PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.03 CineGear Expo レポート3〜会場で見かけたスグレモノ
News

[Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.03 CineGear Expo レポート3〜会場で見かけたスグレモノ

2014-06-15 掲載

屋外演出でよりリアルな機材使用の演出

毎年、Cinema Geekなユーザーには興味深い展示が目白押しのCineGear Expoだが、その年のトレンドとしての、映画撮影現場でのユーザーニーズをいち早く知ることができるのもまたこのイベントの大きな楽しみだ。

CGE2014_03_TOP.jpg

また、照明機材やカメラに関してもStage(スタジオ)での室内展示も2カ所設けられているほか、このイベントならではの演出として、ほとんどが屋外の露天での展示(晴天が多いハリウッドならでは!)だ。初日の開催時間が午後2時〜夜9時までと、屋外展示でも実際の点灯状況を具体的に観られるような時間帯まで開場している。その点ではNABよりもリアルな演出が分かりやすく、実際のカメラ撮影で試せるのもハリウッドならではである。

基本的には、ASCのバックアップのもと映画撮影中心の展示会なので、映画機材が長くメインであったが、最近はリグメーカーなどのベンチャー企業やGoProなどのアクション系カメラメーカーも参入してきており、これらもどんどん映画機材として使われている現状からも、CineGear Expoへの積極的なブース展開を始めている。

この特集では特に記載しないが、もちろん有名撮影監督やカメラマンによる各種テクニカルセミナーや映画撮影関連の技術シンポジウム、各種トークイベント、4Kシアター等でのスクリーニング上映会なども行われており、映画製作者にとっては有意義なイベントであることは間違いないので、興味の有る方は来年ぜひ行ってみてほしい。

会場で見かけたスグレモノ

■TransVideo | Rainbow HD
CGE2014_03_1.jpg

1985年創業の、フランスのモニターとビデオアシスト製品を製造するメーカー、TransVideo社の高性能リファレンスHDモニター「Rainbow HD」。この度、ALEXA専用のU型ハンドル、フード、RS3パワーケーブル、BNCケーブル、そして専用ペリカンケースが付いた「ALEXA Package」が出た。€2950(約41万円)と少々お高いが、薄くて使い勝手も良く、7インチパネルには波形モニターを始めほとんどの必要計器が表示可能で非常に使いやすい。

CGE2014_03_2.jpg

この「Rainbow HD」に対応するコンパクトなリモートコントローラー。ウォータープルーフの専用ケースに入れれば、雨天時での操作も可能だ。

■GRUVGEAR | V-Cart Solo
CGE2014_03_3.jpg

主にギターなどの楽器専用ケースや、PA用の搬送ケースなどを製造しているGRUVGEAR社がなんとCineGear Expoに登場。カート系を中心に一人でも軽量でコンパクトな「V-Cart Solo」「Solo Lite」「Sole XL」など、もちろんフォトグラファーやフィルムメーカー向けでも使用できる製品。その他カメラバッグなども展示されていた。

■Marshall Electronics | V-4K-3110
CGE2014_03_4.jpg

モニターメーカーのMarshall Electronics社からは、NABでも出展していた2K / 4Kコンパチブルのモニターを展示。31型の4Kモニター「V-4K-3110」は8つのファンクションボタンにユーザーの好みの色調などを割当ることができ、またUHDのみならず、フル4K(4096×2180)も表示可能。

■ATOMOS | SHOGUN
CGE2014_03_5.jpg

ATOMOSも今回は1メーカーとしてブース出展。日本で開催されたAfter NABと変わりない展示ではあったが、やはり気になるのは4KポータブルレコーダーのSHOGUNが、今回、Panasonic GH4への対応として、フル4KモードであるDCI 4Kへ対応するかどうかというところ。まだ正式なコメントは発表されていないが、24pのみでも将来的に対応する方向のようだ。

■LIGHTGEAR | RAGLITE
CGE2014_03_6.jpg

LIGHTGEARの「RAGLITE」はその名の通り、ラグのように折り畳めるLEDライト。加工が自在にできるフレキシブルLEDストリップという紐状のLED技術により、丸める、吊るす、床に置く(人が乗っても大丈夫!)、貼付ける等自由にできるのが特長だ。現行では大中小の3種がある。

CGE2014_03_7.jpg

どうやらKICKSTARTERによって実製造に漕ぎ着けた製品の様で、今後もさらに資金を集めて、今後さらにウォータープルーフやメディカル用などの展開を考えているという。

■Panavision
CGE2014_03_9.jpg

創設60周年を記念してか、Panavisionのカメラアシスタントバッグも登場!デザインは昨年Filmtoolsから出て来た、ARRIバッグとほぼ同じか。でも展示はなぜかGLIDECAMのブースに?!

■Filmtools | The Cherry Box
CGE2014_03_10.jpg

こちらは毎度おなじみのFilmtoolsのブース。今回は、AppleBox(箱馬)ならぬ強化プラスチック製のその名も「The Cherry Box」!FULL($54.99)、HALF($52.99)、QUARTER($47.99)、EIGHTH($39.99)の4種でカラーも10色。100%リサイクル可能で、最近中国製等の有害物質が問題になっているからか、“Made in The USA”を盛んにアピールしていた。

■COPTERCRAFT
CGE2014_03_11.jpg

マルチコプター(=エアリアル・ロボテック・システム)による無人空中撮影が増えるとともに増加しているのが、これによる事故。つい先日もアメリカではヨセミテ国立公園内でのヘリの運行、撮影は許可しないことがニュースになったが、アメリカでもそのことは問題視されているようだ。

CGE2014_03_12.jpg

ヘリを安全運行するためのセーフティーグッズなども出始めた。COPTERCRAFT社はドローン撮影の機材レンタル・販売会社だが、ヘリを遠隔操作する際のワイヤレスモニターから夜間でも視認できるLED発光のドローン用グランドマーカーやプリメーターサインなども売れているようだ。

■PadCaster
CGE2014_03_13.jpg

昨年のNABにも登場した「PadCaster」がついにCineGear初登場。映画の世界で何に使うのかどうかは別として、来場者はみな興味津々だ。

txt:石川幸宏 構成:編集部


Vol.02 [Digital Cinema Bülow 2] Vol.04

[ Category : ]
[ DATE : 2014-06-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.03 CineGear Expo レポート3〜会場で見かけたスグレモノ