PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014:Autodesk]SmokeやFlameの最新バージョンの展示、デモを開催
News

[NAB2014:Autodesk]SmokeやFlameの最新バージョンの展示、デモを開催

#NAB SHOW #Autodesk #ブースレポート #NAB2014

2014-04-17 掲載

Autodeskプレスカンファレンス動画

Autodeskブース動画

Autodeskブースレポート

毎年アップデートを行い製品に年度を入れているAutodesk。今年も映像編集フィニッシングソフトウェアAutodesk Smoke、ハイエンドVFXシステムAutodesk Flame Premiumが発表されたほか、3DCGソリューションの最新バージョンAutodesk Maya 2015、Autodesk 3ds Max 2015のデモンストレーションなどが行われた。

Autodesk SmokeはBlackmagic DesignのDeckLinkやThunderboltのUltraStudioへの対応のほか、Apple Final Cut Proへの対応はより多くのタイムライン/エフェクトのメタデータを保持できるようにSmokeシーケンスをXMLフォーマットにエクスポート可能になるなどのワークフローが強化された。

Flame 2015は4K/UHDといったレゾリューションへの対応とともにACESやREC-2020の色空間に対応する精度の高い色管理に対応した。また、簡単な操作で高速なモデリング、プロジェクションマッピング、ロゴデザイン、モーショングラフィックス、リライティングなどのワークフローが可能な3Dシェイプや、Actionに追加された新しいクリエイティブツールで、3Dシェイプなどの単一のクローンオブジェクトを使ってカスケード効果を容易かつインタラクティブに作成・操作してアニメーションを表示することができるレプリカといったツールのほか、さらにマッチボックスの強化としてタイムラインのショットやトランジションにマッチボックス効果を直接追加し、パッケージングや暗号化によりシェーダーコードを保護することが可能となっている。

Flame Premiumは、FlameとLustreを組み合わせたパッケージとなっており、Flame Premium 2015には、FlareおよびFlame Assistが新たに同梱される。

NAB2014_Autodesk_01.jpg Flame 2015は、フリーフォームなデスクトップリール、タイムライン、バッチを統合。新たなツールセットと統合されたワークフローによりプロジェクトを速やかに完了。FlameとLustreを組み合わせたパッケージFlame Premium 2015は、Flame AssistによりMacベースのタイムライン主体のアシスタントステーションで、Flame Premiumプロジェクトの開始と完了に関連するさまざまな作業に利用できる NAB2014_Autodesk_02.jpg Autodesk Maya 2015は、フォトリアリスティックな液体のシミュレーションとレンダリング、毛、毛皮、羽毛、草、葉の作成、キャラクタのスキニングのための新しいパワフルなツールセットが搭載された NAB2014_Autodesk_03.jpg 3DCGソリューションの最新バージョンAutodesk Maya 2015、Autodesk 3ds Max 2015などのデモンストレーションが行われた

Flame 2015 をはじめとする新ラインアップをMaurice Patel氏に訊く!

Autodeskのメディア&エンタテインメント事業部 インダストリー・ストラテジー・マーケティング担当シニアマネージャー Maurice Patel氏にお話をお伺いした。

NAB2014_Autodesk_MauricePatel.jpg Autodesk メディア&エンタテインメント事業部 インダストリー・ストラテジー・マーケティング担当シニアマネージャー Maurice Patel氏

Patel氏:まず、高度なビジュアルエフェクトやクリエイティブフィニッシングを実現するVFXソフトウェアの最新版Flameからお話しましょう。

Flame 2015 は、業界標準の4Kフォーマット(4096☓2160および3840☓2160、10bit)をサポートするとともにACESやREC-2020といった精度の高い色空間に対応しています。また、4KやUHD素材の50p、59.94p、60pでのリアルタイムモニタリングと再生が可能となっています。こうしたハイレゾリューションの素材を扱うこともあるので、2枚のGPUカードをサポートし、新たに搭載されたBackground Reactorにより、ショット、シーケンス、バッチ設定をレンダリングできるようにしています。これにより、フォアグラウンドとは別のタスクをインタラクティブに処理することができるため、レンダリングの高速化を実現しています。

