PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE 2014]Vol.02 After NAB製品勢ぞろい!今年も九州放送機器展が熱い!!
Special

[QBEE 2014]Vol.02 After NAB製品勢ぞろい!今年も九州放送機器展が熱い!!

2014-07-07 掲載

1 2

txt:黒田伴比古 構成:編集部

雨…もはや決定事項か…

2014年7月3日早朝、福岡在住の筆者は滝のような雨の音で目が覚めた。少雨の梅雨が一転、この日北部九州では各地で冠水や土砂崩れの被害が出るほどの大雨となってしまった。いよいよ始まる映像音響機器の祭典夏の陣、「九州放送機器展2014」は今年もご多分に漏れず雨での幕開けとなった。

QBEE2014_02_01b.jpg

今年で11回目を迎える九州放送機器展。今年も福岡市の福岡国際センターで7月3日~4日の両日、100社を超える企業・団体がブースを開き2600人を超える過去最大の来場者のもと盛況のうちに開催された。ここ数年米NAB発表の新製品が軒並み勢ぞろいするAfter NABの印象が色濃くなってきた九州放送機器展だが、特に4K元年の今年はいったいどのような出展がユーザーの目を引いたのだろうか。

ソニー | 4Kで気を吐くPMW-F55に新製品カムコーダーと報道ワークフロー

QBEE2014_02_sony_0256b.jpg QBEE2014_02_sony_0453b.jpg

FIFAワールドカップ2014ブラジル大会の4K撮影でもその実力を発揮したPMW-F55は各メーカーのカメラが揃う中央ステージ前に、先月リリースされた最新ファームウェアVer.4.1を適用した状態で展示されていた。

QBEE2014_02_sony_0126b.jpg QBEE2014_02_sony_0130b.jpg

InterBEE以降のファームウェアのアップデートでの追加機能として、純正ソフトウェアであるRAW ViewerやBlackmagic DesignのDaVinci Resolveで作成されたLUTファイルをインポートすることができるようになった点や、RAW ViewerをインストールしたMacBook ProにBlackmagic DesignのUltraStudio 4Kを接続して、4Kモニターに映像出力を行いながらグレーディングの作業が行える点などをアピールしていた。

QBEE2014_02_sony_0133b.jpg QBEE2014_02_sony_0139b.jpg QBEE2014_02_sony_0137b.jpg

また、カメラコーナーには来月発売予定のハンドヘルド型カムコーダーPXW-X180や今秋発売予定のXDCAMショルダーカメラのPDW-850のほか、コンシューマー商品でありながらISO409600という圧倒的な高感度撮影と4K出力が可能なフルサイズミラーレス一眼α7Sが展示され、既存製品群と新製品の密度の濃い展示がなされていた。

PXW-X180は、新開発の25倍ズームレンズが従来のハンドヘルド型カムコーダーのような回転式ズームリングではなく、ワイド端 / テレ端のあるズームリング方式である点や、新デバイスの可変NDフィルターが撮像素子とレンズ間に配置した液晶に与える電圧を変化させることで、透過度を変える仕組みであることが説明された。

QBEE2014_02_sony_0547b.jpg QBEE2014_02_sony_0470b.jpg

音響製品のコーナーでは新周波数帯デジタルワイヤレスシステムDWR-R02シリーズを展示し、従来製品よりもディレイが短く、またAndroidアプリによる受信レベル管理が行えるなど、ユーザーの声とユーザビリティを製品に反映させている点を紹介。その他ニュース制作ソリューションの取材、編集、送出、アーカイブにいたる一連の関連商品を展示、訴求していた。

ブラックマジックデザイン | 1年という月日でこうも変わる、圧倒的商品開発力

QBEE2014_02_BMD_0105b.jpg

昨年のBlackmagic Designのブースといえば、発売直前だったBlackmagic Pocket Cinema Cameraが九州に初登場し発売を心待ちにしていたのだが、それから1年で様相は変わりあっという間にNABで発表したカメラ新製品群が注目の的と変化している。

QBEE2014_02_BMD_0095b.jpg

光ファイバーケーブル一本で、映像線、コミュニケーションラインを伝送できるまったく新しいスタイルのスタジオカメラBlackmagic Studio Cameraは、ペデスタルの上に鎮座し、武蔵オプティカルのマウント変換アダプターを介してB4マウントのワイドENGレンズを装着、さらにはズームフォーカスデマンドもつけられ、よく見る一般的なスタジオカメラ仕様で展示された。これが未来のスタジオカメラかといわん風体に正直驚かされた。欲を言えば、リターンのPGM映像はカメラ本体のボタンで切り替えるだけではなく、ズームデマンドの背面ボタンで切り替えできると言う事はないのだが、これはサードパーティメーカーの商品開発に期待をしたい。

