PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Day03:オーディオ製品を中心に業界の動向を探る

News

[InterBEE2014]Day03:オーディオ製品を中心に業界の動向を探る

2014-11-22 掲載

会期最大来場者を記録した50回目のInter BEE

interbee2014_day03_0709

Inter BEE最終日は、30分早く17時までとなっているが快晴に恵まれたせいもあり、終了2時間ほど前の15時になってもこれから入場する人もあり、会場内は通勤電車と見まごうばかりである。1日目、2日目と4K/8Kを中心に映像業界の動向をみてきたが、最終日の3日目はオーディオ製品を中心に業界の動向を探ってみたい。

オーディオは、ラウドネスの普及も一段落つき、A型ワイヤレスの移行くらいしか現状大きな動きはないように見えるが、映像より一足先にデジタル化し、今ではCDクォリティをはるかに超えてしまい非圧縮が当たり前となってくると、唯一残されたアナログ部分であるマイクロホンが問題になってくる。そのニーズは多く、毎年のように新製品が出展されている。

またマイクロホンは、カメラが小型化したりデジタル一眼での映像制作などの変化に応じた新製品もあるが、新素材の採用や使い勝手などを追求した製品も見受けられる。オーディオにはもう一つアナログ的な要素のあるスピーカーがある。InterBEEにはノンリニア編集で使うような物からレコーディングスタジオやMAで使うようなもの、さらにはイベントなどSR用途のものなど様々な用途に向けたスピーカーが集まるところが興味深い。

そんなマイクロホンの新製品としては三研マイクロホンから高音と低音用に2個のマイクカプセルを仕込んだ音楽収録用のCU-51が参考出品されたほか、アツデンからはデジタル一眼レフカメラのアクセサリーシューに取り付けて使用するガンマイクSMX-30が新製品として出品されていた。

サザン音響は測定用を初めとしてダミーヘッドを主に手がけている会社だがバイノーラル録音用ダミーヘッドマイクSAMREC 2700Proが新製品として出品されていた。以前アーヘナコプフのダミーヘッドが出展されていたのを見たことがあるが、最近では録音に使われることが少なくなったせいなのか、見かけなくなっていた。測定用に作られたものが多いがマイクメーカーのNeumannなどが扱っている。

interbee2014_day03_0482 三研マイクロホンから参考出展されていた音楽収音用マイクロホンCU-51。高域用と低域用に専用のカプセルを配置した2ウェイのマイクロホンで振動膜は金蒸着PPSフィルムを採用し高音質を実現している

interbee2014_day03_0496 アツデンデジタル一眼レフカメラ用ショットガンマイクSMX-30。音質を追求した新開発のマイクユニットとショックマウントを採用したほか、3段階の感度切り替え、Lowカット、モノ/ステレオ(90°/120°)切り替え、内蔵バッテリー/プラグインパワー切り替えが可能。バッテリーはCR2032を1個使用

interbee2014_day03_0479 サザン音響バイノーラル録音用ダミーヘッドマイクSAMREC 2700Pro。HRTF補正ON/OFF機能、ローカット補正ON/OFF機能、IEC国際規格リアルイヤーを搭載

interbee2014_day03_0501 シグマのマイクロホンアダプターM1。ローカット100/200Hz、入力ゲイン20/30/40/50/60dB、モニター出力ミニジャック、P-48ファンタム電源対応の1chマイクアンプ

通常のスピーカーはヤマハがSR用のNEXO スピーカーシステム STMシリーズやDBRシリーズの新製品を出展していたほか、フォステクスが小型アクティブモニタースピーカー6301Nシリーズ、オタリテックブースではGENELECのSAM シリーズの新ラインナップ、音響特機はEAWのAnyaシステム、ドリームは設備用放送スピーカーTELLER、TOAは指向性可変機能を搭載したコンパクトアレイスピーカーHX-7を参考出品するなど、様々なタイプの製品が出展されている。最近の傾向としては視聴位置でのレベルや周波数特性などをコントロールできるものやDSPを搭載し、指向性を可変できるものなどインテリジェント化している。

interbee2014_day03_0515 フォステクスアクティブワイヤレススピーカー6301NW (参考出展)。バッテリー電源のほか、音声はWiSA(Wireless Speaker and Audio)によるワイヤレス伝送を採用することで、完全にケーブルレスの運用が可能。ライン入力端子も装備されている

interbee2014_day03_0948 オタリテックで出展されたGENELECの8351A Smart Active Monitor。中央にあるスピーカーは同軸構造になっており、中高域用。上下のスリットの裏には低域用の楕円形のスピーカーが2個隠れている

interbee2014_day03_0509 ウエタックスUETAX防水マイクUM-195A/100、防水インカムUMK-1500。いずれも雨の中や悪環境でも使用可能な全天候型防水仕様

interbee2014_day03_0489 Catch Me送り返しワイヤレスシステム送受信機RD-207/208、送信機に音声を送るベースユニットRD-213。特定小電力C型の322MHz帯を使用し確実に聞き取れる良質な音声を提供

会場出口調査Part3

[InterBEE 2014]会場出口インタビュー

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-11-22 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

[InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示

Steadicam初のモジュラータイプシステムを採用した「Steadicam M1」 ステディカム初のモジュラータイプシステムSteadicam M1。22kgまでの搭載重量... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]Day03:オーディオ製品を中心に業界の動向を探る