PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Day01:4K/8Kに向けた各社の動向とは?

News

[InterBEE2014]Day01:4K/8Kに向けた各社の動向とは?

2014-11-20 掲載

[InterBEE 2014]会場出口インタビュー

InterBEE開催50周年ということもあり、出展者数は過去最多となる977社に上った。ということで、今年は会場も1ホール拡張し、幕張メッセ展示ホール1から6までを使用しての開催となっている。初日の幕張メッセ会場は快晴ということもあり、開場前から入場を待つ行列もひときわ長いように思われた。

interbee20134_day01_0053

さて、すでに4K/8Kによる放送のロードマップも発表され、スカパーなどでは放送が開始されている。20年に開催される東京オリンピックには本放送も始まることから、各社とも対応製品の出展が数多く見られた。4Kカメラのトレンドはいわゆるデジタルシネマ用が主流の時代からアフォーダブルなデジタルシネマ用、更には放送を目的としたUHDへと製品の内容が変わってきており、今年のInterBEEでは性格の異なる4Kカメラが各社から出展された。

interbee20134_day01_0828 54.12☓25.58mmというシネ65mm(52.5☓23mm)相当のセンサーを搭載したARRI ALEXA65。64mm径のARRI XPLマウントを採用したカメラとなっており、レンズとともにレンタルのみとなる予定だ

デジタルシネマ系ではARRIから65mmシネサイズのセンサーを搭載した6KのALEXA 65の発表がありARRIの国内代理店であるナックのブースでは実際にこのカメラで撮影された映像が上映されていた。ALEXA 65はレンタルのみで販売はしないとのことで、同時に発表された8本の単焦点レンズと1本のズームレンズとともにレンタルされるという。

interbee20134_day01_0587 ショルダータイプデザインのAJA CION。見かけによらず本体質量は3kg以下と軽量だ。マウントはPLが標準でEFマウント仕様にすることも可能 interbee20134_day01_0590 CIONにはイーサネットコネクターが装備されており、PCで設定などのコントロールが可能。ハブなどを使用してCCUのように複数のカメラを1台のPCでまとめて設定することができる

一方、AJAから今年のNABで発表となったCIONは、そのスタイリングからも分かる通り、ビデオライクな撮影スタイルに対応したカメラだ。今月から販売受付を開始し、来月から順次出荷される予定となっている。AJAブースには複数のカメラが出展されていたが、メニュー等で一部不都合のあるカメラもあり、完全版のカメラは来月からの出荷に備えているようだ。

interbee20134_day01_0617 基準ISO感度2000、トータルラチチュード14stopのXDCAMメモリーカムコーダーソニーPXW-FS7。4K Super35mm CMOSセンサー搭載で、2K RAW240fpsでの撮影が可能 interbee20134_day01_0234 キヤノンEOS C100 Mark II。EOS C100の後継機。画像処理エンジンにDIGIC DV 4を搭載することで、偽色やモアレ、ジャギーの発生を抑え、高感度撮影時のノイズも低減している interbee20134_day01_0359 B4マウントのショルダータイプ4Kカメラ 日立SK-UHD4000。2/3型MOSセンサーを4枚採用しており、SN比59dB、感度F8の性能を備えている。HD-SDIの同時出力も可能なほか周辺機器としてCCUが用意されている

国内勢もソニーからハンドヘルドタイプの4KカメラPXW-FS7やPXW-X70が出展されたほか、日立からB4マウントのショルダータイプ4KカメラSK-UHD4000が、パナソニックからもVARICAM HSやハンドヘルドタイプの4Kカメラが出展された。4Kには4096×2160と3840×2160という解像度があるが、4096×2160は映画関係の業界団体Digital Cinema Initiatives(DCI)が3840×2160はInternational Telecommunication Union(国際電気通信連合=ITU)が制定した規格ということもあり、こうした仕様でデジタルシネマか放送用カメラかを区別することも出来そうだが、両方に対応したカメラもあり、簡単に割り切れないのが現状だ。ただ、3840×2160はHD(1920☓1080)の縦横ともちょうど2倍となっており、4096×2160のように微妙にアスペクト比が違ってしまうことはない。

interbee20134_day01_0276 カメラリモコンが用意されており、現行カメラと同様な運用ができる日立8KカメラSHV-8100。レンズマウントはPLで、HDと同じ光ケーブルでCCUとカメラ間を最大1kmまで延長可能

4Kはこのようにすでに実践段階を迎えており、アストロデザインや池上通信機、日立などは8Kへと向かっている。UHDはカラースペースや記録フォーマット、伝送方式などの規格が決まったということもあってか、ここ1年ほどで一気に製品化が進んだといえよう。


[ Category : , ]
[ DATE : 2014-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

[InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示

Steadicam初のモジュラータイプシステムを採用した「Steadicam M1」 ステディカム初のモジュラータイプシステムSteadicam M1。22kgまでの搭載重量... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Day01:4K/8Kに向けた各社の動向とは?