QBEE2014_02_BMD_0102b.jpg QBEE2014_02_BMD_0090b.jpg

その横には、同カメラの4K仕様Blackmagic Studio Camera 4Kと、話題の4KカメラBlackmagic URSAのPLマウント版が並べられていた。いずれも開発途中の製品のため、いくつかのメニューが有効にならないなどの状態ではあるが、実機を触れることができるため、多くの来場客の関心を集めていた。

QBEE2014_02_BMD_0407b.jpg

そのほか、先日ダウンロード公開が始まったグレーディングソフトウェアDaVinci Resolve 11のベータ版を展示。日本語表示ができるようになり、編集機能も強化された点を紹介。4Kでの撮影、収録、送出をコストを抑えながら一社で構築できる強みをアピールする展示となっていた。また、Blackmagic Design社は今年4月、福岡市に西日本事業所を開設した。九州・沖縄~関西方面の営業、サポートを行う拠点が設けられ、国内の細やかなニーズに対応できるとしている。

パナソニック | 新生VARICAMとAG-GH4Uで挑む4Kと放送周辺ソリューション

QBEE2014_02_Panasonic_0287b.jpg

今年のNABでいよいよ姿を現した4Kソリューションがそのまま国内にやってきた形のPanasonicブースには、これまでのENGカムコーダーを意識させるスタイルとは打って変わってモジュール構成となった新生VARICAMの姿があった。しかも似たようなVARICAMが2つ。

QBEE2014_02_Panasonic_0259b.jpg QBEE2014_02_Panasonic_0260b.jpg

一方はPLレンズを装着した4KカメラAU-V35C1GにレコーダーAU-VREC1Gがドッキングした「VARICAM 35」、もう一方はB4マウントのENGレンズがついたハイスピードHDカメラAU-V34HS1Gに同じレコーダーAU-VREC1Gをドッキングした「VARICAM HS」だ。4Kカメラとなる「VARICAM 35」は、オプションのCODEX社製のRAWレコーダーでRAW記録を行い、ドッキングしたレコーダーAU-VREC1Gは4Kもしくは2KのAVC-IntraコーデックのファイルとHD品質のAVC-ULTRA、もしくはProResコーデックのファイルを記録できる。さらにLUTファイルを読み込んだ場合はインカメラグレーディングすることができ、グレーディング後の映像をAU-VREC1Gで記録することもできる。その結果、インカメラグレーディングを行ったファイルをもとにオフライン編集を行うことができるので、およそのグレーディング結果を確認しながら編集できるメリットがあるという。

一方のVARICAM HSは、最大240fpsのバリフレーム撮影が行えるハイスピードカメラとしての位置づけだ。もちろんワイドダイナミックレンジのセンサーと14stopのラチチュード、従来のVARICAMのガンマカーブも受け継いでいる。

QBEE2014_02_Panasonic_0267b.jpg QBEE2014_02_Panasonic_0268b.jpg

これら大型カメラの一方で注目が高いのが、コンシューマーミラーレス一眼をベースとしたAG-GH4Uだ。単体での4K記録のほか、拡張インターフェースユニットという構造で、10bit 4:2:2の4K Quad SDI出力を実現している。おまけにオーディオメーターやピーキング・ゼブラ表示にビデオユーザー向けの動画用メニューなど、DSLR動画というジャンルに抵抗を感じるビデオユーザーにも導入しやすい製品だ。今回は、こちらも他社の4Kカメラ同様B4マウントに変換され、ENGレンズを装着、スタジオカメラテイストでの展示となっていた。

QBEE2014_02_Panasonic_0275b.jpg

4Kカメラだけではない。ブース内には一見すると放送用機器ではなさそうな商品をちらほらと見かける。たとえばタッチスクリーンディスプレイ。主に文教や企業向けの電子黒板ソリューションが一般的だが、一方で放送局の再撮用モニターとしての導入も進んでいるという。コメンテーターや司会者が書き込みながら図画解説するといった用途に用いられているのだ。

QBEE2014_02_Panasonic_0277b.jpg QBEE2014_02_Panasonic_0284b.jpg

また、業務用ブルーレイレコーダーDMR-T4000Rは、昨年HD-SDIやHDMI入力のできるレコーダーとして紹介したが、今年は製品の有償アップグレードが追加され、ブルーレイレコーダーの内蔵ストレージに録画したファイルを、ネットワーク経由でPCにコピーすることができるようになった。そのため、このレコーダーを簡易的なベースバンドからのインジェスト装置として使用できるという提案がなされていた。なかなか単体製品では思いつかない発想、ユーザー目線の提案がパナソニックブースにはあふれていた。

1 2

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-07-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [QBEE 2014]Vol.02 After NAB製品勢ぞろい!今年も九州放送機器展が熱い!!