PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE 2014]Vol.01 [速報]九州放送機器展〜MonkeyHills編
News

[QBEE 2014]Vol.01 [速報]九州放送機器展〜MonkeyHills編

#九州放送機器展 #Report NOW! #QBEE

2014-07-04 掲載

今年で11年目になる九州放送機器展(以下:QBEE)が今年も7月3~4日の2日間開催された。QBEEは、九州で開催される業務用/放送機器展である。近年コンパクトながらも主要メーカーが揃う良質なイベントとして盛り上がっている。また春に開催されるNAB Showと11月に開催されるInterBEEのちょうど中間時期に開催される事も人気の一つとしてあげられる。今回もPRONEWSではQBEEを取り上げ、最新の映像機器に関する情報をお伝えしたいと思う。詳細レポートは、改めて。まずは、MonkeyHills(岡英史氏&猿田守一氏)の速報を見ていただければ幸いだ。

txt:MonkeyHills(岡英史&猿田守一) 構成:編集部

MonkeyHills、九州放送機器展に現れる!

忘れた頃にやってくるMonkeyHills企画。今年も昨年同様もの凄い豪雨に見舞われた。おそらく理由は、誰かのせい…。

冗談はさておき、今年も感じたのだが、QBEEは穴場的な放送機器展示会だ。今年もそれは例に漏れず面白い物が会場に転がっていた。詳細なるレポートは編集部に任せて、早速MonkeyHillsが選りすぐりのお宝を紹介しよう。

Panasonic

4K収録可能なVARICAM 35。NAB Showでも静かに発表され、その動きが気になるところだが、確実に仕上がっている様子。今回は実際にケースの中から飛び出し、スタジオ系のカメラとして運用例でディスプレイ。まだまだβ機種とは言えしっかりとその映像の良さはモニターを通してもわかる。

QBEE2014_01_Panasonic02.jpg

当初のコンセプトモデルでは、ドッカブル型である事が強調されていたデザインが印象的だった。もちろんブロック毎の組み合わせはしっかり受け継ぎ、その使用シーンに対して、現場にマッチする様に用途別に組み合わせる事が可能だ。今回はブロードキャスト仕様の形態だがそれも違和感はない。ガッチリとした筐体は頑丈な物をと言う現場の声を反映させた物。ようやく元気なPanasonicが帰って来たと言えるだろう。もちろんGH4での4K映像もm4/3をB4マウント変換させ、同じようなコンセプトとして展示されていた。

SONY

一番の目玉はやはりバリアブルNDフィルターを搭載したX180だ。九州初お目見えの同機、人気も中々あるようで、雨の初日だったが関心度は高く、このカメラをとりまく来場者が多かった。今回はNDフィルター部分のデモ機(KOBA SHOWレポート参照)でその様子をしっかり見ることが出来た。この他にはF55の新ファーム(特にLUT関連)でのデモや、久しぶりの新型ENGカメラPDW-850の展示がされていた。

QBEE2014_01_sony02.jpg

Canon

今回は取材カメラもCanonさんの協力で新型のXF205を試用しているが、このカメラの注目度は大きい。ちょっとしたインタビューやロケならXF205の筐体は丁度良い。3環リングと相まってマニュアルでもオートでも使い勝手は良く、WDRは当にENG現場では中々良い感じだ。その画質は今回の動画を参考にして頂ければと思う。

QBEE2014_01_Canon02.jpg

またC300のAFがC100と同様になり精度の高いAFが期待出来る。また参考出品でありながら大判センサー用のEFシネマレンズ CN7×17 KASの展示もされていた。このレンズは是非見て欲しい。

Blackmagic Design

URSAを含む4Kカメラより、今回はBlackmagic Studio Camera HDを中心としたミニスタジオ的なソリューションを展示。まだまだ未知数な部分がある4Kソリューションより確実なHDソリューションを同社のスイッチャーと組み合わせた展示が興味深い。

QBEE2014_01_BMD02.jpg

Libec(平和精機工業)

スライダーと三脚を高次元でまとめたALLEXシステムの展示。今回は当にALLEXに集中したフォーカスで非常に解りやすい。そろそろ発売時期が間近に迫った同システムではあるが、実はスライダーよりも本職である三脚システムに注目したい。徹底的に軽量化したヘッドは見た目以上の軽さで驚くはずだ。もちろんその動きはスムーズだ。 QBEE2014_01_Libec_02.jpg

IDX

今回のQBEEで一番の収穫が、IDXから参考出品されていた無線システム「CW-F25」である。いわゆるWi-Fiのシステムだがその距離は驚きの2km(大型アンテナ使用、標準アンテナでは400m前後)を実現。通常のWi-Fiとは異なり、カメラとベース間での波を複数出す事により電界を増やす技術で、Wi-Fiでありながら指向性の強い波を作り出す事に成功している。これは早く製品化を望みたい一品だ。

QBEE2014_01_IDX02.jpg

Manfrotto

今回の展示で目に付いたのは、大型のLED照明。以前から小型のカムライト的な物は出していた同社だが、今回は確実に照明として使える機種を展示。参考出品ながらその完成度は高く既に販売が決まっている。面白いのは同じ5600Kのパネル(LED)を使っていながら、スポット的な物(30°)とワイド的な物(50°)を出してきた。色味も良くそのデザインも流石イタリアメーカー、素直に格好いい。

QBEE2014_01_Manffrot.jpg

PROTECH

社長が未だに現役カメラマンのPROTECH。その製品は現場のカメラマンが考えた面白い物や、きわめて高性能の物が多い。KOBA SHOWで発表されたモニターもあるのだが、なぜか同ブースにはなく他メーカーの4Kカメラに付いている。

QBEE2014_01_PROTECH02.jpg

今回目を引いたのは通称「分け分け君」。これは何かと言えばVマウントバッテリー(または4P電源)から色んな電圧を出力する物でUSBポートまである。しかも全てのポートが2Aあるので、iPadが同時に4個Vマウントバッテリーで充電できる。販売価格も安めなので一つ持っていると現場で重宝されるはずだ。

総評

QBEE2014_01_all.jpg

QBEE初日の午前中は、悪天候で来場者数も少ない様子だったが、全体的に色んな機材をがっつり見る事が出来た。今回紹介したメーカーの他にもATOMOSや銀一(ステディカム)、ディストーム(TriCaster&3Play)等々面白い物がいっぱいある。実はこのQBEEで世界初と言う技術や機材も出ていた。是非実際に見に来てメーカー担当者に質問をして有意義な展覧会を楽しんで貰いたいと思いつつ、また来年もモンヒルコンビで来たいと思っている。では、続きは、編集部のレポートで!


[QBEE 2014] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2014-07-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

[CES2021]Vol.01 見本市の恐竜CESは絶滅を免れることができるのか?〜開催直前事前案内

txt:西村真里子・猪蔵 構成:編集部 「現実」を見つめるチカラが試される2021年 CES2020基調講演の会場から 毎年年始、新年の浮かれ気分にプラス... 続きを読む

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE 2014]Vol.01 [速報]九州放送機器展〜MonkeyHills編