PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2014]Vol.04 IBCフォトダイジェスト〜まだまだある見所
News

[IBC2014]Vol.04 IBCフォトダイジェスト〜まだまだある見所

#IBC #IBC2014

2014-09-20 掲載

ここではその他の主な注目展示について、フォトダイジェスト形式でお伝えする。

■Blackmagic Design
IBC2014_04_BMD

今回もBlackmagic Designは、カメラ製品では2機種のPLマウントバージョンと、Ultra HD対応マルチビュー、12G-SDIベースのUltra HDモニタリングおよびDeckLinkカード、DaVinci Resolveのアップデート、40×40ルーター、ミニコンバーターの新モデルなど、14の新製品発表に加え、先日買収を発表した、Eyeon Softwareのソフトウェア製品である「Fusion」を早くも展示。Fusionは、ハイエンドのハリウッド作品等でも多く使用されている、完全ノードベースのエフェクトソフトウェア。会場では最新バージョンのFusion7.0がデモされていた。

IBC2014_04_BMDFusion
■Vocus
IBC2014_04VocusFS7

地元オランダのカメラリグメーカー、Vocusは1989年創業、今年25周年を迎えている伝統あるメーカーだ。ウォールナットを削り込んだ木製ハンドルや、しなやかなレザーグリップの独特の仕様で人気を得ている。またこのIBCでは早速ソニーの新製品PXW-FS7用リグの新製品を展示。ソニー純正のアーム部ハンドルよりも操作性が高いと来場者からは高い評価だそうだ。その他、キヤノンXF205用のショルダーリグや、α7Sなどの小型DSLR用に自由にケージ部をフィットさせることができるリグなど、最新のカメラ新製品にいち早く対応している。

IBC2014_04_VocusXF205 IBC2014_04_VocusFred 25周年のロゴが踊るVocusブースで、CEOのFred Block氏
■Tokina
IBC2014_04_TokinaLens

Tokinaのシネマレンズ、CINEMA ATXシリーズの3本目、50-135mm T3を展示したTokinaブース。本来であればこの時期に正式リリースを予定していたそうだが、残念ながら設計の見直し変更により、少し発売時期が伸びてしまったそうだ。

IBC2014_04_Tokina11-16PL

日本では年内、海外では来年2~3月をメドとしている。こちらのレンズマウントは16-28mm T3と同様にPLとEFマウントが用意されている。また11-16mm T3に関しては、従来のEFマウント、MFマウントに続いて、ユーザー待望のPLマウントバージョンを発表。こちらも参考展示されていた。

■ATOMOS
IBC2014_04_SHOGUN

NABで発表された、パナソニックGH4、ソニーα7Sユーザー待望の4KレコーダーSHOGUN。出荷が1ヶ月超延期してしまったが、相変わらずの期待度の高さでブースでは人気を博していた。ATOMOSは今回、NABに引き続き、会場内のバナー広告にも積極的に力をいれており、Blackmagic Designに迫る規模でバナー展開していたのが印象的だった。

IBC2014_04_SHOGUN_PR
■AJA
IBC2014_04_AJACION_01

発売直前の話題の4Kカメラ、AJA CIONの特別コーナーをブース前に設置。撮影素材の映像も公開するなど意欲的な展示を行っていた。今回のIBCでは各周辺機器、サポートリグメーカーが正式にCIONへの対応を発表。

IBC2014_04_AJACION_02

Alphatron Broadcastの電子ビューファーを始めとするリグ周辺機材、Zacuto / Vocus / Wooden Cameraのカメラアクセサリー群、MTFのレンズマウントなどが正式対応している。またCIONのRAW撮影モードのフォーマットである「AJA RAW」については、Adobeが最新のPremiere Pro CCにて対応を表明、会場ではそのプレビューも行われていた。

■Alphertron Broadcast
IBC2014_04_ALPHATRON

Alphertron Broadcastの新型EVF、EVF-035W-3Gは、従来からのマグネシウムハウジングと、HDMIのin/out、HDMIからHD-SDIへのコンバート機能内蔵、フォーカスアシスト、ウェーブフォーム、ベクタースコープに加えて、新たにアナモフィック用のデスクイーズ機能を搭載した。またこのEVF用にデザインされた、15mmのロッドに装着可能な専用ブランケットもある。

