PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014]Day02(4月8日) 加速する4Kへの取り組みに注目
Special

[NAB2014]Day02(4月8日) 加速する4Kへの取り組みに注目

2014-04-09 掲載

4Kへの進化、カメラとその周辺に動きあり!

カメラの4K化が進めば当然それ以降の機材も4K対応になるのは必然といえる。ただ、カメラの場合は極端な話、4Kのセンサー開発と現実的な記録コーデックがあればプロダクトとして成立するが、編集ソフトをはじめとした後処理系や伝送などは決められた規格がないと製品化が難しい。

単に解像度という側面だけをとらえれば編集システムとしてコーデックに対応すれば4K編集は可能だ。そこにRAWや色空間といった要素が加わるととたんに面倒になってくる。RAWはカメラメーカーが主に固有のものをもっており、各社への対応が必要だし、色空間もDCIやSMPTEなど未だ細部まで仕様が決まっていないものもある。それでもソフトウェアベースのものはバージョンアップで対応という手段もあるが、ハードに関わる製品は、部品交換か最悪製品そのものを取り替えなくてはならないからだ。

今年はこうした規格もかなり煮詰まってきたことと、見切り発車的に独自仕様で迎え撃つメーカーも出てきたことから、いよいよ本格的に4Kの時代が到来したといえるだろう。これは、日本を含め数年先に放送を控えた国があり、おのずとそれ以前からコンテンツの制作などで4K需要を見込んだものといえるだろう。また、放送以外でもイベントなど大画面ライブ映像などでも利用が始まりつつあり、対応製品が必要とされているという背景もある。

現状の4KはSDIを4本という方法と光ケーブルを採用する方法に概ね2分されている。SDI4本と言うのは4KはHDの4画面分という由来。光ケーブルは汎用のケーブルを利用でき、ケーブル1本で伝送できるメリットから来たものといえる。

他にもDVI4本とか、HDMI 1本といったPC系あるいは民生機系由来のものもある。そうしたなかで注目したいのは、Blackmagicdesignだ。昨年6G-SDI対応の製品を多数発表したが、今年は1本のケーブルで4K伝送が可能な12Gが登場した。もちろん、ソニーやパナソニックといった大手も4Kのソリューションを展開しているほか、本格的な運用に向けて各社の4Kへの入れ込みは加速している。

NAB2014_day02_01.jpg

ソニー2ME 4KスイッチャーMVX-8000X。SD/HDスイッチャーとして発売されていたものだが、4Kにも対応

NAB2014_day02_03.jpg

4Kワークフロー向けに開発されたグラフィックボードMatrox Mojito 4K。4K60pの映像を10bitカラープレシジョンを保ったままフル解像度で出力可能

NAB2014_day02_04.jpg

4K60fpsまでのハイフレームレートをサポートするKONA 4。10bitリアルタイム アップ、ダウン、クロスコンバージョン機能をもちFlame Premium 2015に対応している

NAB2014_day02_05.jpg

3G-SDIのクワッドリンクまたはデュアルリンクによる4K映像フォーマット(4096×2160、3840×2160)に対応するマルチ波形モニターリーダーLV5490


Day01 [NAB2014デイリーレポート] Day03

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-04-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014]Day02(4月8日) 加速する4Kへの取り組みに注目