PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2014]Vol.01 4Kスタンダードへの牽引役が放つ最新プロダクト案内
News

[IBC2014]Vol.01 4Kスタンダードへの牽引役が放つ最新プロダクト案内

#IBC #Report NOW! #IBC2014

2014-09-17 掲載

次世代の高画質映像を予感させる技術や製品に注目

今春のNABにも増して実用にむけた4K対応製品が多数登場。そして、単に高解像度というだけではない、次世代の高画質映像を予感させる新たな技術発表や取り組みの状況も発表され、このIBCは非常に内容の濃い開催となっている。それでは気になる会場からメーカー別に取り上げて行こう

Panasonic | 正式製品発表Varicam 35とVaricam HSを中心に、4K関連が充実

IBC2014_01_Pana4K

“See the future of your business”をテーマに、待望の正式製品発表となったVaricam 35とVaricam HSを中心に、4Kコーナーを大きく設置。スタンダードな4K撮影のためのカメラであるVaricam 35は、14ストップのワイドダイナミックレンジ(実質15.5ストップとの関係者談)で低照度における低ノイズを実現、またフィルムルックに迫る広い色域を実現する“V-Gamut”が新開発・搭載された。

最近公開されたハリウッドで制作されたデモ映像は、カラーグレーディングもLight Iron社の協力を得て、広範囲な分野で使用されることを想定し、映画やドラマ、ドキュメンタリーなど場面ごとのシーンで様々な工夫がなされている。特に空撮のナイトシーンなどでは従来撮影が難しかった高層ビルへの夜景ネオンの映り込みなども鮮明かつ精彩に表現されており、その実力のほどが伺われる。

IBC2014_01_Pana_varicam

従来のVaricamではF-RECとして搭載されていたものに、ダイナミックレンジをさらに拡張した「V-Log」として今回は正式にLogとして搭載。実はパナソニックが初代Varicamの時点から開発して来たLogカーブであるが、今春のNAB時点ではまだ最終の設定に至っていなかったものの、結果的にはARRIのLog-Cに近いガンマカーブとして提供されている。

IBC2014_01_PanaVaricam35

さらに色域に関してはREC.709以外に、従来V-REC、CINE-LIKEに相当したシネマティックなガンマカーブを、V-709として新たに搭載している。ちなみに最新のDaVinci Resolve 11では、すでにV-Log、V-RAWへの対応が発表されている。またPanasonicとcodexのV-RAWレコーダーでは120fpsまでの収録が可能になるとのことで、年末までに対応予定だ。

今回はニューVaricamのリリースにあたってのVricamの特設サイト、そして新たなユーザーとのコミュニケーション活性化のため、専用のFacebookページも新たに開設。今後、Varicamに関する様々な情報公開はSNSベースを基本に行っていくという。

IBC2014_01_PanaX1000_Blue IBC2014_01_PanaX1000_red

また4Kコーナーの隅に小さいスペースながらも民生機のコーナーが設けられ、デジタル一眼レフのLUMIX DMC-GH4、ウェラブルカメラのHX-A500、そして注目の新製品HC-X1000と3種の4Kカメラも一斉に展示。筐体とレンズの間の鏡筒リングがスタンバイ時のブルーからREC時にはレッドに変わるのが印象的なHC-X1000は、20倍レンズ搭載、1 / 2.3インチセンサー搭載の4Kカメラでハンディサイズの筐体ながら、4K=60p/50p、さらにUHD(3840×2160)ということで放送局関係者からも大きな注目を集めていた。

また24pのみだがDCI4K(4096×2160)も撮影できる。汎用メディアであるSDカード収録、4K対応として強化されたスタビライズ機能(HDでは5軸、4Kでは3軸)や、IR(赤外線撮影)機能も搭載されている。価格も3000ユーロ、日本円では35万円程度で10月末発売予定だ。ちなみにこの3機種で、今回のIBCでの注目製品賞でもある“What Caught My Eye / Digital Dividend”を受賞した。

Sony | 4Kと放送局、プロダクションの実用に向けIPソリューション紹介

IBC2014_01_SONYBooth

展示テーマは“Beyond Definition”とNABと同じテーマで12ホールのほぼ全域を使って展開された今回のソニーブース。印象的なのはそのブースデザインで、これまでのソニーブースとは些か傾向の異なった、スケルトンコンクリート風の柱で各分野ごとにエリア分けされたデザインだ。

