jpg

AKiTiO Thunder Hub、Neutrino Thunder D3、Neutrino Thunder Duoなど。Computex 2013で披露されたThunder Hubの実機が展示されていた。Thunderbolt×2ポートにE-SATA、USB3.0、1394Bポートを備えている。

CEATEC13_03_10.jpg

ADDER KVMシステム。2系統のDVIまたはHDMI信号、オーディオ、USB2.0をLANケーブルで50mまで延長することができるX-DVI PRO-MSのほかDisplayPortやThunderbolt videoに対応したLink XD522など、PCとキーボード&ディスプレーなどをマシーンルームなど離れたところに設置できる。

■アストロデザイン
CEATEC13_03_11.jpg

アストロデザインはコンテンツエクスペリエンスゾーンに2K4Kモニターやレコーダーを出展。独自ブースではプロトコルアナライザーVA-1839などの測定機器を出展。写真はGVIF(Gigabit Video InterFace)の各機能を表示・測定することができるプロトコルアナライザーVA-1839。

■計測技術研究所
CEATEC13_03_12.jpg

HD→4Kアップコンバート+FE超解像変換FEシリーズ。ナイキスト周波数を超える成分を独自技術によって生成し、リアル4Kに迫る高精細な映像をリアルタイムに変換できるアップコンバーター。コンテンツエクスペリエンスゾーンで出展。

■京セラ
CEATEC13_03_13.jpg

ピエゾスピーカー。壁や机などに接触(置く)させるとそれがスピーカーになるというもの。参考出品だが1mm厚のピエゾスピーカーとともにデモされていた。機器への組み込みのほかサラウンドスピーカーなど様々な利用が期待できそうだ。

■フォスター
CEATEC13_03_14.jpg

超音波パラメトリックスピーカーシステム。指向性が鋭く狙ったところに音声を届けることができる。ガンマイクと組み合わせることで遠距離通話システムとして使うことも可能。

■KOA
CEATEC13_03_15.jpg

マッスルスーツ。圧縮空気を特殊なチューブに送り込むことで、筋肉と同じ役割を担う動作補助ウェア。KOA株式会社と東京理科大学(小林宏研究室)が共同開発したもので、重たい荷物を持ち上げても腰を痛めない。障害者への補助機器としての使用も可能という。ただ、重たいものを持ち上げる場合、力だけでなくバランスも重要で、そのあたり慣れが必要かもしれない。


Vol.02 [CEATEC JAPAN 2013] Vol.04

[ Category : ]
[ DATE : 2013-10-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

特集記事

CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス