PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2014]Vol.05 IBC総括&フォトダイジェスト02
News

[IBC2014]Vol.05 IBC総括&フォトダイジェスト02

#IBC #Report NOW! #IBC2014

2014-09-21 掲載

さらに続く注目のプロダクトを会場から

■SAMSUNG | 話題のオーバルTV
IBC2014_05_SAMSUNG

CESで発表した、話題の凹面画面のオーバルTVコーナーを全面に出して、6枚のパネル全てをオーバルTVで展示。そして4KUHD用の衛星放送用STBを技術公開。HEVCフォーマットによる配信でSTBで衛星電波をデコード、解像度はフルHDの4倍で4K/60p 10bitをサポートする。韓国では2015年に実装開始を予定しているという。会場中にもこのサムスンのオーバルTVを置く企業がいくつか見られた。

■Panasoinc | 4KLTOアーカイブ
IBC2014_05_PanaLTO

パナソニックが技術展示として紹介していた次世代アーカイブとしてのLTOによる4Kアーカイブシステム。独自のソフト「Pro Archive Management Software」でコントロールするもので、まだ技術展示の段階だが、要は4Kデジタル素材をProRes4Kに変換してLTOへアーカイブ化するソフトウエアである。同時にプロキシ素材(現状ではMP4等)も生成、閲覧したい場合はプロキシ素材で確認できるという。

展示はまだプロトタイプだが、現状のLTO6のデータスピードが160MB/sであること、さらにLTO7で315MB/s、LTO8では472MB/sというロードマップも示されてはいるものの、今後も書き込み速度の進化に比例して4K、そして8Kというデータ容量の問題は継続して避けては通れない。またLTOは2世代問題(2世代以上前のバージョンでは読み書き不可)もあり、この分野においては今後の実用的かつエポックメイキングな発明が望まれるところだ。

■Crosscast | ハイスピードカメラ「X-FUSION」
IBC2014_05_XFusion

Crosscast社は、ドイツのハイスピード撮影中心に、これまで生中継、ライブイベントなどでその実績を積み重ねて来た経験を持つ。放送ベースを意識した同社のハイスピードカメラ「X-FUSION」はグローバルシャッター内蔵の2/3インチCMOS搭載、フルHDサイズ/秒間350fpsを実現するHSカメラ。特徴的なのは、B4マウント標準装備で上部にVマウントバッテリーが直接装着可能。

バックのコネクター部には、LIVE、SLOMOのそれぞれ独立したHD-SDI/OUTが設けられており、またカメラコントロール用にRS485のコネクターから専用のX FUSIONオペレーターコントロールパネル「The OCP」もしくX FUSIONハイスピードコントロールパネル「The RCP」を使って約1km先からのコントロールも可能。

IBC2014_05_Xcam350 X-CAM 350

CマウントもしくはミニPLマウントを配した小型のカメラヘッドと独立したCCUから80m延長可能、最大340fpsのHS撮影が可能な「X-CAM 350」もある。

■Libec | ALLEX、IBCに初登場
IBC2014_05_LibecALLEX

発売直後の注目の新製品、ALLEXがIBCにも初登場。ブースもこれまでのシンプルなイメージからALLEXに合わせたアグレッシブで躍動感のあるブースデザインに変更。ALLEXは三脚とスライダーが組み合わせられるという小型軽量な万能ツールとして、やはりインディペンデント系、DSLRムービー系のユーザーには大好評のようだ。特にスライダー部の絶妙な粘りは、各方面のプロからも高い評価を受けているという。さらにラインナップの充実が期待される。

■Transvideo&Aaton Digital | ユニークなデザインCantar X3
IBC2014_05_CantarX3

フィルムカメラでも有名なAaton。実は2013年6月にAatonからAaton Digitalと社名変更し、今回は同じフランスのミニモニターメーカーTransvideo社と同ブースに出展していた、同社の24トラックのユニークなデザインのデジタル“On-site”=オーディオフィールドレコーダー「Cantar X3」。

同シリーズ3世代目となるCantar X3。ノイズレベルを低減するため再設計されたマイクプリアンプと、Transvideo社が設計したユニークなディスプレイ。X2など、これまでのCantarシリーズはこれまで映画のフィールドレコーディングの世界で活躍。「007スカイフォール」「ハートロッカー」「グランドブダペストホテル」など数々の最近の名作において、最も厳しい現場での要求を満たして来た名機だ。

