PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Day02:加速する4K/8Kの世界

News

[InterBEE2014]Day02:加速する4K/8Kの世界

2014-11-21 掲載

[InterBEE 2014]会場出口インタビュー

昨日の快晴とは打って変わって、午前中から小雨の降る天気となってしまったが、会場内の熱気は相変わらずだ。昨年も4K関連製品は勢いがあったが、今年は更にその勢いが加速し、今年はそこかしこに4K/8Kの表示が目立つようになった。特に今年はカメラ以外の製品にも4K/8K対応が多くなってきたようだ。

interbee20134_day02_0091

4K/8Kで放送ということになると当然スイッチャーや編集機、テロップ、伝送機器なども必要になってくるわけで、スイッチャーではソニーやパナソニック、朋栄、池上通信機といった従来から放送機器を手がけているメーカーが先鞭をつけている。編集はすでにAvidやAdobeなどから製品がでているが、クォンテルなども対応し、テロップ関係もラムダシステムズなどから出展があった。

interbee20134_day02_0610

ソニーのMVSスイッチャーファミリーのうちMVS-8000XとMVS-7000Xは4Kに対応しており、すでに市場に出荷されているモデルである。写真のMVS-8000Xは2SI(2 Sampie Interleave)とSQD(Square Division)という2つの4K信号処理に対応しており、2SIでは低遅延かつ高機能な映像制作に対応できる。また、HDから4Kへのアップコンバーターを内蔵しているほか、4K設定の簡易も可能。

interbee20134_day02_0396 来月より受注が開始される新製品のパナソニックAV-HS7300スイッチャー。現状ではHD対応だが、将来的にオプションで4Kに対応するという。会場ブース前面でHDによるスタジオサブのデモが行われていた interbee20134_day02_0310 4K対応が可能な池上通信機MuPS-4000。4K対応する場合はソニー同様M/Eを連動する必要がある。最大4台まで操作卓を接続することが可能となっており、6M/Eを複数の操作系に割り振ることができる

ソニーのMVS-8000XやパナソニックのAV-HS7300、池上通信機のMuPS-4000など、現状スイッチャーは比較的大規模な製品となっているが、いずれもマルチプラットフォーム仕様となっており、HDのスイッチャーとしても使用可能となっている。4KはHDの4倍の画面面積があり、HDを4つ束ねて4K対応としていることから、必然的に大型スイッチャーとなっているようだ。

interbee20134_day02_0418 4K対応の製品版HDWS 4Kと8K対応のHDWS 8Kを参考出品したグラスバレー。いずれもEDIUSベースのターンキーシステムとなっており、参考出品のHDWS 8Kは60pのリアルタイム編集とフルスクリーンプレビューが可能 interbee20134_day02_0210 収録を止めることなく、収録済みの部分からカット編集ができるカリーナシステムClipCutter 4K。スケジュール録画、カット編集、時差編集が可能で、4K対応は参考出品 interbee20134_day02_0145 8K60pでの非圧縮ノンリニア編集&グレーディングシステムが可能なクォンテルPablo Rio 8K。海外メーカーだが、8Kの編集システムはNHKの協力のもと開発されている。来年発売予定

編集システムはグラスバレーのHDWS 4Kが新製品として出展されていたほか、8K対応の製品も参考出品されていたが、4Kや8Kになるとストレージも単純計算で4倍、16倍になり転送レートも高速なものが必要になってくる。こうした製品の出展もいくつかのメーカーからあり、ノンリニア編集の黎明期を彷彿させる。

interbee20134_day02_0546 朋栄アドバンストバーチャルシステムInfinity Set。高度なセンサ連動システムから安価なセンサレスシステムまで幅広く対応可能で、解像度に依存しないためHDや4Kにも対応可能 interbee20134_day02_0345 北海道日興通信NIXUSの4KテロップシステムCG-Store 4K。4K送出のビデオボードにアストロデザインGG-167-4Kを採用したリアルタイム3D CGテロップシステムで、作画からスケジュール送出まで対応可能 interbee20134_day02_0141 ラムダシステムズは汎用テロッパーNeo・nによる8Kテロップシステムや4K対応のGRID-ZEROや、4K GRID-VEGA、電子フリップなどを出展 interbee20134_day02_0218 NTT ATの映像コンテンツ用ファイルコンバートソフトRealFeel FileConvert 4K。HEVC 4:2:2 10bit 4K60p対応のファイルトランスコーダーで、NTT研究所のLQAアルゴリズムによるH.265/HEVC高画質4K変換が可能 interbee20134_day02_0201 テクノハウスが国内代理店であるEvertzからインテグレーテッドスイッチファブリック3080IPXやEXE-VSRなどの4Kソリューションが出展された。これによりコンテンツマネジメントシステムMediatorやVistaLINK PROなどで4K/8Kのシステムを組むことが可能となる interbee20134_day02_0872 EMCジャパンは4Kファイルベースをキーワードに出展しており、IPベースのストレージシステムによる効率化のデモなどを開催。写真はEMC ISILONのストレージシステムがスカパーの4K放送に使われたことをアピールしているところ interbee20134_day02_0365 Harmonicでは、MediaGridハイパフォーマンス共有ストレージによる4K編集ワークフローやProMedia Carbonによる120fps 4K HEVC(High Efficiency Video Coding)エンコーディングなどが紹介された

テロップ関係やバーチャルスタジオなども北海道日興通信NIXUSや朋栄などから4K対応の製品が出展されていたほか、伝送系ではIP対応の伝送装置や伝送のためのコーデックなどがNTTやKDDIといったインフラ事業を行っている会社を含め様々な製品が各社から出展されている。デジタル化やIP伝送、圧縮となると遅延が懸念されるが、年々こうした問題も解決される方向に向かっているほか、GHz帯を使った無線伝送装置も4K/8K対応に向かっている。

interbee20134_day02_0958 ヒビノはかねてより大型LEDディスプレーをヒビノクロマテックDivで扱っているが、今月発表になった4K対応のLEDディスプレーシステムChromaVision HCV16やLEDプロセッサーHLC-4Kを出展。293インチのディスプレーとしてブース正面に展示した interbee20134_day02_0322 共信コミュニケーションズは1.5mmピッチの260インチLEDディスプレーで4K映像をブース正面で展示。画像は4K/2K非圧縮ビデオサーバー7thSense Delta serverより出力されるが、このサーバーの出力はビデオカードの増設をおこなうことでサイズや解像度に合わせたシステムとすることが可能

4K/8Kは放送以外にもエンターテインメント系やサイネージ、プロジェクションマッピングといった分野にも利用が広がっており、ビデオウォール用のプロセッサーや各種表示装置、プロジェクションマッピングのための送出システムといった機材へと広がりを見せている。


[ Category : , ]
[ DATE : 2014-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

[InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示

Steadicam初のモジュラータイプシステムを採用した「Steadicam M1」 ステディカム初のモジュラータイプシステムSteadicam M1。22kgまでの搭載重量... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Day02:加速する4K/8Kの世界