PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014]Day00(4月6日) プレスカンファレンスから始まるNABshow
Special

[NAB2014]Day00(4月6日) プレスカンファレンスから始まるNABshow

2014-04-07 掲載

4Kに向けて加速するNAB

景気の行方は何とか良い方向へと向かっているようで、NABの会場も一時期のような空きスペースもなく満杯の様子である。明日から始まる展示会と並行して昨日からプレス向けの発表が各社から始まっており、プロダクトだけでなく今後の方向性も含めた発表が行われている。

展示会場はLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)が中心となるが、各社プレス向け発表会は各ホテルのカンファレンスルームで行う事が多い。昨年は、この戦列から離れたパナソニック。今年は、プレス向け発表会を展示会中に行うという(後日レポート)。先般モジュラータイプの4Kカメラやスイッチャーなどを発表しているほか、昨年同様のブーススペースを確保していることから、さらに大きな発表があるのでは?と思わせる向きもある。今後の方向性についてどのように発表するのか楽しみな所である。

一方ソニーは4Kをメインに着実に駒を進めている感じだ。昨年はオリンピックのため欠場したNHKも今回はスーパーハイビジョンを中心に出展している。4Kは日本で放送を開始するほか、来年地上波で韓国KBSが放送開始を発表しており、カメラやレコーダーなどコアになる機材も各社から出そろい、すでに国内では試験放送を行い伝送方式など放送に必要な要件を満たしている。

昨年とは4Kを取り巻く環境も1年で一気に様変わりしたといえよう。明日から開催される展示会もこうした流れを受けて様々な製品が出展される。特に昨年からアフォーダブルな4Kカメラや機材の発表が多く、今年から一気に4Kへ加速しそうな気配だ。ファイルベースが一般化、VTRという縛りがなくなったことで、REDやキヤノン、BMDなど放送業務用カメラメーカー以外からの参入もあり、各社とも特徴的な製品を発売している。4Kをキーワードに今年のNABはどのような展開を見せるのだろうか。明日からの展示会が待ち遠しいかぎりだ。

新時代に向けてリリースされるカメラ群

NAB2014_day0_04.jpg

本日プレス発表を行ったソニーは、民生機から放送機器など撮影から制作全般にかかわる機材をもつだけでなく、映画会社(コンテンツホルダー)も傘下に持っており、その動向は業界に大きな影響力を持っているといえる。今回のプレス発表では、Beyond Definition 4K for 2K、4K for 4K、4K for allをテーマに新製品の紹介と今後の動向などが発表された。

NAB2014_day0_02_800.jpg

カメラ関連では、ファミリーごとに新製品が並んだ。2/3型IT CCDを搭載し、S/Nの向上(62dB)など高画質化を実現したXDCAM HD 422カムコーダー「PDW-850」、2/3型FIT CCDを搭載した「PDW-750」、3層(100GB)・4層(128GB)の大容量プロフェッショナルディスクとXAVC HD記録に対応したレコーダー「PDW-HD1550」を発表。

NAB2014_day0_01_180.jpg

中でもハンディタイプのXDCAMメモリーカムコーダー「PXW-X180」に注目だ。1/3型フルHD Exmor 3CMOSイメージセンサーと、新設計による広角26.0mm、光学25倍のGレンズを搭載。MPEG HD422(50Mbps)に対応しているほか、XAVC記録にも新たに対応。さらにMPEG HD420、AVCHD、DVの各種記録フォーマットにも対応。また無段階可変NDフィルターが実装されユーザーの声が大きく反映された物となった。

「α7S」実機を紹介する業務執行役員 SVP 石塚茂樹氏

プレス発表最後に紹介されたカメラはかねてから噂のあった「α7S」だった。新開発の有効約1220万画素35mmフルサイズExmor CMOSイメージセンサーを搭載し、ISO409600という高感度を実装している。120fps/720のハイスピード撮影、S-Log2、50Mbpsの高ビットレートに対応したXAVC Sフォーマットを採用した本体でのフルHD高画質記録を可能とした。また、画素加算のない全画素読出しに対応し、4K(QFHD:3840×2160)出力することにより外部レコーダーで4K映像が記録可能となった。

プレス発表を経て明日より会場から、できるかぎり様々な情報をお届けして行くので楽しみにしてほしい!


[NAB2014デイリーレポート] Day01

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-04-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014]Day00(4月6日) プレスカンファレンスから始まるNABshow