しかし、どうしてこのようなデザインになったのかの理由を尋ねてみると「なぜって、こうしたかったから!」というシンプルな回答が。現場での操作性的な理由もありそうだが、フランスらしい全ての多様性を認める文化はこんなところにも反映されている。

■Walimex | 「Made in Germany」の“Walimex pro”シリーズ
IBC2014_05_WalimexPro

ドイツ中央部のブルクハイムに本社を持つWALSER GmbH & Co. KG社のドイツ職人が丁寧に作り上げた「Made in Germany」が光る、剛性力に富んだカメラサポート機材“Walimex pro”シリーズ。

IBC2014_05_Aptaris

プロ用リグシリーズのWalimex Pro“Aptaris”は、GoProやBMPCCなどの小型リグのからDSLR向け等、様々な形状にフィットするリグシリーズ。特にソニーα7、EOS 5D Mark III、Panasonic GH4、EOS C100、NEX-FS700までに対応する、Aptaris Universal XLは基本ケージの上下サイズを可変出来ることで様々なカメラに対応できる。

■HITACHI | 4KプロダクションカメラシステムSK-UHD4000
IBC2014_05_HITACHI

すでにニュースでもお伝えしたが、既存の放送カメラの操作と運用を継承しつつ4K=UHD(3840×2160/59.94p)映像の撮影に挑める、2/3型CMOSセンサーを搭載し、レンズマウントにB4マウントを採用した4Kプロダクションカメラシステム「SK-UHD4000」を初公開。特殊な変換アダプターの必要なく、標準HDレンズ(BTA S-1005A)をマウントできる。通常のHD(1920×1080/60p)3Gカメラの仕様で4Kをリアルタイムに記録。スポーツ中継現場等での運用が効果的だ。また従来のHD放送カメラアクセサリーとの共用も可能だという。2015年3月以降に出荷を予定、このIBCでは「Best of Show TVBEurope 2014」のアワードを受賞した。

総括 | これまで以上に展示指向が放送寄りに回帰したIBC

IBC2014_05_IBC2015

4K、そして8Kといった高解像度が放送中心に動きだした、その辺りの周辺技術の傾向が具体的かつ各メーカーとも顕著になってきた今年のIBC。これまでもNABやInterBEEに比べ、欧州放送関係者の年に一度の懇親会的な様相の強かったIBCではあるが、ここ数年はデジタルシネマ技術や3D、IPビデオ配信やDSLRムービーなど、放送の本流は大きく有るものの、そのときの映像世界全体からみた技術トレンドに、やはり話題の中心が移らざるを得なかった。

しかしここに来て、4Kという新たな指標が見えたことで放送局も、メーカーも、販売会社もその目標がはっきりした、というのが本音ではないだろうか?やはり元々映像世界においては、放送業界の主導権が強い欧州だけに、今年のNABもそうだったが、放送業界が高解像度化を基軸にして、マスメディアとしての復権を図ろうとしている、とも取れる動きだ。

映画業界よりも4Kの恩恵が大きいTV業界だけに、そんな背景からかその熱の入れ方が、これまで以上に増したというイメージもあった。

もちろん解像度以外の、「次世代高品質映像」を実現するための、「解像度」以外の3つの条件=「ダイナミックレンジ」「色域」「フレームレート」についても、このIBCからより進化系といえる具体的な次世代技術の展開が多く見られた。会場でその辺の話を訊いてみると、各メーカーとも分かってはいて研究は始めていたものの、一見してその良さを認知して貰えるだけの具体的な発表できるまでには至って居なかったことが分かる。

やはり映像は一見にしかず。この辺は徐々に進化の度合いを待つしかないのだが、単なる4K=高解像度化から、真の高品位映像化=「TRUE 4K」時代へ、ようやく波は動き出した。来年のIBC2015は、同じく2015年9月10日~15日、会場も同じくアムステルダムのRAIで開催される。

txt:石川幸宏/編集部 構成:編集部
Vol.04 [IBC 2014] Vol.00

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-09-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [IBC2014]Vol.05 IBC総括&フォトダイジェスト02