■codex
IBC2014_04_codex_AC

codexのブースでは、同社の高性能ミニカメラCodex Action Camを展示。グローバルシャッター付きのコダック社製2/3インチの単板CCDを搭載。14bit相当のダイナミックレンジを有して12bit RAWのデータを1本のCO-AXケーブルでcodexレコーダーに収録可能。最大延長は180mまで可能だという。最大60fps撮影が可能でレンズマウントは基本がCマウント仕様だが、PL、EF、B4マウントのオプションも用意されるという。

IBC2014_04_codexAC_PL

ARRI ALEXA、ソニーF65、F55、F5にシンクロする機能なども持っている。ブースでは、単体の展示のほか、stereotec社のACTION CAM用のボックス型の3D撮影ユニットACTION CAM 3Dも同時に展示。

IBC2014_04_codex_3D
■SanDisk
IBC2014_04_SandiskSSD

メモリーカードの世界もいよいよ4K Readyの時代に突入。SanDiskのブースでは従来からのSD、SDHC、CFカードに加えて、新たにExtreme PRO SSDなども4K対応製品を中心に展示。Blackmagic Production Camera 4Kや、4K対応が噂されているARRIのAMIRA等での使用が可能だ。

■Colorfront
IBC2014_04_cfODwTO

RAI会場の近隣にあるHotel Okuraの一室では、colorfront社のスイートデモが業界関係者のみに公開され、8K60pのリアルタイム再生のデモンストレーションが行われていた。これは同社のオンセットデイリーシステム『On-set Dailis with Transcorder Option』上で、4Kの4倍にあたる8K画像を、リアルタイムでカラーグレーディングして上映配信できるというもの。

IBC2014_04_cf8K

それが、市販品のHPのSuperMicroに、グラフィックカードはnVIDIAのK6000で実現できるという、リアルタイム処理のデモは非常に各所から大きく注目されており、今後は、特に大型映像などでの運用に有効だろうということで導入もすでに検討されている。会期中はプレゼンの申し込みが耐えなかったそうだ。



txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.03 [IBC 2014] Vol.05

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-09-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[IBC2019]Vol.08 聞こえてくる脱地上波への足音、OTTへのさらなる進展

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 OTT普及による映像業界への影響 IBCがいま最も先端の映像事情を垣間見れる展示会であることは本特集Vol.01でも言及... 続きを読む

[IBC2019]Vol.07 SIGMA fp発売直前、一台のカメラに二つのカメラが共存する!?山木社長と若松氏に聞く

シグマ代表取締役社長 山木和人氏(左)と、商品企画部の若松大久真氏(右)txt・構成:編集部 いよいよ発売直前。気になる時期と販売価格は? 7月に発表されたSIGMA ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.06 メディアやエンターテインメント領域のAIと機械学習

txt:江口靖二 構成:編集部 カンファレンス、セッションからみる現状と近未来 IBC2019ではブロックチェーンと同様に、AIや機械学習(マシンラーニング、ML)... 続きを読む

[IBC2019]Vol.05 メディアとエンタメにおけるブロックチェーン利用状況の進展が少ない訳とは?

txt:江口靖二 構成:編集部 可能性未知数のブロックチェーン IBC2019では、ブロックチェーンに関するセミナーが3本開催された。2018年は6本だったので、数... 続きを読む

[IBC2019]Vol.04 IP、リモートカメラが変える映像現場の未来

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 急激に進むIP化の波 このIBCで特に目立ったのが、IPとリモートカメラによる各種制作ソリューションだ。特にライブイベント、リモ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.03 今後の映像業界を牽引するのはGAFAではなく中国勢になる

txt:江口靖二 構成:編集部 今年注目のキーワードは“8K+AI” IBC2019での注目キーワードは「8K+AI」だ。そしてそれらのほとんどは中国企業によって先導さ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.02 豊作の秋を感じる賑わう会場から〜カメラ、レンズなど注目の新製品と動向

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 豊作の秋を感じさせる賑わう会場より この秋のIBC2019のタイミングでは、Vol.01で紹介したソニーのFX9、Z750をはじ... 続きを読む

[IBC2019]Vol.01 欧州放送展示会IBCに異変あり!今年の印象と目立つ新製品発表から

txt:石川幸宏・編集部 構成:編集部 今年のトレンドを探る 毎年9月にオランダ・アムステルダム市街地にある、RAI会場で開催される、欧州最大の業務用映像・音響... 続きを読む

[IBC2018]Vol.06 会場から気になるブースをピックアップPart3

txt:猿田守一・編集部 構成:編集部 AJA、IBC2018で8つの新製品と現行製品のアップデートを発表 AJAは、IBC2018にて8つの新製品と現行製品の... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2014]Vol.04 IBCフォトダイジェスト〜まだまだある見所