PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014]Day01(4月7日) 新製品カメラ続々。今年のNABはカメラから目が離せない!
Special

[NAB2014]Day01(4月7日) 新製品カメラ続々。今年のNABはカメラから目が離せない!

2014-04-08 掲載

来てみてわかるNABshow2014のおもしろさ!4Kカメラ百花撩乱!

朝から汗ばむほどに快晴なここラスベガスのNAB2014会場。初日だけあって早朝から多くの来場者が詰めかけている。

すでに発表されていたパナソニックのモジュラー型4Kカメラの他、朝からブースで行われたプレス発表でBlackmagic Designが今年もまた4Kカメラを発表した。それも1機種だけではない。更にAJAでも4Kカメラを出展しており、まさに4Kカメラの戦国時代到来といった様相だ。

Blackmagic Designの4Kカメラはスポーツ中継やライブコンサートなどを想定したライブプロダクションBlackmagic Studio Cameraと制作用のBlackmagic URSAの2機種があり、更にBlackmagic URSAはEF、PL、B4マウントの3タイプがあるほか、センサーを搭載していない替わりにHDMIを搭載したモデルがある。今まではどちらかと言うと個人のクリエーターなどを想定したカメラだったが、放送やデジタルシネマを意識したコンセプトのカメラとなっている。

一方、AJAの4KカメラCIONはPLマウントを搭載した制作用のカメラとなっており、肩載せ式のENGスタイルでの撮影やシネスタイルでの撮影を想定したカメラだ。今までは、多少の使い勝手の悪さやワークフロー上の問題点があっても4Kが撮影できるカメラとしてのアドバンテージと価格から受け入れられた面もあるだろうが、カメラメーカーを含め各社から様々なカメラが市場に投入されてくると、ユーザーが求める要求も自ずと厳しいものになってくる。

特に放送用途ではスタンドアローンとしてのカメラの出来だけでなくシステムとしてどのように組み入れることができるのかも重要な要件になってくる。もちろん長期的なサポートや修理などソフト面での対応も含まれる。ただ、番組制作の大半をプロダクションが行っている現状からすると、こうした機材のコストを含めて制作費内に収まれば良しという考え方もあるわけで、長期にわたって保有機材を使いまわすのではなく、制作内容に合わせて機材をチョイスしていくという方法論も出てくるだろう。

いずれにしても機材に関する意識を変えなくてはならない大きなターニングポイントに来たといえよう。

パナソニック VARICAM 35
NAB2014_day01_01.jpg

14ストップのダイナミックレンジを持つスーパー35mmセンサーを搭載した4Kデジタルシネマカメラ。カメラ部分のモジュールを交換することでHD対応VARICAM 35になる。レコーディングモジュールはAU-VREC1でAVC-Intra 4K/Apple ProResHDに対応。RAW記録モジュールとしてCODEX社のレコーディングモジュールがある。

AJA CION
NAB2014_day01_02.jpg

グローバルシャッター方式のAPS-Cサイズのセンサーを搭載しており、12ストップのダイナミックレンジを得ている。4K/UHDと2K/HD、ProRes 4444・ProRes 422(HQ)・ProRes 422・ProRes 422(LT)・ProRes(Proxy)記録に対応。記録メディアは256GBまたは512GBのAJA Pak media。

Blackmagic Studio Camera
NAB2014_day01_03.jpg

10インチモニターにカメラ部を組み込んだような今までのカメラのスタイルを一新する特異なデザインの4Kカメラ。記録部は搭載しておらず、光ファイバーまたはSDIによりスイッチャーなどと接続して運用する。なお、バッテリーが内蔵されており、約4時間の収録が可能。

Blackmagic URSA
NAB2014_day01_04.jpg

マウントおよび異なるセンサーで3タイプのモデルが発表された。面白いのは手前のセンサー無しモデルで、HDMI接続により各種カメラを接続して使用するというもの。Blackmagic URSAはいずれのモデルもセンサー&マウント部分の交換が可能となっており、PLからEFへ、あるいはセンサー無しへと変更することができる。


Day00 [NAB2014デイリーレポート] Day02

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-04-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014]Day01(4月7日) 新製品カメラ続々。今年のNABはカメラから目が離せない!