さらに16Gbファイバーチャネルコントローラーをサポートすることで、より高速なストレージに対応できるようになっています。

操作性の向上としてタイムラインエフェクトやバッチノードのパフォーマンスの最適化や、4K対応サブスタンステクスチャーにも対応しました。フルスクリーンでのライブラリービューや柔軟なライブラリーマネジメント、デュアルスクリーンビューなども可能です。

なお、新たなツールとしては、3Dシェイプやレプリカ機能の追加のほか、マッチボックスの強化が行われています。3Dシェイプは、3Dのような立体のオブジェクトへハイライトやグローなどを付けることができます。3Dのモデルジェネレーターをもち、ガベージマスクとは違った色々な使い方ができると思います。

NAB2014_Autodesk_04.jpg 3Dのような立体のオブジェクトへハイライトやグローなどを付けることができる3Dシェイプ

Patel氏:Flame Premium 2015は、ビジュアルエフェクト、エディトリアル、リアルタイムカラーグレーディングを組み合わせて1つのパッケージにしたもので、映像フィニッシングツールセットとなっています。Flame AssistはMacベースのタイムライン主体のアシスタントステーションで、Flame Premiumプロジェクトの開始、完了に関連するさまざまな作業に利用することができます。

Flame、Flint、Smoke Advancedのサブスプリクションに入っているユーザーはFlame 2015へ、Flame PremiumのユーザーはFlame 2015とFlame Assist、FLare、Lustreがワンパッケージになったものへ移行できます。

プロフェッショナル向けビデオ編集ソフトウェアAutodesk Smoke 2015は2年前に大幅に再設計されていますが、ユーザーからの要望が高かった新しいクリエイティブツール群を備えたほか、Apple Final Cut Proなどの業界標準ツールとのワークフローを強化しています。

NAB2014_Autodesk_05.jpg Autodesk Smoke 2015のAction 3Dコンポジット画像

Patel氏:Timeline FXの再設計を行い、新しいエフェクト機能の搭載や映像レイヤーやテキスト/3Dオブジェクトなどの新エレメントをリアルに追加可能にしています。また、Apple Final Cut Pro X 向けのXMLワークフローの強化による編集からエフェクトへの変換の効率化、QuickTimeメディアファイルを添付した形で、SmokeシーケンスをXMLフォーマットにエクスポート可能となっています。

NAB2014_Autodesk_06.jpg サブスプリクションアップグレード

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-04-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2017:Panasonic]放送・制作向けの大型ライブスイッチャーや4Kスタジオハンディカメラ、HDスタジオハンディカメラを出展

Panasonicプレスカンファレンス動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはP... 続きを読む

[NAB2017:Sony]4K映像やHDR、IPライブ伝送などに対応した新製品やソリューションを出展

Sonyプレスカンファレンス動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goo... 続きを読む

[NAB2016:Tektronix]ハイブリッドIP/SDIメディア解析プラットフォームやHEVC解析ツールなどのビデオネットワーク解析に関するソリューションを展示

Tektronixブース動画 Tektronixブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能... 続きを読む

[NAB2016:Harmonic]Thomson Video Networksとともにビデオ配信の最新技術やVR体験などを展示

Harmonicブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[NAB2016:TASCAM]DSLR撮影向けマイクやレコーダーなどを出展

TASCAMブース動画 TASCAMブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するに... 続きを読む

[NAB2016:DIGITAL FORECAST]参考出品を含む映像/音声信号変換・分配・延長製品「Bridge」シリーズを展示

DIGITAL FORECASTブース動画 DIGITAL FORECASTブースレポート DIGITAL FORECASTは、参考出品のLCDモニターを搭載し... 続きを読む

[NAB2016:Carl Zeiss]レンズだけでなくレンズアタッチメント、VR製品など幅広い製品が登場

Carl Zeissブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chrome... 続きを読む

[NAB2016:NewTek]ライブ映像配信システムやIPワークフローソリューションを展示

NewTekブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[NAB2016:EIZO]これからの4K、HDR制作に欠かせないモニターやソウフトウェアを展示

EIZOブースレポート デジタルシネマにおけるDIはもちろんのこと最近ビデオでもHDR対応が盛んに謳われるようになってきたが、こうした作業を行う上で重要な役割をはたすのが... 続きを読む

特集記事

2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014:Autodesk]SmokeやFlameの最新バージョンの展示、デモを開催