IBC2014_01_SONY12K

センター上部には「スーパーレゾリューション・デモザイキングプロセッサー」を使用した4K OVERのコンテンツのための映像システムのデモとして、4Kスクリーンを3枚横並びに配置した計12Kの巨大画面が設置され、F65撮影によるサッカーワールドカップやレッドブルエアレースなどの4K映像を3台の4Kプロジェクターで12K作品として上映していた。

IBC2014_01_SONYFS7

大きな傾向としては放送局、プロダクションの実用に向けたIP化へのソリューション紹介に、また今回の大きな注目製品である、PXW-FS7。全くの新ラインナップとして登場しており、ターゲットはシネマというより、ドキュメンタリーやミュージックビデオ向けなど、フリーランスでも手軽に4Kが撮れるカメラという位置づけ。

これはNEX-FS700の後継機という位置づけというわけではないそうだ。またワンマンオペレーションを強く意識して、昔のスーパー16mmを想像するユニークな筐体になっている。グリップやショルダーパッド、VFなどのワンマン撮影にこだわったデザイン設計。センサーはF5に搭載されているものと同じ、ベース感度ISO2000のスーパー35mm CMOSセンサーを搭載。低照度やダイナミックレンジが必要な被写体に対して有利だ。HS機能は各解像度サイズによって異なるが、フルHDサイズでは180fps / 最大7.5倍までのHS撮影が可能。詳しいHSの仕様は以下の通り。

  • HD XAVC収録:1~180fps(※XAVC-Intra収録)、XAVC-Long=120fps)
  • 2K RAW収録:120 / 240fps(※XDCA-FS7+HXR-IFR5+AXS-R5装着が必要)
  • 4K XAVC-Intra収録:1~60fps
IBC2014_01_SONYXDCA-FS7

また収録では、XAVCの2種類のフォーマットを採用、XAVC-Sに変わってFS7では新たにXAVC-Long GOPを搭載、4K XAVC-Long GOP搭載機種としては初のモデルで、フルHD時では4:2:2 50Mbps、35Mbps、25Mbpsの撮影に対応し長時間撮影にも対応。さらに拡張ユニットのXDCA-FS7を装着することで、この中にProResのエンコーダーが内蔵されており、本体内のXQDカードにProRes(422 HQまで)で収録ができる。

レンズはEマウント仕様で、このFS7ユーザー向けに3本リング仕様など動画用レンズとして新たにEマウント電動ズームレンズ「SELP28135G」(FE PZ 28-135mm F4 G OSS)を発表。ボディのみの「PXW-FS7」(98万円+税 / 10月23日発売)と、このレンズが付いたレンズキット「PXW-FS7K」(128万円+税 / 12月発売予定)がある。ズームのサーボ機能はグリップ側のコントロールで操作可能で、ちなみにこのレンズ自体はフルサイズ35mmに対応している。

IBC2014_01_SONYX200

その他、ミニカムコーダーでは1/2型3CMOSセンサー搭載、PMW-X200を新たにラインナップ。最新のXAVCも搭載する一方で、同じ25MbpsのDVCAMモードを搭載しているのが面白い。これは未だにアナログ放送の地域に向けたもの。またPMW-X180にも搭載されていたMIシュー(マルチインターフェースシュー)を搭載。ミニライトやマイクなどにカメラ側から電源供給が可能だ。ショルダー式のカメラではXDCAMメモリーカムコーダーPXW-X500を発表。MPEG-4 SStP以外に今後はProRes、DNxHD収録にもオプション対応するという。

その他では、フィールドレコーダーPMW-RX50は、3.5インチ液晶画面を搭載したカメラ外部でS×SカードにHDのXAVC、MPEG HD422を収録できるレコーダーだが、S×Sへの専用アダプターを使えばXQDカードも使用可能だ。その他スイートでは、4Kの次世代高画質に対応する新技術なども参考紹介されていた。



txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.00 [IBC 2014] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-09-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2014]Vol.01 4Kスタンダードへの牽引役が放つ最新プロダクト案内