PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から
News

[CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から

#CES #Report NOW!

2015-01-07 掲載

txt:江口靖二 構成:編集部

テレビが主役ではなくなった!?

ほんの何年か前までは、CESの話題の中心は常にテレビだった。HD化や日本や韓国のメーカーがWorld’s Largestを競い合っていた。その後は3D、スマートテレビ、そして4Kが注目されてきた。CESは家電ショーであるのだが、テレビがいつもその中心であった。ところが、数年前から徐々に変化が始まっていた。自動車メーカーが競いあうように出展をするようになり、スマートウォッチやセンサーデバイスが数多く見られるようになった。

CES2015_04_09892 フィットネスクラブのような展示

2015年、今年のCESの話題の中心は、自動車、デジタルヘルス、フィットネス、ホームセキュリティやアプライアンス、ロボティクス、3Dプリンターなどの出展が激増している。今回のレポートにも繰り返されているが、いわゆるIoT(Internet of Thing)と呼ばれる領域だ。スマートフォンやタブレットですら押され気味だ。これらIoT製品の多くは小さなガジェットで、センサーや通信モジュールの組み合わせで構成されるために、参入が比較的容易だ。そのためにスタートアップやベンチャー企業が数多くこの領域に集まっている。

CES2015_04_09895 ロボットもあちこちにたくさんいる

またこうしたIoT関連製品は、スマートフォンを母艦としており、スマホアプリで機能を実現させているものがほとんどである。これらはスマートフォンがかなり普及したことで、スマホアプリ開発さえできれば、製品やサービスとして機能する。ある種の分業が成立しているので、このことが更に呼び水となり、活況を呈していると思われる。だが正直に言えば、キラリと光るものはさほど多いとは言えない。

CES2015_04_09894 安眠のためのベッド。まるで家具屋のようだ

単純には比較できないが、こうしたIoT関連の出展企業は、感覚的には面積比で行くと会場の半分を超えていると言えるだろう。LVCCセントラルのサウスホールの半分くらいと、サンズの全部がIoT系で占められている感じである。ノースホールには自動車メーカーが電気自動車や自動運転技術を競い合っている。数年前まで非常に多かった、携帯電話ケースやケーブル類の展示があっという間に消え去り、そこがIoTに一変した感じだろうか。中華タブレットさえもかなり少ない。それくらいCESは変化しているのだ。

CES2015_04_09870 アウディの自動運転車

本当に主役じゃなくなったのか?

もちろん、だからと言って“テレビ業界が衰退した”ということでは全くない。しかしCESという家電ショーという場においては、テレビはかなり押され気味と言わざるをえない。

そうしたテレビの話題はというと、4Kについてはすでに落ち着いてしまった感が否めない。カーブド(湾曲)テレビは、韓国や中国メーカーは昨年に引き続いて非常に熱心だが、日本メーカーはそれには追従していない。8Kに関してはシャープやパナソニックなどが展示を行っているが、まだブレイクする気配はほとんど感じられない。ソニーは最薄部が4.9ミリの65インチ4Kテレビを展示した。圧倒的な薄さには驚くばかりであるが、新鮮味が感じられない。それはモノとしての素晴らしさに対して、サービスとしてのテレビが伴っていないからなのかもしれない。

CES2015_04_09819 ソニーの65インチ4Kは最薄部が4.9ミリしか無い。写真では伝わりにくいが、実機を見るとまさにベニア板のようである

技術的にはハイダイナミックレンジ、HDRについて言及をしたメーカーも多い。しかしPRONEWS読者はともかく、コンシューマーベース見ると、HDRはマーケティングキーワードとしてはわかりにくい。規格化がはじまっている欧米マーケットだが、日本国内では、HDRに関して何も決まらないまま、すでに4K放送が始まってしまった事情もある。

CES2015_04_09788 シャープのAndroidTV

今年のテレビ関連のトピックを上げるとすれば、使いやすいスマートテレビのためのOSに関してだろう。ソニーとシャープがAndroidTV、パナソニックがFirefox OS、LGがWebOS、そしてサムスンがTizenといったように、各社バラバラの対応となった。これら第二世代のスマートテレビについては、改めて別途レポートをしたい。


txt:江口靖二 構成:編集部
Vol.02 [CES2015] Vol.04

[ Category : , ]
[ DATE : 2015-01-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CES2015]Vol.03 テレビが主役ではなくなったCES2015の会場から