PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014もうひとつの視点]Vol.04 サウンドスケープの構築〜最前線の現場から
Special

[NAB2014もうひとつの視点]Vol.04 サウンドスケープの構築〜最前線の現場から

2014-04-23 掲載

英雄への信頼「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」のサウンドスケープを構築する

クリエイティブマスター・シリーズの1セッションとして、“Heroes,We Trust:Building the Soundscape for Captain America:The Winter Soldier(英雄への信頼:「キャプテンアメリカ:ザ・ウィンターソルジャー」のサウンドスケープの構築)”が2014年4月9日(米国時間)に開催された。

モデレーターはミックスマガジンの編集長、トム・ケニー氏。ケニー氏とサウンドチームとのパネルディスカッション形式で、マルチアワード受賞のサウンドチームから2014年4月4日に公開された“キャプテンアメリカ”第二弾サウンドスケープの制作背景を学ぶ。

登壇したのは、マーベルスタジオからフィーチャーポストプロダクション担当SVPのBruce Markoe氏に続き、スカイウォーカーサウンドからサウンド編集&デザイナー監督のShannon J. Mills氏とサウンド編集監督のDaniel Laurie氏。Mills氏はアバター、Laurie氏はハリーポッターを担当した実績を持つ。

NAB2014_Vol03_Yamashita_soundscape.jpg

創造的なビジョンを実現する上で特殊なサウンドを設計し、そしてサウンドスケープを定義。視覚的パワフルな映像にバランス合わせたサウンドトラックを制作する最新の技術とワークフローについて話が広がった。

キャプテンアメリカは非常に“レイブ”なレビューがされており、公開最初の週で約1.17億ドルもの興行利益を出した。Markoe氏曰く「壮観なサウンドスケープがポストプロダクションで制作されていなかったら、真っ逆さまに酷い評価へと堕ちただろう」と話す。

NAB2014_Vol03_Yamashita_captain_america.jpg

ファルコンの飛行やハイウェイでの壮大なアクションのクリップを視聴しながら、対談は続く。ハイウェイでのアクションシーケンスでは、砂っぽいリアル感がリクエストされたという。そこで砂漠で車を走らせて音を収集した。また銃音については、都会での打ち合いの音を作るために、安全な場所でもコンクリート壁がある場所を探すなど、かなり苦労したという。

もう1つ難関だったのが、ストーリーでは1950年にロシアでスクラップメタルから作られたというウィンターソルジャーの“腕”で、監督からは「ヴィンテージものの音」という依頼だったという。つまり高度なロボット工学がなかった頃に生まれたものとして原始的な音が出るように仕向けられた。

NAB2014_Vol03_Yamashita_captain_america03.jpg

サウンドフォーマットには、サウンドを指定位置に配置することができるドルビーのAtmosフォーマットでミックスされた。たとえば、ファルコンが飛んでいるシーンでは視聴者の周りに飛んでいくように音効果をつけられる。

NAB2014_Vol03_Yamashita_captain_america02.jpg

またヘリキャリア(Helicarrier)についても質問が上がった。今回の映画のヘリキャリアはアベンジャーズで登場したものから新しいエンジンを実装していることもあって、サウンドを一から創っていくという実験的体験となったと、Mills氏は説明した。ロケットエンジンの音のレコーディングから様々なロケットの音を作ったり、また運転している車からマイクロフォンを出して風の音をとったりして、それらを合成して巨大な母船が出す膨大な音を作っていったという。

実はこれだけの試行錯誤の時間を費やすサウンドの製作費は、全体のたった1%しか与えられていないという。しかし、映画を観ている視聴者がエラー箇所として最初に気が付くのはサウンドだ。キャプテンアメリカでも1つ1つの音効果がどれだけ映像をリアルにしているか、説得力、影響力、迫力を作り出すのは、ビジュアルにマッチングしたサウンドからだ、とチームは頷いた。

ディズニー傘下としてマーベルとルーカススタジオが合わせて制作に挑んだ今回の作品。制作環境の違いは、という質問に両者からもマーベルは非常に協力的なスタジオだという答えがあった。マーベルのクリエイティブ部門の上層スタッフは、ポストプロダクション然り、制作開始当初からプロセスに必ず携わるという。そのことは映画作品自身にも制作環境にも非常に良い影響を及ぼしていると語られた。

txt:山下香欧 構成:編集部


Vol.03 [NAB2014もうひとつの視点] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-04-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014もうひとつの視点]Vol.04 サウンドスケープの構築〜最前線の現場から